06.マン島TTレース

2021.02.25

あらためまして、小林ゆき の自己紹介です

203h_ex132

こんにちは、小林ゆきです。

ココログのピックアップに取り上げていただけるということで、あらためて自己紹介をしておこうと思います。

初めましての皆さま、バイクジャーナリストをしている小林ゆき と申します。

本名も平仮名で「ゆき」、愛称は「YUKKY (ゆっきー)」と呼ばれることが多いです。

16歳で原付免許、18歳で当時の自動二輪(中型限定)、現在の普通二輪免許を取り、バイク便でお金を貯めて大学4年生のときにカワサキCS(カジュアルスポーツ)250という単気筒のスポーツバイクで3か月半かけて日本一周ツーリングをしました。

大学生のときから音楽関係の仕事をしていましたが、ひょんなことから造形社で出ていた『La Moto (ラ・モト)』というツーリング雑誌に関わることになり、のちにネコ・パブリッシングの『Clubman(クラブマン)』というカスタムや外車、旧車など、エンスージアスティックなモーターサイクルの雑誌の編集を経て、1998年に独立。
現在はフリーランスのジャーナリストとして活動しております。

●所有バイク

現在所有しているバイクは11台。購入した時期順に……、

カワサキ GPz900R (1989年、401逆輸入車。現在、総走行距離25万km)
カワサキGPz900R (レース専用)
カワサキ Ninja ZX-9R (2000年、E)
カワサキ KSR110 (ナンバーなし、サーキット練習用)
ホンダ リード100 (インド製、マン島にて所有)
アプリリア スカラベオ250ie (イタリア製、スクーター)
ヤマハ TZR125 (1987年、2RM)
カワサキ Ninja H2 (2015年初期型、スーパーチャージドエンジン)
スズキ ミニタン (1978年、OM50)
スズキ ハスラー50 (1978年、TS502。北海道で友人と共同所有)
カワサキ Ninja ZX-25R (2020年)

です。
これにくわえて四輪は1997年式のフォルクスワーゲン・ヴァナゴンGL (5気筒、現在26万km)に乗っています。

●ツーリング

前述したように、大学生のときに日本一周ツーリングを経験し、北海道1か月キャンプツーリング、青森~鹿児島間高速道路ツーリングなど長距離・長期間のツーリングや、海外では主にヨーロッパやマン島、最近はもっぱら北海道で原付ツーリングを楽しんでいます。

●レース

クラブマンに移籍する少し前からロードレースのサンデーレースを嗜むようになり、ミニバイクレースから大排気量車による選手権シリーズ参戦まで、さまざまなカテゴリーや排気量のレースに参戦しつづけています。
また、2000年から4年間、自分のチームを率いて鈴鹿8耐に参戦しました。
最近では2018~2020年、3年連続でツインリンクもてぎロードレース選手権シリーズのネオスタンダードBMW G310Lクラス、シリーズチャンピオンをチームとして獲得しました。

詳しいレースの経歴はプロフィールをご覧ください。

●マン島TTレース

1996年、クラブマン在籍時に取材で訪れたマン島TTレース。
世界最古のオートバイによる公道レースに衝撃を受け、それ以来1997年と2020年を除いて毎年、取材や大学院の研究調査のためにマン島を訪れています。
研究分野の専攻は「社会学」「文化人類学」なので「参与観察」という手法を取るため、最長で2009年には半年間、ホームステイをしながら調査を行いました。

テーマは『モータースポーツ文化と地域社会との関係』です。
ライフワークとして、現在もマン島やマン島TTレース、公道レースについて興味関心を深めています。

●現在の活動

もともと物書きとして雑誌などの紙媒体に書くことが多かったのですが、徐々にインターネット媒体で書くことも増え、現在ではYouTubeのBBBバイク情報動画というチャンネルでレポーターもつとめています。

▼Youtube BBBバイク情報動画 インプレ

足つきインプレ」「またがりチェック」「取り回しインプレ」でおなじみになってきたBBBです。

▼Kommonちゃんねる
こちらは、小森義也さんとのアーティストユニット『Kommon』のチャンネルで、わたくし小林ゆきの個人チャンネルでもあります。
BBBよりゆるいスピンオフ動画や、ツーリング、ラジオ形式の番組を配信しています。
ぜひ、チャンネル登録をお願いします!

▼バイクのニュース
▼レスポンス
▼ハーレーダビッドソン公式Webマガジン『FREEDOM magazine』

バイクに関するニュースや話題、トリビアなどをインターネットメディアに寄稿しています。

▼スパ西浦モーターパーク 二輪スクールインストラクター
ビギナー向けのサーキットスクールにてインストラクターをつとめています。

▼神奈川県二輪安全運転講習会

▼グッドライダーミーティング

▼ナップスライディングスクール

▼超特盛バイクスキルアップ弁当 (講習会) バイク弁当さん

二輪車安全運転特別指導員として、安全運転講習会やサーキットスクールのインストラクターをつとめています。

▼日本大学生産工学部研究員

二輪車研究の第一人者、景山先生のもと、研究活動のお手伝いをしています。

▼自動車技術会・二輪の運動性能部門委員会

委員をしています。

▼ウエルカムライダーズおがの

バイクによる町おこしで知られる埼玉県小鹿野町の活動を応援しています。

▼書籍
ぶらりデイトナひとり旅
バイクの島、マン島に首ったけ
出たとこ勝負のバイク日本一周 準備編
出たとこ勝負のバイク日本一周 実践編
(エイ出版社)

●これまでの活動

これまでの活動は小林ゆきプロフィールに詳しく記載してあります。

ツイッター、Facebookページでも情報発信しております。

小林ゆきツイッターアカウント

小林ゆきFacebookページ

そんなわけで、楽しそうなところへはバイクでどこへでも行く! を実践していましたら、かなり多岐にわたる活動となっていました。
これからもよろしくお願いいたします!!

|

2020.06.06

マン島TTレース TT LOCK-IN、解説生配信はこちらから

本日、2020年6月6日(土) 26時 (現地6日19時、日本時間 7日(日)午前2時)より、
8日間にわたって公式配信される TT LOCK-IN。

Youtubeのマン島TTレース公式チャンネル

Facebookのマン島TT公式ページで特別番組が配信されます。

本来ならわたしは毎年恒例のマン島取材に行っている時期でもありますので、せっかくですから公式配信を見ながら解説を生配信したいと思います。

配信はわたくし小林ゆきが運営しているKommonちゃんねるにて行ないます。

ぜひ、リマインド登録してお待ちください!

|

2020.06.05

マン島TTレースは中止になりましたが8日間「TT Lock-In fuelled by Monster Energy」が配信されるので、YouTubeチャンネルで生解説配信をやってみようと思います

残念ながら2020年のマン島TTレースは中止になってしまいました。
TTレースが中止になるのは2001年、口蹄疫問題があったとき以来です。
(ただし、2001年はレースは中止になりましたが、TTフェスティバルとして各種イベントは開催されました)

マン島の大きな柱となっているTTレースだけに、ただでは転びません。
早めに中止を決めたことにより、そのリソースをインターネットでの配信に振り分け、ファンの興味を繋ぐことにしたようです。

2020年6月6日土曜日から8日間、マン島TTレース公式FacebookページYoutubeチャンネルで‘TT LOCK-IN’と題した特別番組が配信されることになりました

本来なら、わたしはいつもマン島に行っている時期ですが、今回ばかりは家にいるしかありません。
せっかくなので、解説しながらTT LOCK-INを皆さまと一緒に鑑賞しようかと思っております。

具体的には、わたしたちが運営しているYouTubeチャンネル Kommonちゃんねる にて生配信をしようと思います。

スケジュールは、6月6日(土)深夜26時 (7日午前2時)からなど、毎日、深夜2時または3時からとなります。
かなり深夜なので毎日すべての時間を網羅できないかもしれませんが、なるべくがんばろうと思っております。

スケジュールは以下の通り。
時刻は全て現地時間です。
(たとえばマン島現地時間18時⇒日本時間午前2時)


SATURDAY 6 JUNE 2020
18:00 TT Lock-In Day 1 Opening
18:05 TT Onboard with Milky Quayle
18:25 The David Jefferies Story
19:10 TAS: TT Winning Formula
20:00 Virtual TT powered by Motul: Round 1
20:50 Close

SUNDAY 7 JUNE 2020
18:00 TT Lock-In Day 2 Opening
18:05 TT Lock-In Live! feat. Ben Birchall, Tom Birchall, John Holden, Lee Cain & Tim Reeves
18:25 Sundown Cinema: 3Wheeling
20:10 Close

MONDAY 8 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 3 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2012 Supersport TT Race 1
19:35 TT Lock-In Live! feat. Cameron Donald & Clive Padgett
20:00 Virtual TT powered by Motul: Round 2
20:45 Close

TUESDAY 9 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 4 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2018 Senior TT Race
19:35 TT Lock-In Live! feat. Peter Hickman & Dean Harrison
20:00 135: Breaking The Barrier
21:00 Close

WEDNESDAY 10 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 5 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 1994 Junior TT Race
19:15 TT Lock-In Live! feat. Brian Reid & Phillip McCallen
19:40 Arai TT Edition Helmet feature with Aldo Drudi
20:00 Virtual TT powered by Motul: Round 3
20:45 Close

THURSDAY 11 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 6 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2000 Formula 1 TT Race
19:35 TT Lock-In Live! feat. John McGuinness & Michael Rutter
20:00 John McGuinness: TT Winner
20:55 Close

FRIDAY 12 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 7 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: The Greatest Race: Hislop v Fogarty
19:50 TT Lock-In Live! feat. Carl Fogarty & Rob McElnea
20:15 Virtual TT powered by Motul: Round 4
21:00 Close

SATURDAY 13 JUNE 2020
18:00 TT Lock-In Day 8 Opening
18:05 TT Lock-In Live! feat. James Hillier, Conor Cummins, Lee Johnston, Davey Todd, Jamie Coward & David Johnson
18:30 TT 2020 Preview Show
19:15 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2009 Supersport TT Race 2
19:55 Top 20 Greatest TT Racers
21:00 Close

|

2019.11.13

【イベント出演】バイクナイトエッジ11.16にてトークショー開催!

73019635_503673313548155_535000623393800

バイクナイトエッジ11.16

 

来る2019年11月16日土曜日、浜松にあるモトサービスエッジ様で毎月第3土曜日に開催されている「バイクナイトエッジ11.16」に参加いたします。

 

土曜日の夜にバイクでゆるっと集まろうというこのイベント、どなた様でもご参加いただけます。

 

今回はマン島TTレースをテーマにトークショーをやります。

 

入場無料、クルマでも駐車場がありますのでお近くの方はぜひ。

 

日時●11月16日(土)19時~21時

 

場所●モトサービスエッジ
浜松市静岡県浜松市南区卸本町82

 

 

内容●モーターサイクルジャーナリストの 小林ゆきのトークショーや Kommonうでわ の販売をします。
Motophoto/モトフォト 写真工房 刻 も久しぶりのエッジ開催につき予約受付中。
オートバイブックス さんもバイクナイトエッジに出店。秋の読書のお供にぜひ!

 

 

 

|

2018.07.27

【お知らせ】ahead Vol.188 2018年7月号第2特集『マン島に見る死生観』に寄稿しました

H01

クルマとバイク両方を取り上げている雑誌aheadの2018年7月号(vol.188)、第2特集『マン島に見る死生観』 (マン島TTとは何か / 最期の瞬間に思うこと / 「死を知らずに人生を愛することはできない」)に寄稿しました。

今回の依頼もまた自分にとっては難しいテーマで、原稿量は大幅に超過。

3本立ての特集の一本目ということで、TTレースの歴史やTT周縁について、削りに削ってまとめました。


TTが “究極のロードレース”である限り、頂を目指すライダーは絶えることはないだろう。

危ないとか危なくないとか、死ぬとか死なないとか。

二項対立ではTTを語れないということを行間に込めました。

雑誌aheadはiOSの電子書籍バージョンでも講読が可能です。

| | トラックバック (0)

2018.03.22

2月17日(土)ゆきズムじゃんぼりーを開催しました~前編~

D4s_0485
photo by Naoki OKAMOTO

去る2月17日(土)、わたしの誕生日の翌日に『ゆきズムじゃんぼりー』と題したイベントを横浜は日ノ出町試聴室その3というライブハウスで開催した。

おかげさまでキャパいっぱいの40人以上の方々にご来場いただき、またゲストの本田博俊さん、濱原颯道くん、そしてThis Timeの小森義也さん、またMCなんばちゃんこと難波祐香さん、DJ Zeck氏らにも盛り上げていただき、それからそれから快くお手伝いを引き受けてくださったカメラ岡本尚貴君、ムービーコレさん、Kommonうでわ出店お手伝いいただきましたちーちゃん、ほか、いらしていただいた皆さま、本当に、本当にありかとうございました。

さて、今回のイベントを開催するにあたって、これまで思いを巡らせていたあれこれを綴っておこうかと思う。

今回イベントをやろうと思ったきっかけは、クラブマン誌から独立してフリーランスになった1998年の旅があったからだった。

その年、フリーになるぞと決意し、まずは旅に出ようと決めた。

離島を巡る旅、フェリーで日本一周、沖縄~台湾~上海~釜山~下関の日本海を巡る旅(当時はそのような航路があった)、小笠原への旅などあれこれ妄想を膨らませていたのだが、フリーになるからには自分に厳しい旅がいいんじゃないかと思い、2月の北海道をバイクでツーリングする旅を選んだ。

厳寒の北海道、しかもチェーンを巻いて宗谷岬まで行くという企画内容にも関わらず、幸いにしてカワサキからスーパーシェルパの広報車をお借りすることができた。

明石~敦賀~小樽~札幌~日本海側から宗谷岬~オホーツク海側を下って紋別、網走~釧路~東京~明石というルートの旅だった。

スパイクタイヤ規制があることを知りチェーンで走ったが、アイスバーンや吹雪、そしてアイシングによるキャブレター不調に悩まされ、一番きついときで時速4キロ程度、速くても雪の上では時速20キロ程度と歩みの遅い旅であった。

気温や日照時間の関係で午前10時ごろから午後2時ごろまでしか走れず、一日に進める距離はわずか40kmほどという日々が続いたが、おかげで自分の旅とともに流氷が徐々に着岸するのを目撃することもできた。

その旅の途中、誕生日を迎えた。

その日の宿は小さな「とほ宿」。夕飯は宿泊客全員で食卓を囲むようなスタイルの旅人宿だ。真冬だから何人泊まっているかはわからないが、誕生日なのにケーキもないのはさみしいなと思い、途中のケーキ屋さんでいくつかのケーキを買い込んだ。

自分で自分を祝ってもらおうだなんて変かと思ったけれど、宿のご主人もほか4人の旅人も、思いがけないサプライズの差し入れケーキを喜んでくれ、大いに盛り上がったのを覚えている。


〈PR〉ひと粒に想いを込めて。Kommonうでわ

それからの20年。

旅、レース、鈴鹿8耐、北海道ツーリング、バイクのショー、デイトナバイクウィークにマン島TTレース、挙げ句の果てに文化人類学でモータースポーツ文化の研究にまで手を出し、興味の赴くままにバイクに浸かってきたのだけれど、立ち止まることだってあった。

とくに2006年はわたしにとって辛い年だった。

何度かの入院や手術も経験した。

数年前、誕生日を病院のベッドで過ごさなければならなかったとき、見事に、見舞いも、電話も、メールも何も来なかったことがあった。

唯一、病院の食事のトレーに「お誕生日おめでとうございます」とあらかじめプリントされた小さな紙切れだけが誕生日を知らせるものだった。

わたしは一人っ子できょうだいはいないし、子どももいない。

病室の天井を眺めながら、自分はこうして一人で死んで行くんだろうなと将来を憂い、さめざめと泣いたことを感情だけでなく身体感覚として覚えている。

むろん、一人で死ぬことは決して不幸だとは思わないが、気心知れた家族や友人が目の前にいないことのあまりのさみしさにおののいたのだ。

わたしは人見知りで、人付き合いも下手くそなのだけど、病室の天井を見つめながら迎えた誕生日もまた、ほんの少しだけ自分を変えたような気がする。

ゆきズムじゃんぼりーでお話したジョン。彼の生き方にも影響を受けた点がある。

ジョンとは、かの有名なジョン・マクギネス選手ではなく、マン島で知り合った親切すぎるお父さん。

ジョンはどこにでもいる普通のおじさんだ。退役軍人で、自営で電気工事業を営んでいたが、リタイア後はマン島TTレースと自分をとりまく人びとをかいがいしく世話することを生きがいにしている(いた)。

ジョンもまた一人っ子で、娘がいるものの離婚したせいもあってやや疎遠になっている。

そんなジョンは、何曜日は誰それさん、別の曜日は誰それさん、というようにローテーションを組んで一人暮らしの高齢の友だちたちのお世話をしていた。それは犬の散歩だったり、銀行でお金を下ろすことだったり、食料品店で小麦粉を買っていったり、そんなようなことだった。

ジョンはそれらを当たり前のようにやっていたけれど、社会の接点はこうして作るものなのだなぁとジョンから教えられたのだった。

それで、数年前に二推の二輪車安全運転指導員の資格試験を受けることにした。資格を取ると、ボランティアで講習会の指導員をすることができるようになる。
長年バイクに関わる仕事をしてきたけれど、そろそろ恩返しするようにしなければなと思っていたところだった。
なにより、今のうちに社会との接点のようなもの作っておかないと、自分のような人間は漠然とこの先ダメなんじゃないか、一生このまま人見知りで人間関係ベタで、ひとりさみしく病室の天井を眺めながら……なんて思い、これまでと違うバイクの世界へ一歩足を踏み入れた。
おかげさまで、まだ3年の新米なのだけど、素晴らしい先輩たちに囲まれて少しずつ吸収している。

閑話休題。

最近はfacebookをはじめ、システムとして誕生日をお知らせしてくれる機能があって、機械的に(……という風に感じる)誕生日を祝うメッセージを送る文化がある。

正直、苦手だ。

なので、ここ数年はフェイクの誕生日を入力したり、誕生日を表示させないようにしていたら、やっぱり、ものの見事に誰からもメッセージ来ない。

そんな愚痴を吐いてたら、友人から叱られた。

それで、祝ってほしければ自分でケーキを買っていけばいいじゃないって思い出して。

フリーになって真冬の北海道をバイクで走って、宗谷岬を走破して、そのあと流氷を追っかけながら走って、小さな宿で見知らぬ旅人みんなに祝ってもらったじゃない。

そんなことを思いつつ企画したのが、今回の誕生日イベント『ゆきズムじゃんぼりー』だった。


D4s_0254
photo by Naoki OKAMOTO

〈PR〉ひと粒ひと粒に想いを繋ぐ。Kommonうでわ


| | トラックバック (0)

2017.06.07

2017年マン島TTレース短観

Simg_0061

マン島に通い始めて21年目、20回目のTT、24回目のマン島に滞在しております。

2000年から同じ家にホームステイしておりますが、今年もまた家族の状況が変わっていまして。
奥さんの仕事が変わったり、そのパートナーが早期リタイヤ、長男カップルが破局、次男は彼女と同棲、飼い犬が亡くなり3代目の犬が家族に……などなど。
もはや、親戚関係のようなもので。

年に一度しか来ませんが、年に一度だからこそ変化を感じ取れることもあります。

今年感じたことを短くまとめますと。

・ヨーロッパ大陸、特にフランスからのバイクのツーリストが増えた
(スーパースポーツブーム?あるいはTV番組放映の影響でTT人気が上昇?)

・スーパーカブなどちょっと古い小さいバイクのカスタムが一大ブーム

・エンデューロ系人気もかなり高い

・ハーレーが増えた

・ヴィンテージバイク系は激減
(所有者の高齢化と、TTからクラシックバイク系をマンクスグランプリに移動させたことにより分散されたのかも)


TTレースの方も世代交代が一段と進みました。

とまれ、明日はTT Zero決勝レースです。
チーム無限をどうぞ応援よろしくお願いいたします。

TTレースのレポートがBBBにて掲載中です!

| | トラックバック (0)

2016.07.22

★本日夜★公開生放送、二輪文化ラジオに出演します

Radio_26_pr

本日、夜9時ごろより、公開生放送にて二輪文化ラジオに出演いたします。

MCは松島裕さん、

アシスタントMCは 「お父さんはワークスライダー」声優の難波祐香さん

ゲストはライディングスポーツ編集長、青木淳さん

4月の放送の話に引き続き (YouTubeで公開されております)、元全日本ロードレースライダー新井亮一さん、

元鈴鹿8耐参戦チーム監督として、わたくし小林ゆき、

さらにさらに!

WSS参戦中で、8耐はau&テルル・KoharaRTから出場の大久保光選手

HKC&IMT Racingから #鈴鹿8耐 に出場する濱原颯道選手

も遊びにくるとか!

ぜひ、川口オート前のライブハウス、ライブハウス「CROSS ROAD 39」にお越しくださいませ。

もしくはUstreamの生放送をお聴きくださいませ。


o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ


◎小林ゆきのツイッター アカウントのフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3


09.バイクイベント, 06.マン島TTレース, 13.鈴鹿8耐, 12.モータースポーツ, 01.バイク, 02.お知らせ, 04.ラジオ・ポッドキャスト | | トラックバック (0)

2016.07.01

モーターサイクリスト8月号は本日発売!巻頭特集は「夏旅パーフェクトガイド」


Motorcyclist(モーターサイクリスト) 2016年 8 月号は本日、発売です!

巻頭特集は「夏旅パーフェクトガイド」です。

なお、25頁の小林ゆきのコラムは本誌ではなく、こちらをご覧ください


続きを読む "モーターサイクリスト8月号は本日発売!巻頭特集は「夏旅パーフェクトガイド」"

| | トラックバック (1)

2016.06.29

モーターサイクリスト誌にマン島TTの記事を寄稿しましたが、元の原稿はこちら

今度、発売される発売中の『モーターサイクリスト』誌に寄稿しましたが、著者に許諾なく校正改変されておりましたので、こちらに元の原稿を載せておきます。


* * * * *


 すっかりTVスターとなったガイ・マーティン選手が参戦しない2016年のマン島TTレース。主役は、現役最多勝利を誇るレジェンドにして昨年のシニアTTの覇者ジョン・マクギネス選手。キング・オブ・マウンテンと称される伝説のライダー、ジョーイ・ダンロップ選手を呈した公道レースの名門ダンロップ家の若き雄マイケル・ダンロップ選手。そしてTTウィーク中5勝の完全勝利の記録保持者にして大事故から奇跡の復活を遂げたイアン・ハッチンソン選手。この3人になるであろうという予想通りの展開となった。

 1907年から変わらず公道を使うオートバイのロードレース、マン島TTレース。イギリス連合王国には属さない独立した島だからこそ開催が実現した伝統のレースは、1周60km、230ものコーナーを周回する難関コースを攻略することが“走る実験室”と呼ばれた。両大戦後に初の世界グランプリ開催の地となり、“road racing capital of the world”と称された。世界GPシリーズから外れた後も、TT-フォーミュラ1の世界選手権ステータスを維持し、後の世界スーパーバイク選手権の雛型となった。

 現在はFIMのクラシックミーティングという特別な国際規格のレースイベントとして、主に市販車改造の二輪車クラスとサイドカーのレースが毎年5月末から6月初めの2週間に渡って行なわれている。

TTは現存する最古のモータースポーツイベントであり、公道で繰り広げられる非日常のエクストリームな光景を間近で観戦できることから“バイクの聖地”とも呼ばれ、人口約9万人の島に世界中からマン島の人口に匹敵する数の観戦客が訪れる。また、コース上では1000人以上ものボランティアがレースを見守る。

今年のトピックはなんと言っても、現在23勝中のマクギネスがJ・ダンロップの勝利記録26勝に迫れるかどうか、そしてそれを阻むのは誰か、の2つであった。マクギネスの勝利確実と思われた電動バイクのTT Zeroクラスでは、日本のチーム無限が開発した神電伍がまさかのマシントラブルで4位に。一方、初日に行なわれたTTスーパーバイクでは、M・ダンロップが驚異の平均時速記録を更新、133.393マイル(213.429km)を叩き出して優勝した。

 今年の真の王者を決める2週間の長丁場の最終戦、シニアTT(事実上スーパーバイクのレース2)もM・ダンロップが勝利を収めたが、スーパーストッククラスで発覚したM・ダンロップ車のレギュレーション違反による失格問題、そして同じBMWでシニアTT2位となったハッチンソンが指摘したM・ダンロップ車への特別供給パーツ提供問題など、遺恨を遺した大会でもあった。

 真のレーサーレプリカRC213Vの参戦(ブルース・アンスティ選手)や、2ストV4エンジンのスターMMX500の参戦(イアン・ロッカー選手)などの話題もあった反面、大会期間中、前座レースも含めて5人の選手が命を落とすという現実もあった。それでもTTが続くのはなぜか。この紙幅で答えることは不可能だ。TTは来年も5月27日から6月9日に開催される。

続きを読む "モーターサイクリスト誌にマン島TTの記事を寄稿しましたが、元の原稿はこちら"

| | トラックバック (1)

より以前の記事一覧