2009年1月 4日 (日)

2009年箱根大学駅伝、復路・権太坂~後編

2009年の箱根駅伝を横浜市保土ヶ谷区の権太坂に見に行ってきました。
国道一号線沿いの権太坂は本当の権太坂ではなく、旧松下電工倉庫、現サミット&コジマ電機のあるT字交差点を境木中学校方面に上がる坂が権太坂です。

旧東海道の難所で、坂の途中に息途絶えた人を投げ込んだ「投げ込み井戸」があったり(道路を拡張したときに井戸を移動させようと発掘したところ、本当に人骨が出てきた)、その先にある境木地蔵には「見返り桜」というのがあり、振り返ると真っ赤な血に染まった色をしていた桜、など、古い伝説が数々ある地域です。

光陵高校方面に向かう保土ヶ谷バイパスをオーバーパスする坂は権太坂ではありません。

境木地蔵を東戸塚方面に向かい一つ目の信号を左折する道が旧東海道です。しばらく歩くと、左右に「一里塚」があります。ここは、東海道五十三次の中で唯一、原型を留めている一里塚だそうです。左側の一里塚は「一里塚公園」という小さな公園になっています。

それはさておき。
箱根駅伝の続きです。

Img_5700s

11時30分。
大きな中継車、その後に報道車?審判車?が続き、白バイ2台を先導にしてトップのランナーがやってきました。さざ波のように揺れる小旗はビッグウエイブとなってどよめき、叫び声、歓声と共に先頭ランナーを迎えます。

Img_5701s

11時30分。
平台のトラックはディーゼルハイブリッド車でした。乗用車タイプのオフィシャルカーもホンダのハイブリッドだったし、昔のように自衛隊のクルマやトラックを使ってディーゼルの排気ガス臭さが漂うような駅伝ではなくなりました。

Img_5702s

11時30分。
トップは鉄紺のユニフォームとタスキの東洋大学です!
今年は不祥事を踏まえてノボリや旗など大学名の入った小物を使っての応援を自粛、という通達がありました。そんななか、肉声での「東洋頑張れ!」という声援がありがたく心にしみ入りました。
権太坂は左カーブなので、選手は最短距離を取るため、かなり観客に近いルートを走っています。

Img_5703s

11時30分。
2位の早稲田の選手がやってきました。選手の前にはテレビ中継車が入っています。
対向車線は交通規制を行っておらず、一般車両が通行しているのですが、駅伝を眺めながらノロノロ運転が続いています。

Img_5718s
Img_5719s

11時39分。
並走しているシーンは観戦しているこちらもドキドキするもんですね。テレビで見ているのと違うのは、選手の走るスピードがけっこう速いこと、選手同士の距離感が以外に近いことなどを実感できることです。

Img_5727s

11時44分。
競り合っているシーンには、こうしてバイクの中継車が張り付くことも。バイク中継車は二輪車の場合と、最近ではこのようにトライク? 自動三輪車? の場合があります。それにしなても、マイクやら機械やらいろいろと積んでいるものですね。運転手さんも、カメラマンさんも、特殊な体力を使ってそうです。

Img_5728s

11時44分。
観客の皆さんは、トップだけでなく、後続の選手にもトップと変わらない大きな声援を送り続けています。

Img_5729s

11時44分。
こちらは大型スクーターからの中継車。ラジオかテレビのアナウンサーさんが乗車しているのではないかと思います。手には何かノートを、そして右手側には順位を示すマグネット板が。バイクのミラーが長く伸びているのが特殊ですね。

Img_5730s

11時46分。
選手同士が追いついたり、追い越したりするとき、白バイがこのように並走状態になっているときもあります。
後続の乗用車は、各チームの監督車。昔のように、「オイっちニっオイっちニっ」とか掛け声は最近はかけないようです。

Img_5732s

11時46分。
観戦客はこのように、老若男女、さまざまな人びとがいますが、権太坂は駅から遠い(東戸塚から徒歩20~30分、保土ヶ谷からバスで10分ほど)なので、ほとんどが地元の家族連れだと思われます。
皆さん、笑顔で大声援を引き続き送っています。

Img_5737s

11時51分。
「箱根駅伝は最終ランナーが通過いたしました。交通規制を解除します」と放送しながらパトカーがやってきました。
パトカーの後ろには自転車の大集団。これを狙ってのサイクリングなのでしょうね。

Img_5738s
Img_5740s

11時51分。
駅伝最後尾が通過し交通規制が解除になったとたん、ぞろぞろと皆さん帰路につきます。

Img_5741s

11時55分。
そして、何ごともなかったかのように、日常に戻っていきます。
ボランティアスタッフの皆さんが、ゴミを拾ったり、交通規制のビニールテープを回収したりしていました。あんなにたくさんいた警察官もいつの間にかいなくなっていて、交通整理をしているのは、スーパーの駐車場係の人だけになりました。


このように、久しぶりに観戦した箱根駅伝。
けっこうマン島TTレースと共通点が多かったように思います。

・レースを観戦しているのは、レースファンだけでなく、地元の人も観戦客となる。(TTはレースファンの率が高いけど、駅伝は地元民の率が圧倒的に高い)

・観戦場所によって、地元住民の割合が変化する。

・誰かひいきの選手やチームを応援するというよりも、そのレース自体の全体を応援しているという感じ。

・したがって、トップの選手だけでなく、最後尾の選手まで満遍なく応援が続く。

・レース前もレース中も、比較的、混乱が起きない。長年続いているレースなので、観戦客にルールやマナーが浸透しているせいと考えられる。

・観戦客の層が一定しない。つまり、老若男女、満遍なくいる。

・マン島TTの場合はラジオ放送や遠くから聞こえる排気音でレースが近づいてきたことを知り、駅伝の場合はラジオやテレビ放送でレースが近づいてきたことを知り、通過に合わせてどんどん観戦客が増えていく。これはつまり、地元住民の観戦の割合が高いことを示す。

・影像に向けての宣伝としてのバナー、ノボリの存在は共通している。

・応援スタイルは主に声援、手(や小旗)を振ること。音楽やチアーはない。


もっともっといろいろと共通点、相違点があるのではないかと思いますが、本日はこのへんにて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

2009年箱根大学駅伝、復路・権太坂

第85回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の2日目、復路の観戦調査に、横浜市保土ヶ谷区権太坂まで行ってきました。

ここはわたしの地元で、小さいころはラジオ放送や時々テレビで流れるニュース(当時はテレビの生放送の実況中継はなかった)を聞きつつ、「そろそろ来るかな」などと言いながら国道一号線に観戦に向かうのが正月の恒例でした。

箱根駅伝のコースは、神奈川県箱根町から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間109・9キロ×2の、変形サーキットです。
A地点からB地点への「ラリー」を往復するので、結果的にA地点からA地点に帰る「サーキット(周回路)」型スポーツになっています。

主な着目点は、

・有名大学/マンモス大学/総合大学が多いので、卒業生が多く、母校や自分に関係する人の出身高を応援する観戦客が多く得られる

・道路を閉鎖して行う「公道スポーツ」である

・道路をスポーツの舞台/アリーナ/スタジアムとして使い、沿道は観客席となる「パレード型スポーツ」である

・パレード型スポーツなので、観戦は無料。沿道沿いの地域住民が、正月の風物詩、安い娯楽として三々五々集まって来るが、特定のチームを応援するわけではない(雰囲気を楽しんでいる)

・集まる観戦客も駅伝の風景の一部である

・警備や交通整理、交通規制は警察が行うほか、観客らの整理はボランティアスタッフが行う

・場所によっては、地元商店などが観戦客らに甘酒やコーヒーなどを振る舞う

・新聞社が応援小旗を観戦客らに配る

・「即応性のあるニュース」であるスポーツであり、販促につながるため、新聞社が主催している

・報道では選手名より大学名を連呼されるチームスポーツである


あららら、結論を先に書いてしまっているような。

次のエントリーで写真を検証してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

フレームワークとは

フレームワークとは……

自分で設定する研究対象と範囲。

例)

自分で描きたい大きさのキャンバスに好きなように絵を描くがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

ニューヨークタイムスが想像以上に凄い件について

ニューヨークタイムスが想像以上に凄い件について 224 users(推定)

(タイトルはホッテントリメーカーが作りました)


The Isle of Manとか検索していると(もちろん英文の場合はGoogleに分がありますね)、The New York Times誌の検索結果が出てきた。

これはもしやと思って、さらに検索をかけてみると。

やや、出るは出るは。

1800年代の記事まで、オリジナルでpdfが上がっている。

しかも無料

いや素晴らしい。

ニッポンの新聞社はわずか2週間前の記事でもキャッシュすら残さないものなあ。

凄い時代になりました。

とともに、19世紀後半、ニューヨークでもマン島が話題にされていたのが面白い。

| | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

研究ノート

前々から悩んでいたのだけど、「研究ノート」をどういう体裁にするか、今さらながら考えている。

普段のメモや手帳は、

スケジュール→バイブルサイズのシステム手帳+バインデックスのリフィルで〔週間〕バーチカルタイプ 品番 : 015

015a

フィールドノート(取材メモ)→ミケリウス(ミケルリュウス)のA6方眼

を愛用しています。

バインデックスのリフィルは3年前からバーチカルタイプ(1日の行動を縦に書く方式)に変えて、とても気に入っています。
ですが、今年、月間スケジュール付き+見出し付きを買って大失敗。月初に月間ダイアリーが付くのですが、週間の方が前と後の月にそれぞれ現れるので、スケジュールを2回書かないとつながらない。
あと、やっぱり4月始まりの方が便利ですね。

ミケリウス(またはミケル リュース)は、もともとミュンヘンの文房具屋さんで見つけて買って気に入ったもので、世界中の文房具屋さんで探してたんですが、ある日、二子玉川の銀座伊東屋さんで見つけて大人買い。それ以来、本当に取材にフィールドワークに贈り物にと活躍しています。

愛用しているのはもっぱらA6サイズで、手のひらサイズなのと、表紙がプラスチックで固いので持ったまま書きやすいんですね。あと5mm方眼とか、ミシン目入りとか、4色塗り分けてたりとか、太いリング式なのでペンをそこに差しておけるとか、もうとにかく物書きのためのノートブックだと言えます。

Miquel1710009_3

Miquel171a6

なのですが。
日々の研究のアイディアを練ったり、研究の進捗状況を書き留めておくには、バイブルサイズのシステム手帳でもA6サイズのミケリウスでも小さ過ぎます。

そこで、A5、B5、A4サイズあたりのノートに日々書き留める必要があるなあと考えています。

ひとまず候補に上がったのは次のいくつか。

コクヨ フィラーノートA4(5mm方眼罫)

方眼なところと、A4なところ、そして2穴で綴じられるところがいいと思いました。

コクヨ リサーチラボノート 1号(A4)

まさに研究者用のノートです。が、ちょっと豪華過ぎるかな。

オックスフォードのリングノード【 Oxford A4リングノート 】

方眼だし、左縦罫線入りだし、タイトル部もあるし、2穴開きだし、ミシン目もあるけど、1600円というお値段が豪華。あと、継続して購入できるのか?という心配もあります。

マルマン MNEMOSYNE【ニーモシネ】 特殊5ミリ方眼罫ノートA4

横書きっ! 方眼! タイトルスペース入り。KJ法ヤマインドマップを書くのにぴったり。でも、横書き系だとノートブックにする意味をあまり感じないんだよなあ。ペロンってめくれるプロジェクトシートの方が好みかも。

シャチハタ オピニ リングノート OPI-RNA4

議事録用とのことですが、方眼、タイトルスペース、ミシン目、角丸、2穴開き等々、かなり理想的です。お値段も800円程度とまあまあ。

でもやっぱり…
Miquelrius(ミケリウス)ストライプA4方眼ノート4穴パンチ済み

使い慣れた紙質、罫線の濃さで言えば、ミケリウスかなあ。。。

と思いつつも、結局、押し入れにストックしてあった学部生時代から使ってなかったコクヨのキャンパスノート100枚をとりあえず使うことにしました。
これを使い切ったら心ゆくまでミケリウスを使い倒せるようになるかも。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

英文翻訳で苦労する

研究活動をしていますと、たびたび英文のライティングとか、読解とか英語の口頭発表をしなければならない場面がありますが、実はわたしは英語が苦手。

苦手と言ってもなんとかしなけりゃならないので、以下の要領でどうにかしています。

例えば、英作文の場合……。

●日本語を主語述語の最小単位(名付けて核センテンス)に分解

●自分なりに電子辞書を使いつつ英作文してみる

英辞郎 on the Webで例文を参照してみる

●オンライン翻訳機(Cross Translationにかけてみる(和文→英文、英文→和文、と双方向で)

Gramleeでネイティブチェックを依頼する

こんな感じでなんとかしています。


ちなみに、電子辞書はカシオのEX-wordが断然おすすめ。
2008年最新モデルでは、

とか

こちらのモデルがあります。

英辞郎は訳語、文例がたいへん豊富で、とくに文例は実際に最近使われている事例が取り上げられているので、ニュアンスの違いなどを実感することができます。
alc(アルク)のサイトの上の方に検索窓があって、無料で利用可能です。登録も要りません。

オンライン翻訳機(Cross Translationは、Yahoo! 翻訳、Excite 翻訳、Livedoor 翻訳、infoseek 翻訳(関西弁)、vil-net、Dictionary.com、So-net翻訳、ブラザー TransLand、FreeTranslation.com、の9つのオンライン翻訳を同時にかけてくれるというたいへん便利なもの。さらに、上記alcの英辞郎にもリンクしています。
それぞれ翻訳エンジンが異なるので、異なる結果が出ますが、わりとヤフー翻訳が使えるかなという感じがします。

格安のネイティブチェックをしてくれるGramleeは、24時間以内にアメリカのネイティブが赤入れをしてくれるというもので、たったの250語=5米ドル
回答は清書したテキストと、ワードで赤入れしてコメント付きの添付ファイルが送られてきます。きめこまやかな添削がされていて、格安校正とは思えない仕上がり。

| | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

スクラップに便利なドットライナー

わたしの研究でけっこうキモになっているのが、新聞のスクラップです。すでに溜めに溜めまくっていて、何か月分、切り抜きをしなきゃならないのやら。
こうなってくると、効率も大事なんですが、やっかいなのが、スクラップするときの糊の使い勝手。
現在はスティック糊を使っていますが、それでも、はみ出しにはイライラさせられます。

で、見つけたのがコレ。

コクヨのドットライナーシリーズです。
修正液→修正テープ、のように画期的なアイディア。ペンのようにドットライナーを滑らせれば、的確に欲しいところだけ糊がついてくれます。
メンディングテープのように、貼って剥がせるタイプや、強力粘着力タイプもあります。

これで、一気に4か月分の切り抜きがはかどる?! ん? そんなに溜まってたっけ(汗

| | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

バイクゼミナールMixi版

Mixiにて「バイクゼミナールMixi版」を主宰しております。

趣旨としまして、

『バイクゼミナール』は、バイクにまつわるさまざまなトピックスを、

・一人につきA41枚以上のレジュメを用意していただく
・それを元に一人15分程度の発表と5分程度の質疑応答を行なう

いわゆる大学の“ゼミ”のような形式で語り合う勉強会として立ち上げたいと考え、まずはミクシでコミュニティを作りました。

工学から物理学、アート、デザイン、文化、心理学、社会学、安全学、経営学、関係団体の動向、法学、などなど学問に限らず、マーケティングの手法、新しい商品開発についてのアイディア、読書会、映画鑑賞会などなど、ありとあらゆるバイクに関わる分野を異分野からお互い刺激を受け合う会にしていきたいと考えています。

日本のバイクの世界では、こうした横断的なつながりが薄いと感じており、このような企画を温めていました。

バイクに関わる日本での最先端の研究や、開発や営業さんの日ごろの努力のたまもの、あるいは研究途中のこと、一般のライダーさんの疑問をすり合わせるような場所を作ることはできないか、というのがこの試みです。

いろいろな情報や研究のインプットだけでなく、アウトプットを広く一般の方、いろいろな学問や業種の方に文字データとして送り届けるためにも、単なるオフ会ではない「バイクゼミナール」を、メンバーや場所など賛同者が集まれば随時企画していきたいと思います。そして、息の長い勉強会に育てたいと考えています。

参加者の資格は問いません。バイク屋さんでも、一般ライダーでも、学生さんでも、研究者や学者さん、メーカーさんでも(匿名・匿テーマ、秘密は厳守します)、商社さん、関連団体さん、レース関係者さんなどなど、日ごろ誰かに発表したいことがあれば異業種異分野でお互いの刺激を受け合う場にしていきましょう。

……ってなことにしております。

現在参加されている方々は、社会学・社会心理学・エンジニア・コンサルタントの方々などなど多彩です。

現在、設けている掲示板のトピックとしては、

・参考文献、サイト、リファレンス
・騒音規制って、どうなの?
・バイクの魅力、とは
・広州市のバイク乗り入れ禁止を考察する
・雑談板
・バイク文化、とは
・自己紹介
・発表テーマ
・お知らせ用トピック

などがあります。

とくに、「バイクの魅力、とは」「バイク文化、とは」のあたりで活発な議論が交わされており、分析的に言語化しつつバイクの魅力や文化を解き明かしていこう、という試みをすすめています。

これだけで共著本ができてしまいそうな勢いでして。

引き続き、みなさまのご参加、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

南方熊楠展

南方熊楠展に行ってきた。
(11月26日(日)まで、上野公園にある国立科学博物館にて)

私と南方熊楠との出会いは、1989年にバイクで日本一周したときのことである。
和歌山県田辺市のユースホステルのペアレントさんのおばちゃん(おばあちゃん?)が、夜中に消灯時間を自ら破って占いをしてくれて、それはともかく、翌朝、本来そこのユースでは朝食が出ないのだが、近所の喫茶店にペアレントさんが朝食を誘ってくれて、1時間、いや2時間近く話をした中で

「南方熊楠知っとるやろ? 知らん? 白浜に博物館があるから行ったらええ。人生観が変わるろ」

と進言してくださったのだ。
そのとき私は先を急いでいたこともあり、結局、白浜には戻らなかったのだが、1994年ごろ、仕事にかこつけて白浜の南方熊楠記念館を訪れることができた。

さほど広いとは言えない記念館だが、熊楠の仕事っぷりは細かく丹念で、全部見終わるのにたっぷり2時間はかかっただろうか。
熊楠の何がわかったわけでもなかったが、若い頃の端整で男っぽい顔だちの写真が自分好みで、引き続き興味をひいているというわけである。

さて、今回の展示は熊楠のダイジェストとも言えるものだったが、それでも500円払って見るのに惜しいことはない。

特に印象に残った部分--。

●(外国の)アマチュア研究家が6000点の標本を学者に送ったと知った熊楠は、それ以上を収集してやろうと決意した。
→研究者としての原点が、他を越えてやる!という気概からだったとは。

●民俗学者、柳田国男が熊楠を評して「南方熊楠という現象であり、南方熊楠という事件である」というようなことを言っていた。

●熊楠はとっくにKJ法を行なっていた。それどころか、三次元のマインドマップを考えていたようで、これが南方熊楠曼陀羅であると言っていいと思う。

もう一度、白浜に行ってみたいと強く思った。
研究とは何か、方法論や気迫のようなものから受ける刺激は絶大である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

歩行者優先施策、道路空間の有効活用等25地域の社会実験

国土交通省の平成18年度社会実験実施地域について~歩行者優先施策、道路空間の有効活用等25地域の社会実験に着手~ 平成18年6月29日

社会実験についてという国交省のサイトから。

道路空間を移動のためだけでない転換、という社会実験も数多くあるようで、研究の比較例として復習っておく必要がありそう。

例)歩道空間を活用した自転車駐車場設置など自転車利用環境向上施策 【施策の概要】 歩道上に無秩序に駐車する自転車・自動二輪車等を整序化するため、歩行者・自動車等の通行に必要な幅員を見直し、道路空間を再配分した上で、既存の道路空間を有効活用した自転車・二輪車の駐車スペースの確保・運用を試みます。 【代表事例】 東京都新宿区:道路空間の再配分による自転車等の駐車スペース確保・整序化実験

| | コメント (0) | トラックバック (0)