G-FP2DF1P69Y 小林ゆきBIKE.blog: 2022年6月

« 2022年5月 | トップページ

2022年6月

2022.06.22

「ゆきズム・スピンオフ」他、7月・8月イベントのお知らせ

7月・8月はイベント続きです!

とくに、毎年2月わたしの誕生日に生誕イベントとしてやっている『ゆきズムじゃんぼりー』のスピンオフイベントツアーが決定いたしました!!
静岡県藤枝市、箱根(静岡県函南町)、北海道旭川市とツアーが続きます。

ゆきズムじゃんぼりーは、第1部がバイクトーク、第2部が小森義也(This Time)とデュオでThe Kommonsとして音楽ライブを行うよくばりイベントです。
ぜひ、皆さまにお会いできることを楽しみにしております!!


7月18日(月・祝)

グッドライダーミーティング神奈川 (厚木中央自動車学校)

7月23日(土)

ゆきズムin藤枝 (&SUGER+南瓜) オートバイブックス武田さんとトークショー/小森義也(This Time)とThe Kommons 音楽ライブ

7月24日(日)

ゆきズムin箱根 (バイカーズパラダイス南箱根) 岸田彩美さんとトークショー/小森義也(This Time)とThe Kommons 音楽ライブ

7月30日(土)

ゆきズムin北海道 (北海道旭川市・HOKKAIDER BASE ホッカイダーベース) 小原さんとトークショー/小森義也(This Time)とThe Kommons 音楽ライブ

8月21日(日)

BDSバイクセンサー真夏の祭典 (千葉県柏市・BDS柏の杜)

| |

2022.06.19

2022年6月16日現在のマン島→日本帰国時の入国状況

今年は3年ぶりに5月25日から6月15日までマン島に行ってきました。

前回とまるで状況が違うのは、新型コロナによる水際対策もろもろ、そしてロシア・ウクライナの戦争による影響です。

まず、日本~イギリス便がそもそも大幅に減便されていましたが、ロシアウクライナ戦争の影響でヨーロッパの航空会社の便がかなり制限されたり、ルート変更を余儀なくされていて、乗り継ぎの時間などをかなり深慮しないといけない状況でした。

もともとマン島通いがメインのわたしは英国航空(ブリティッシュ・エアウエイズ(BA))をメインの航空会社として使っており、今回もBAの羽田~ロンドンヒースロー直行便を選びました。

ラッキーなことに、今年に入ってロンドンヒースロー~マン島の直行便ができた(ローガンエアとのコードシェア便)ため、以前のようにロンドンヒースローからロンドンガトウィックやロンドンシティ、ロンドンルートンへの乗り換えをしたり、ヒースローかヨーロッパのどこかで乗り換えてマンチェスターやバーミンガムへ行き、さらに1泊してマン島へ向かうということをしなくてすみました。

【イギリス入国に際して】

行きのイギリス入国に際しては、2022年5月25日時点では全ての規制が撤廃され、ワクチン接種の証明も、PCRなどの陰性証明も不要となりました。
ただし、帰国の際には必要なのでワクチン接種はほぼマストです。

帰国時に「MY SOS」「COCOA」のアプリは必ず必要となります。
スマートフォンの携行は必ず必要となるので、スマホを持っていない人はレンタルをしなければなりません。

出国前にこのMY SOSにワクチン接種の証明などを送る作業が必要となります。

また、帰国時は出国72時間以内のPCR検査で陰性証明が必要で、その書類を書き込むPDFがありますので、プリントアウトして持つ必要があるとの情報がありますが、実際にはPCR検査結果のメールでOKでした。
場合によっては紙が必要になるかもしれないので、念のためプリントアウトして持っていきました。

(帰国時PCR検査や検査結果フォーマットについて詳しくはこちら)


羽田~ロンドンヒースローの直行便は通常、11時間前後ですが、5月25日現在はロシア上空を飛べないため、大きく北回りとなり、15時間30分の飛行時間でした。

羽田空港では体温チェックの機械を通過したような記憶がありますが、あまり定かではなく……。
空港や飛行機内では全てマスク着用となります。

羽田空港の第3ターミナル(国際線ターミナル)ではやっている店が少なく、また今回23時35分発の深夜便だったため、全てのお店が閉まっていました。

イギリス入国に際しては、コロナ対策等のチェックは不要でした。

入国審査は日本人とEU、UKはレーンが異なるので、間違って長い列に並ばないようにします。

マン島入国も特にコロナ対策や入国審査はありません。
飛行機が到着したらそのまま空港を出ることができます。

マスク着用に関しては、ローガンエアはスコットランドがベースの航空会社で、スコットランドの条例で搭乗中はマスク着用が必要とメールでアナウンスがありましたが、実際には航空会社職員もマスクを着用しておらず、乗客も着用していた人はほんの数人という状況でした。

【マン島~英国から日本入国に際して】

2022年6月15日現在は、渡航国を青・黄・赤の3色に分けてそれぞれ必要な対策が厚労省で指定されています。
マン島と英国は「青」の国なので、必要なのは

・出国72時間前のPCR検査と陰性証明 (陽性の場合、日本に入国できない)

・ファストトラックを使用したい場合「MY SOS」アプリを使えとあるが、JALはMY SOSが「緑」になっていないとチェックインできないため、MY SOSアプリ利用は必須

・いちおう、COCOAアプリ利用 (これは空港カウンターや入国の際、とくにチェックはありませんでした)

この3つです。

わたしの場合、出国72時間前のPCR検査と陰性証明というのがネックで、マン島現地だと翌日か翌々日に検査結果がわかるところしかなく、時間的に無理でした。
帰国便はヒースローでの乗り継ぎが5時間あったため、空港でPCR検査を受けることにしました。

ヒースロー空港でPCR検査が受けられるのは現在、ExpressTest というところのみです。
安い価格もありますが、日本入国で認められていない検査方法だったりしますので、わたしの場合は 4 hour PCR Fit to Flyという4時間後に結果がわかる検査を受けました。

検査はネットで時間指定で予約することができます。

検査予約サイトには搭乗5時間以上前に検査することを強くおすすめします、と書いてあります。
自分の場合、乗り継ぎ時間が5時間でかなりギリギリでしたが、なんとか間に合いました。

4時間でわかるテストは119ポンドと高額ですが、BAの割引クーポンコードとJALの割引クーポンコード、両方を適用することができ、5ポンドほど安くなりました。
クーポンコードは飛行機に乗らない人も使えるようなので、ネットで調べてみてください。

テストセンターはターミナル2、3、5にあり、わたしはT2で受けました。
T2のテストセンターは、到着フロアから下に下がったところにあります。

テストセンターはスタッフが6、7人いましたが、並んでいる人は2人だけでガラガラといった印象でした。

鼻腔と喉に綿棒を10秒ずつ当てるのですが、くしゃみが出そうになるくらいソフトなタッチで、あっと言う間に終わったという感じ。

紙のフォーマットに証明を書いてくださいとプリントアウトしたものを見せたのですが、送ったメールで大丈夫ですよということで、そのまま
JALとBAのチェックインカウンターがあるT3に向かいました。

待ち時間の間にチェックインカウンターに行くと、MY SOSアプリが緑になっていないとチェックインできませんと言われ、そのまま3時間ほど椅子に座って待ちました。

検査結果は3時間30分くらいで届き、MY SOSアプリにそのドキュメントを送るのですが、「審査中」となってすぐには黄色から緑に変わりませんでした。
なので、チェックインカウンターでは陰性証明のメールを見せてチェックインすることができました。

イギリスは出国審査はなく、手荷物検査のみです。
現在も水ものは100ml以下だけでビニール袋に別に詰めて見せる必要があります。
また、PCやカメラもカバンから出す必要があります。
金属のベルトは外し、上着やくるぶしをおおうタイプの靴、ブーツも脱いでトレイに載せる必要があります。

搭乗口でもMY SOSが緑かどうかチェックがあり、わたしは黄色だったためここでも陰性証明のメールを見せました。

そしてJALの搭乗待合室ではマスク着用のポスターがあり、ここから先は機内でもマスク着用します。

寝ているときにマスクが外れているとアテンダントが起こして「マスク着用をお願いします」と表示されているタブレットを見せて着用を促していました。

【羽田空港での日本入国】

ロンドンヒースロー~羽田直行便にはそれなりに外国人と思われる方々が乗っていたのですが、羽田到着後、「先にシドニー乗り継ぎの方をご案内します」とのアナウンスでほとんど全員が降りていったので、やはりまだまだ日本入国はハードルが高いのだなと感じました。

飛行機を降りるとJAL職員でもなく、空港職員でもない制服の人たちが5mおきくらいに大量に立っていて、水際対策の案内をしながら、ファストトラック利用の人、体温チェックで引っかかった人を捌いていました。

あらかじめアプリを入れておいたり、どのように入国すればいいか予習をしておけばサクサクと滞り無く税関までたどり着けました。
(まったく並ぶことはありませんでした)


……というわけで、2022年6月16日現在の日本入国の状況でした。
ご参考まで。

| |

« 2022年5月 | トップページ