カテゴリー「マン島」の記事

2016.05.21

マン島のケータイ・スマホのプリペイドSIM

マン島は独自の携帯電話網があり、現地で手軽にプリペイドのSIMカードを買うことができます。
現地のSIMなら現地での電話代を大幅に節約できるのでお勧めです。

マン島にはManx TelecomSure mobile2社の携帯電話会社があり、サービスを競い合っています。
どちらもサービス、ネットワーク網、料金ともに拮抗しあっていますが、それほど差はありません。

どちらもマン島での使用歴がないと30日ほどで使用権が消滅してしまいます。以前は6か月でしたがその後3か月に短縮され現在は1か月にまで短縮されてしまいました。

プリペイドSIMはダグラスのプロムナードにあるそれぞれのショップで簡単に購入することができます。身分証明やクレジットカードの番号は必要ありません。

残りデータ・使用可能料金は電話やネットで簡単に確認できます。

また、料金のチャージはコンビニにあるTON UP CARDを買ってチャージすることもできますし、インターネットからクレジット払いでチャージすることもできます。

マンクステレコムとシュアのプリペイドSIMの違いは以下の通りです。

Manxsure

SUREの方が無料通話時間、無料テキストメッセージ量、データ量など大幅に有利ですが、マンクステレコムの方が1日だけ有効期限がながいプランもあります。

また、シュアはイギリスなどでのローミング通信ができませんが、マンクステレコムはローミング可能となりました。

どちらも4G通信となりました。
4G圏外の場所では自動的に3G通信に切り替わります。

イギリスより簡単にプリペイドSIMを手に入れることができますので、マン島を目的にご旅行される方は、マン島でプリペイドSIMを手に入れてみてはいかがでしょうか。


| | トラックバック (0)

2015.02.21

マン島と日本間でビザが完全に不要となったのはいつか?

マン島はUK(グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国)に属しませんが、外交面はUKに委ねるという法律があるため、現在は、ビザなどはUKと日本間の事情に準じます。

ところが、1962年のUKと日本間で成立した査証廃止取極にマン島は入っていませんでした。

日本人がマン島へ行くにはビザ廃止になったのですが、マン島市民は英国パスポートではなく、マン島パスポート所持であったため、日本へはビザが必要という解釈でした。

マン島と日本の間で査証廃止になったのは、その後、UK政府から

「ガーンジィ島及び附属諸島」

の語句の後に、

「又はマン島」

の語句が挿入されるべき

という書簡を連合王国特命全権大使より書簡を受けたことから、

1968年9月11日に査証廃止の効力発生、9月21日に公示されるに至ったものです。

というわけで、マン島と日本の間でビザが不要になったのは、1968年のことでした。


ところで、マン島は独立した国の体裁を取っていますが、日本政府から見れば国連加盟国ではないため「独立した地域」と見なされます。

マン島はクラウン・ディペンデンシー(英王室に属する独立した地域)であり、マン島市民のパスポートは

EUROPEAN UNION

BRITISH ISLES

ISLE OF MAN

と書かれています。

| | トラックバック (0)

2014.05.25

マン島のいろいろな天気予報サイト

マン島の天気をひと言で言えば、「変わりやすい」。

気温は歴代記録でも30度以下、0度以上という感じですが、日本の東京あたりに比べると格段に寒いのがマン島です。

5月から6月のTTウィークシーズンは、とても良い天気の場合、最高気温が22度くらいまで上がることがありますが、天気の悪い日だと12度程度、最低気温は10度以下、4~5度まで下がることもあります。

また、島という環境なので天候が変わりやすく、また島の場所場所で大きく天気が異なることが多々あります。


以下、いろいろなマン島天気予報サイトを紹介しておきます。


BBCの天気サイト

気温がちょっと楽観的な天気予報。


マン島政府発表の天気予報

マン島政府発表の天気予報。

ACCU

マン島各地の現況(天候と気温など)がわかるサイト

マン島地元サイト

気温は高め、天候は悲観的な予報をしがちなサイト

イギリス政府気象庁


わりと実態に則した天気予報。体感温度なども予測。

ワールドウェザーオンライン

一番正確に予測していると思われる天気予報。気温はやや低めに予測しているが一番確
か。

ウェザーフォーキャスト

やや悲観的予報が多いサイト。天気図も出てます

| | トラックバック (0)

2014.04.17

【お知らせ】4月28日19時~、第3回TTサポーターズクラブ日本ミーティング開催!ゲストはマン島TTで初の6位入賞者・谷口尚己さん

第3回TTサポーターズクラブ日本ミーティングのお知らせです。

Picture1

来るゴールデンウィーク直前の4月28日(月)、恒例となりました第3回TTサポーターズクラブ日本ミーティングを開催いたします。
マン島TTのフォト&トークライブ、ゲストとのトークセッション、TTレースやマン島渡航に関する情報交換などいたしましょう。

第3回TTサポーターズクラブ日本ミーティング

●主催:TTSC日本支部

●日時:2014年4月28日 19:00 - 22:00

●場所:横浜・黄金町 試聴室その2

〒231-0054 神奈川県横浜市中区黄金町2丁目7 045-251-3979(13時~18時)

京浜急行 黄金町駅 徒歩3分

横浜市営地下鉄 阪東橋駅 徒歩8分


より大きな地図で 黄金町 を表示


★特別ゲスト決定!★

1959年、ホンダが初めてマン島TTに参戦した年、日本人初の6位入賞(つまり、日本人として初めて世界グランプリでポイント獲得)を果たした谷口尚己さんがいらっしゃいます。

往年のマン島やTTの雰囲気を直に聞けるチャンスです!

903751_568167753229497_1958911973_o

(2013年のTTSC定例ミーティング)

★★★

TTサポーターズクラブ日本ミーティングは、TTSC会員でなくてもご自由にご参加いただけます。

また、当日、TTSCの入会を受付します。

予約不要・入場無料。また出入りも自由ですので、ご都合のよい時間にお越しください。

なお、各自ドリンク・フード等をオーダーしてください。

場所は、アートの町として変貌しつつある横浜・黄金町にある「試聴室その2」という雰囲気あるカフェ&ライブハウスです。

近隣にクルマのコイン駐車場があります。

バイクの時間駐車場は関内・伊勢佐木町付近にございます。

バイクは台数が少なければ、お店の裏手に停めることもできます。(早いもの勝ち)

| | トラックバック (0)

2014.01.24

2014年、マン島行きの空路~ロンドンガトウィック便大幅減、リバプールとロンドンシティ便は増便

かねてから報道されているように、日本からもっともアクセスがよいフライビーのロンドンガトウィック~マン島便は、2014年3月末で廃止されることになりました。

替わって、フライビーはリバプール~マン島便を増便すると発表しました。

また、英国航空はロンドンシティ~マン島便を増便すると発表。うまく行けば日本からの乗り継ぎができるかもしれません。

詳しくは、各航空会社でご確認ください。

| | トラックバック (0)

2014.01.14

2014年TTの日程変更~モーニング・プラクティスが1日だけ追加に

2014年のマン島TTレースの日程は、

プラクティス──5月24日(土)、26日(月)~30日(金)

レース──5月31日(土)、6月2日(月)、4日(水)、6日(金)

となっておりますが、1日だけモーニング・プラクティスが復活します。

モーニング・プラクティス

5月29日(木) 10:15~12:40

イブニング・プラクティスもあり 18:20~20:50

モーニング・プラクティスと言っても、かつて行われていた午前4時から6時という超早朝ということではなく、朝のラッシュ時間を過ぎた10時から行われるそうです。

今回の措置は、昨年、天候が不順で十分なプラクティスの周回を走れず、土曜日にプラクティスを増やして日曜日にレースを開催するという変則的なスケジュール変更が行われたため、その対策と言えるでしょう。

なお、TTは毎年5月下旬から6月上旬にかけての2週間の日程で開催されますが、カレンダーによって5月寄りの前倒しになるときと6月後倒しになることがあります。

これまでの経験上、前倒しの日程の方が天候が悪いことが多く、今年は前後数年の中でもっとも前倒しの日程となっています。


今後の日程はこちら。

2015年5月30日~6月12日

2016年5月28日~6月10日

| | トラックバック (0)

2013.11.22

Flybeのロンドンガトウィック~マン島ロナルズウェイ便は2014年3月で廃止に

日本からマン島へ行くのに便利だったロンドン・ガトウィック空港とマン島のロナルズウェイ空港を結ぶFlybe(フライビー)の便は、来年2014年3月一杯で廃止されることになりました。

うまくいけば、日本の成田を午前11時に発ち、ロンドン・ヒースロー空港に16時前に到着。
ヒースロー空港からガトウィック空港にバスで移動し、
flybeの19時ごろの最終便にギリギリ間に合うルートでした。

帰りも同様で、マン島をflybeの始発6時20分ごろ発に乗れば、昼過ぎ発のロンドン・ヒースロー発成田行きに間に合いました。

このルートがなくなるとなると、ロンドン・シティ空港~マン島・ガトウィック便の英国航空を使うか、マンチェスターやバーミンガムに乗り継ぐ、あるいはリバプールに飛行機か鉄道で移動してフェリーまたは飛行機便を使うかということになりますが、いずれにせよ、大ブリテン島で余分に1泊しないといけなくなるかもしれません。

2014年にTT観戦を予定されている方は、行き帰りのルート計画にご注意ください。

| | トラックバック (0)

2013.05.28

松下ヨシナリ選手の訃報

チーム公式サイト

マン島TT公式サイト

| | トラックバック (0)

2013.05.26

マン島の天気予報リンク一覧

マン島の天気予報は複数の情報があり、予報会社によって4~5度も気温予測が異なったりします。

以下に天気予報リンクを一覧にしましたので、複数の情報でご確認ください。

マンクス・レディオ ……気温高めの予想のときが多い

マン島政府

BBC ……気温低めの予想が多い

ACCU Weather

Manx.net

UK気象庁

world weather online ……マン島ロナルズウェイ空港の天気予報

weather forcast ……予想図付き


| | トラックバック (0)

2013.05.16

マン島TTサポーターズクラブ日本支部2013年入会について

5972907_202

マン島TTサポーターズクラブ日本支部、2013年度入会ご希望の方はこちらをご覧ください。

締め切りは2013年5月末とさせていただきます。

| | トラックバック (0)