G-FP2DF1P69Y 文化・芸術: 小林ゆきBIKE.blog

文化・芸術

2022.07.11

【記事寄稿のお知らせ】バイクのニュースで「マン島TTトラベリング・マーシャル」について書きました

912012s5592

今年のマン島TTレースに関する記事は「バイクのニュース」さんに寄稿しています。

(マン島TTレース記事のアーカイブリストはこちら)

最新記事は「マン島TTレースで見た、走りながらTTレースの安全な運営を担う「トラベリング・マーシャル」の存在

です。
トラベリング・マーシャルについての詳しくは記事を読んでいただくとして、2007年から現在までのさまざまなトラベリング・マーシャルの走行シーンや活動風景を32枚もの写真で紹介しています。

ぜひ、写真のスライドショーもお楽しみください。

| |

2022.07.10

マン島TT土産話会、満員御礼!

S8574

「ゆきズムスピンオフツアー」皮切りは7月9日(土)、原宿にあるオシャレなバイクカフェ、Lusso Cafe Harajukuさんにて、「マン島TT土産話会」を開催いたしました。

S8571

それと同時に、わたしと小森義也さんとで手がけるビーズアクセサリーのブランド Kommonうでわの展示販売もさせていただきました。

S8563S8566

マン島のトークショーは19時30分からの予定で行ったのですが、時間前から満席となりました。
途中からいらした方が入りきれなくてすみませんでした。

質疑応答コーナーもいろいろとディープなお話しをすることができ、閉店まで情報交換に花が咲きました。

S8578

ルッソカフェさんで美味しいカフェご飯もいただき、心地よい疲労感とともにイベントを終えることができました。

また、ぜひ原宿でこじんまりとアットホームな会を催したいと思っておりますので、そのときはぜひご参加ください。

「ゆきズム」スピンオフツアー、このあと7月23日(土)藤枝、24日(日)箱根、30日(土)北海道と続きます。
それぞれトークショーのテーマは違いますが、オートバイ文化を軸としたお話し、そして小森義也さん(This Time)との音楽ライブを開催いたします。
ぜひ、イベントにてお会いしましょう!

| |

2022.06.26

2022年7月30日(日)13:30~15:30 Kommon presents ゆきズムじゃんぼりー in 北海道 HOKKAIDER BASE

1s1089

30年前に旅人同士として出逢ったホッカイダー小原とバイクジャーナリスト小林ゆきの初のコラボイベント開催!

2022年7月30日(土)
■13:30〜14:15
小林ゆき&ホッカイダー小原信好トークショー

■14:30〜15:30
The Kommons 小林ゆき&小森義也(This Time) ライブ

■参加費:1200円(ドリンク付)

■場所 HOKKAIDER BASE (ホッカイダーベース)
北海道 旭川市 西神楽1線15号357-54


バイク日本一周後、カワサキGPz900Rを手に入れたわたしは翌年、初めての長距離ツーリングとして北海道にキャンプツーリングに行きました。
かねてから聞いていた美瑛の「かしわ園」。
伝説のキャンプ場(といっても、公園にみんな勝手にキャンプをしていて黙認されていた)に“沈没”し、通算2週間ほど滞在したときに知り合ったのが、現在ツーリングマップル北海道編のデータ収集や写真撮影、またカメラマンとして活躍中の小原信好さんです。
おたがい、普通のバイク乗りとして出会って、後にバイク業界で仕事をするようになって再会。しかし、分野が違っていてなかなかゆっくりお話しする機会はありませんでした。

小林ゆきとともにKommonをやっている小森義也さんとGPz900Rで初めてのタンデムツーリングをしたとき、道の駅で「岩手ナンバー」のハイエースを見かけました。
なんとなく自分のアンテナが反応し、もしやここに小原さんがいるのでは?! と思っていろいろな手段を使って連絡を入れ続けること小一時間。

やはり! クルマの主は小原さんでした。
ゆっくりお話しするのは伝説の「かしわ園」以来。

Img_7742

そのとき小原さんに撮っていただいた写真がこれです。
2015年、まだ小森さんは免許を持っていないときでした。
その後、小森さんは原付免許を取り、スズキスーパーモレとハスラー50を手に入れ、わたしはスズキミニタンを手に入れ、二人で毎年、北海道原付キャンプツーリングに行くのが恒例となりました。

……ということで、ツーリングのプロ小原さんとのトークショー、
そして小森義也さんの地元北海道でのライブ、
楽しみで楽しみで!!
この時期、北海道にいらっしゃる方がいましたら、ぜひホッカイダーベースにお越しください!

【小林ゆき】(こばやしゆき)
バイクジャーナリスト&Kommonビーズアクセサリー・アーティスト。
バイク雑誌編集者を経て独立、愛車は総走行距離は25万km超のカワサキGPz900Rほか全11台。
日本一周や海外ツーリング、原付北海道ツーリングなど旅をたしなむいっぽう、鈴鹿8 耐に監督として参戦、また自らロードレースに参戦するなどレース好きでもある。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続けている。
最近ではYouTubeの「足つきインプレ」動画が好評を博している。
主な著書『出たとこ勝負のバイク日本一周(準備編・実践編)』『バイクの島、マン島に首ったけ』『ぶらりデイトナひとり旅 なぜ彼らはバイクで集うのか?』(エイ出版)

【小森義也】(こもりよしや)
This Time のボーカリスト&Kommonビーズアクセサリー・アーティスト。
クラウンレコード、東芝EMI から、5 枚のアルバム、7 枚のシングルをリリース。ミュージックステーション出演経験も。70年代フィリーソウルや90年代UKサウンドに影響されたという音楽センスをKommonのアクセサリーデザインにも取り入れている。代表曲『裸足のままで』(任天堂ゲームボーイCM曲)『Sweet Cherry』(花王ビオレCM曲)『震える背中越しにさよなら』(テレビ朝日「トゥナイト2」ed曲)
小森義也
https://twitter.com/kommont2

■「Kommonうでわ」を販売

https://kommon.thebase.in/ 
Kommon[コモン]うでわは、ビーズ/天然石/スワロフスキーなどをワイヤーワークで仕立てるアクセサリーのブランドです。
ミュージシャン小森義也とライダー小林ゆき による男女二人のアーティスト・ユニットとして活動しています。
ユニセックスなライダー向けアクセサリーが好評です。

【Ride Safeうでわ】
モールス信号でRIDE SAFEとくみ上げた、ビーズと真鍮ワイヤーワークによるブレスレット
【てんとうなしチャーム】
幸運のラッキーチャーム、テントウムシのメタルビーズに「テントウムシ=転倒無し」の意味を込めた、お守り的アクセサリーです。バイクのミラーやハンドル、バッグの把手やベルト通しに取り付けてお楽しみください

| |

2022年7月24日(日)12時~ ゆきズムin箱根バイカーズパラダイス南箱根、ゲストは岸田彩美さん。後半はThis Time小森義也さんと音楽ライブをやります!

Photo_20220626100601

7月24日(日)はバイカーズパラダイス南箱根へgo!!

いつも2月のわたしの誕生日にやっている「ゆきズムじゃんぼりー」のスピンオフイベント開催が決まりました!

7月のバイパラはBMW月間ということで、スペイン留学帰りの あやみん こと岸田彩美さんとヨーロッパやマン島の話をトークいたします。

後半は、This Timeのボーカリストで、小林ゆきとともにビーズのうでわブランド「Kommon」をやっている小森義也さんと音楽ライブです。
This Timeの曲や小林ゆきのオリジナル曲などを演奏する予定です。

【日時】
2022年7月24日(日) 12時~ バイクトーク 岸田彩美さんと欧州バイク四方山話
13時~ The Kommons 小森義也&小林ゆき による音楽ライブ

ご予約不要

【場所】
バイカーズパラダイス南箱根
静岡県田方郡函南町桑原1348-2

バイク・クルマの場合、ターンパイク、国道1号線、箱根新道、湯河原パークウエイ、芦ノ湖スカイライン等経由

※バイパラ入場料 ¥500/一人・1日が必要です

バス(熱海駅から約45分) 伊豆箱根バス時刻表(PDF)

ゆきズムin箱根 facebookイベントページ

facebookにイベントページを設けましたので、fbアカウントをお持ちの方は参加表明していただけると嬉しいです。
また「興味ある」ボタンをクリックしていただくと拡散につながりますので、ぜひクリックで応援よろしくお願いいたします!

当日はKommonうでわの販売も行ないます。
皆さまにお会いできることを楽しみにしております!!

| |

2022年7月23日(土) 16時~トークライブ「オートバイと人」16:00~17:00 ゆきズムじゃんぼりースピンオフツアー第1弾は静岡県藤枝市の&SUGER+南瓜

_d456dfe41c52a51bd3704a664527cff6

オートバイブックスプレゼンツ トークライブ
バイクジャーナリスト 小林ゆき さんに聞く「モータースポーツ文化」
~鈴鹿8耐・マン島TTレース・観戦&参戦

【開催日】
 2022年7月23日(土)

【開催時刻】 
 16:00-17:00(開場15:30)

【開催場所】
&シュガー+南瓜 (アンドシュガープラスかぼちゃ)
電話 054-663-2700
静岡県藤枝市駅前1丁目 7-27 キシモトビルII3A
(JR東海道線藤枝駅 北口徒歩1分)⇒藤枝駅時刻表へのリンク

【チケット】
 トークライブ ¥2,000
【通しチケット(ご予約のみ)】
 トーク&音楽 ¥3,000


【ご予約】
054-663-2700 / &シュガー+南瓜

イベント主催者■ オートバイブックス(代表 武田宗徳)

オートバイ小説を書かれたり、オートバイ関連の古本販売などを行っているオートバイブックス武田宗徳さんにお招きいただき、静岡県藤枝市でトークイベントを開催します。
2年前に初めて藤枝でトークイベントを開催していただき、今回は「モータースポーツ文化」をテーマに小林ゆき自身の経験を元に対談をいたします。
鈴鹿8耐での監督の経験やロードレース参戦の話、またマン島TTレースの最新情報もお話しできるかもしれません。

トークイベントと同じ日、19時からは「ゆきズム・スピンオフ in 藤枝 feat ミュージシャン小森義也(This Time)」と題した音楽ライブも行ないます。こちらも合わせてお楽しみ下さい。

また、小林ゆき&小森義也によるビーズアクセサリーブランド「Kommonうでわ」の販売も行います。

藤枝では滅多に無いこの機会に是非ご覧になって下さい。


【小林ゆき】(こばやしゆき)

バイクジャーナリスト&Kommonビーズアクセサリー・アーティスト。
バイク雑誌編集者を経て独立、愛車は、総走行距離25万km超のカワサキGPz900Rほか全11台。
日本一周や海外ツーリング、原付北海道ツーリングなど旅をたしなむいっぽう、鈴鹿8 耐に監督として参戦、また自らロードレースに参戦するなどレース好きでもある。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続けている。
最近ではYouTubeの「足つきインプレ」動画が好評を博している。

著書『出たとこ勝負のバイク日本一周(準備編・実践編)』『バイクの島、マン島に首ったけ』『ぶらりデイトナひとり旅 なぜ彼らはバイクで集うのか?』(エイ出版)
小林ゆき
https://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/

【小森義也】(こもりよしや)

This Time のボーカリスト&Kommonビーズアクセサリー・アーティスト。
クラウンレコード、東芝EMI から、5 枚のアルバム、7 枚のシングルをリリース。ミュージックステーション出演経験も。70年代フィリーソウルや90年代UKサウンドに影響されたという音楽センスをKommonのアクセサリーデザインにも取り入れている。代表曲『裸足のままで』(任天堂ゲームボーイCM曲)『Sweet Cherry』(花王ビオレCM曲)『震える背中越しにさよなら』(テレビ朝日「トゥナイト2」ed曲)

小森義也ツイッターアカウント


Kommonうでわ 
Kommon[コモン]うでわは、ビーズ/天然石/スワロフスキーなどをワイヤーワークで仕立てるアクセサリーのブランド。
ミュージシャン小森義也とライダー小林ゆき による男女二人のアーティスト・ユニットとして活動しています。ワイヤーワークによる独自の手法で、ユニセックスなライダー向けアクセサリーが特徴となっています。
【Ride Safeうでわ】
モールス信号でRIDE SAFEとくみ上げた、ビーズと真鍮ワイヤーワークによるブレスレット
【てんとうなしチャーム】
幸運のラッキーチャーム、テントウムシのメタルビーズに「テントウムシ=転倒無し」の意味を込めた、お守り的アクセサリーです。

Kommonちゃんねる (YouTube)

| |

2022.06.22

「ゆきズム・スピンオフ」他、7月・8月イベントのお知らせ

7月・8月はイベント続きです!

とくに、毎年2月わたしの誕生日に生誕イベントとしてやっている『ゆきズムじゃんぼりー』のスピンオフイベントツアーが決定いたしました!!
静岡県藤枝市、箱根(静岡県函南町)、北海道旭川市とツアーが続きます。

ゆきズムじゃんぼりーは、第1部がバイクトーク、第2部が小森義也(This Time)とデュオでThe Kommonsとして音楽ライブを行うよくばりイベントです。
ぜひ、皆さまにお会いできることを楽しみにしております!!


7月18日(月・祝)

グッドライダーミーティング神奈川 (厚木中央自動車学校)

7月23日(土)

ゆきズムin藤枝 (&SUGER+南瓜) オートバイブックス武田さんとトークショー/小森義也(This Time)とThe Kommons 音楽ライブ

7月24日(日)

ゆきズムin箱根 (バイカーズパラダイス南箱根) 岸田彩美さんとトークショー/小森義也(This Time)とThe Kommons 音楽ライブ

7月30日(土)

ゆきズムin北海道 (北海道旭川市・HOKKAIDER BASE ホッカイダーベース) 小原さんとトークショー/小森義也(This Time)とThe Kommons 音楽ライブ

8月21日(日)

BDSバイクセンサー真夏の祭典 (千葉県柏市・BDS柏の杜)

| |

2021.09.24

【イベント出演お知らせ】9月26日(日) バイカーズパラダイス箱根「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」

Bd3aa1b1e42948e9aa6753da6b5f16ae

ひさびさ、イベント出演のお知らせです。

来る9月26日(日)に、箱根にあるバイカーズパラダイスにて、「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」と題したスペシャルトークショーとライブが行われます。

わたしはトークショーのMCと、ライブのキーボードサポートにて出演いたします。
ぜひ、ランチタイムを片岡義男ワールドとともにお過ごしください。

なお、バイカーズパラダイスでは現在、9月~10月のマンスリーテーマとして、「片岡義男とオートバイ」と題した展示が行われています。


「片岡義男と“あの頃”のオートバイたち」スペシャル トークショー&ライブ
〜80年代バイクブームを生み出した小説、映画、マンガを語る〜

日時◆2021年9月26日(日)
11時~12時30分

『片岡義男を旅する一冊』発売記念として、二輪ジャーナリストの小林ゆきをMCに雑誌の編集長をつとめた河西啓介氏と自動車ライター嶋田智之氏が“80年代バイクブーム”を盛り上げた小説、映画、マンガなどについて語る。当日は『片岡義男を旅する一冊』の先行販売、アコースティックライブも行われる。

11;00-11:45 トークショー(河西さん&嶋田さん MC小林)

193eabbd64fa45ccad11cbe556f1f73f768x1153

C0a79f640b524913aaa50897e19bf99a

12:00-12:30 アコースティックライブ(小林&河西さん) 

242132666_2050787571741767_2577803383541

河西さんは業界ほぼ同期で、フリーになってすぐMOTO NAVIで連載を依頼していただいたり、何かとイベントや試乗会などでご一緒しております。
写真はライブのリハでスタジオに入ってきたときのもの。

嶋田さんは、わたしがネコ・パブリッシングの「クラブマン」編集部時代に、上の階で「Tipo」の編集長をされていた方で、いつも明るく楽しく何かと可愛がっていただいておりました。

珍しいメンバーでのイベント、めちゃくちゃ楽しみです!!

| |

2020.06.23

CBR150Rの動画をUPしたのでバンコクモーターバイクフェスティバルの写真をあれこれUP

E5d_6747_r

先日、SOXさんで取り扱っているホンダのインドネシア製 CBR150Rを試乗してきたので、そのスピンオフでアジアのバイク事情から脱線しながら世界のカスタムバイク事情などをお話しした動画を Kommonちゃんねるにupしました。

試乗の模様はBBB☟からどうぞ。

ホンダ輸入車「CBR150R」 足つきインプレ&取り回しインプレ編!(2020年モデル )

ホンダ輸入車「CBR150R」 高速道路!試乗インプレ編!(2020年モデル )

ホンダ輸入車「CBR150R」 一般道試乗インプレ&まとめ!(2020年モデル )


さて、動画の中でも話しておりますバンコクモーターバイクフェスティバル。
わたしは第2回目の2015年に行ってきたのですが、そういえば弊ブログではあまり書いていませんでしたね。

このブログエントリーしか書かなかったかも。☟

タイの超狭すり抜けバイク


かつてやっていたBBBのポッドキャスト/ネットラジオのばいく~んGoGo!であれこれお話しをしました。

Vol.133 こんな場所で!?バンコクモーターバイクフェスティバルをゆっきーがレポート[小林ゆき]

なのですが、音声データをiTunesから探すのがけっこう難しいかも。

というわけで、今回はほんの一部ですが、バンコクモーターバイクフェスティバルで見かけたカスタムバイクを少しだけご紹介します。
デパートの中での展示がなかなかシュールですが、アーティスティックで自由な発想のカスタムが多くて感動しました。
あれから5年経ってますから、格段に技術やアイディアのレベルが上がっているんじゃないかと思い、今年はバンコクに行くつもりにしていましたが、いまのところ行けそうにないですね。というかカスタムバイクショーが行われるかが微妙です。

それではカスタムバイクのあれこれをどうぞ。

E5d_6747_r
E5d_6662_r
E5d_6603_r
E5d_6582_r
E5d_6576_r
E5d_6572_r
E5d_6561_r
E5d_6524_r
E5d_6379_r
E5d_6191_r
E5d_6179_r
E5d_6137_r
E5d_6118_r
E5d_6105_r
E5d_6066_r
E5d_5969_r
E5d_5938_r
E5d_5876_r
E5d_5699_r
E5d_5693_r
E5d_5508_r

| |

2015.12.17

ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!今回はバイク博物館オーナーの人生訓あふれる弾丸トークです!

Title

ネットラジオ&ポッドキャストのばいく~んGoGo!Vol.175 岩下コレクションオーナーの弾丸トーク!が公開されております。

※ネットラジオ&ポッドキャストの聴き方はカンタンです!

ネットラジオならPCかスマホでいつでもオンデマンドで聴くことができます。
番組ブログの「PLAY NOW!! 今すぐ聞く」のアイコンをクリックしてください。

また、ばいく~んGoGo!はポッドキャストとしてiTunesで配信中!
ポッドキャストならデータを持ち歩くことができるので、いつでもどこでも回線がつながっていなくても聞くことができます。
聞き逃しのないよう、ぜひ登録お願いいたします。

S8325

今回の番組は、前回のばいく~んGoGo!「ネットラジオ&ポッドキャストのばいく~んGoGo!「Vol.172 世界のモーターサイクル歴史館「岩下コレクション」」公開+追加写真いろいろ紹介します」でも紹介した日本屈指の施設二輪車博物館、岩下コレクションのオーナー岩下さんにインタビューしたものです。

突然の来訪かつ、突然の取材申込みにもかかわらず、思いがけず約30分の弾丸トーク!

そこには、館長の文化や地元への社会貢献の熱意が切々と伝わってくるものがありました。

岩下コレクションが集めているのは、国内外のオートバイだけではありません。行政も見捨てた「社会遺産」を全国津々浦々までコレクションしに行き、後世に残そうとされています。

岩下さんの理念、本当に素晴らしいので、ぜひ番組をお聴きいただければさいわいです。

続きを読む "ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!今回はバイク博物館オーナーの人生訓あふれる弾丸トークです!"

| | | トラックバック (0)

2015.11.27

大人のライダー向き超ディープなバイクトークイベント『大鶴義丹のバイク深夜超特急 VOL.01 〜ゲスト: 三橋淳〜』に行ってきました

大鶴義丹さん主催のトークライブ、『バイク深夜超特急』に観覧しに行ってきました。(イベントのfbページはこちら)

Sdsc_3078s

大鶴義丹さんとは、以前にゴーグル誌のツーリング企画でご一緒したことがありまして、3月の東京モーターサイクルショーで再会して開口一番、「ゆきさんに 〇〇〇〇られた記憶しか残ってない!!」などとおっしゃっておりましたがそんなはずはない。断じてない。ちがうゆきさんの間違いではないでしょうか。はてさて。

そして、トークライブの相方は、チーム無限のマン島TTレース電動バイク神電プロジェクトでもお世話になっているドライダー、宮城光さんです。


S2

宮城さんとのツーショットを撮りそこねたので、2015年4月、神電四をテストする宮城さんのお姿を貼っておきますね。


義丹さんのブログに、

「空前絶後の濃厚男臭なバイク味をぜひぜひ。」

とあるように、観覧者の皆さんも9割以上が男性という男くさいイベントになっていました。

MCを担当したのは女性モータージャーナリスト今井優杏さんという方で、この方の仕切りがなければ脱線につぐ脱線で夜を徹しても終わりがなかったのではないかというくらい、右往左往、楽しいお話が続きました。

さて、今回のゲストは国際ラリーイストの三橋淳さんです。
今では四輪ドライバーとしてダカールラリーで5度の優勝を遂げるというスゴイ方なんですが、実は彼がまだ19歳か20歳の頃から存じておりまして。
というのも、わたしが最初に所属した雑誌「ラ・モト」(造形社)のオフロード企画でよく編集部にいらっしゃってました。新宿7丁目の編集部の下には風魔プラス1もありましたしね。
20歳くらいといっても、三橋淳さん、当時すでに風格漂うライダーさんで、わたしは長いことすんごく年上だとばかり思っておりました。

かなり長いことお会いしていなかったので、わたしのことはもう覚えてないかなーと思ってたんですが、開口一番、「たいへんご無沙汰しております!」っとおっしゃってくれて、ほんとに感激いたしました。

909349479148854

というわけで、SNSやブログなどネットには濃いぃトークライブの内容をくれぐれも書き込まないように! と念を押されましたが、我慢できないのでその片鱗だけでもチラっと。

続きを読む "大人のライダー向き超ディープなバイクトークイベント『大鶴義丹のバイク深夜超特急 VOL.01 〜ゲスト: 三橋淳〜』に行ってきました"

| | | トラックバック (0)

より以前の記事一覧