2011年1月 6日 (木)

[参考文献]『スポーツイベントの展開と地域社会形成―ウィンブルドン・テニスからブンデスリーガ・サッカーまで』

4829303972スポーツイベントの展開と地域社会形成―ウィンブルドン・テニスからブンデスリーガ・サッカーまで
佐伯 聰夫 鈴木 守 仲沢 真 間宮 聰夫 矢島 万沙未 佐藤 健生
不昧堂出版 2000-12

by G-Tools

スポーツと地域社会との関わりを、メガ・スポーツイベントや民族スポーツなど、いくつかの事例を挙げてまとめたもの。
なかなか良事例ばかりで、深く掘り下げた内容ばかりなのに、大判・簡易製本の研究報告書のような体裁でいて定価が高い(4500円+税)のがなんとなく残念ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

[参考文献]ブランチャードの『スポーツ人類学入門』

文化人類学としてスポーツ研究をする上で、基本中の基本書。
原著は1985年発行。日本語訳の本書は1988年初版発行。

訳者の寒川恒夫『教養としてのスポーツ人類学』も合わせて読みたい。


スポーツ人類学入門
K. ブランチャード A. チェスカ 寒川 恒夫

スポーツ人類学入門
スポーツ人類学 身体論のすすめ (京大人気講義シリーズ) スポーツ文化を学ぶ人のために
by G-Tools

4469265527教養としてのスポーツ人類学
寒川 恒夫
大修館書店 2004-07

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

[参考文献]『スポーツボランティア・ハンドブック』

スポーツボランティア・ハンドブック
日本スポーツボランティア学会

4901933191

関連商品
スポーツ・ボランティアへの招待―新しいスポーツ文化の可能性
スポビズ・ガイドブック ’08-’09―スポーツを仕事にする!スポーツを学ぶ! (2008)
スポーツマネジメント (スポーツビジネス叢書)
by G-Tools

ボランティア・ハンドブック的な本は多数あると思うのですが、スポーツ・ボランティアに特化した書籍はこの1冊だけだと思います。

しかし、How to、チェックリスト的な部分はややつっこみが甘いと感じるかも。そのあたりは、普通のボランティア系書籍でも技術を参考にして応用することができるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

[最近買った本]『エンデューロ・日高より―バイクスポーツ進化論』

4794800983エンデューロ・日高より―バイクスポーツ進化論
松本 充治
新評論 1991-08

by G-Tools

学術書ではありませんが、賞を取ったノンフィクション、ドキュメンタリー。

地域ぐるみのモータースポーツイベントを取材した貴重な記録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

[参考文献]『スポーツ・ボランティアへの招待―新しいスポーツ文化の可能性』

スポーツ・ボランティアへの招待―新しいスポーツ文化の可能性
山口 泰雄

4790710521

関連商品
スポーツボランティア・ハンドブック
スポーツ・ボランティア・データブック
ドイツにおけるスポーツクラブのマーケティング
スポーツ文化を学ぶ人のために
企業スポーツの撤退と混迷する日本のスポーツ (スポーツアドバンテージ・ブックレット 3)
by G-Tools

スポーツ・ボランティアをまとめた学術書と言えば、これしかない、というくらい、現状はまだ研究が進んでいないという状況です。

国内外の事例が多数まとめられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

[参考文献]『地域づくりとスポーツの社会学』

地域づくりとスポーツの社会学
松村 和則

4810550141

関連商品
スポーツで地域をつくる
クラブ文化が人を育てる―学校・地域を再生するスポーツクラブ論
メガ・スポーツイベントの社会学―白いスタジアムのある風景
現代スポーツのパースペクティブ
スポーツ政策の現代的課題
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

[読んでる本]観光・リゾート開発の人類学―ホスト&ゲスト論でみる地域文化の対応

4326600772観光・リゾート開発の人類学―ホスト&ゲスト論でみる地域文化の対応
バレーン・L. スミス 三村 浩史
勁草書房 1991-07

by G-Tools

【目次】
序論
第1部 観光活動と余暇生活―理論的展望
観光活動―聖なる旅行
帝国主義の一形態としての観光活動

第2部 欧米以外の社会における初期の観光活動
エスキモーの観光活動―境界人とそのミクロ・モデル群
土着の観光活動における男女の役割分担―クナ・モラ、クナ・ヤラ、および文化生存のたたかい
トンガにおける観光活動の再検討―困惑の時代は続くのか
観光活動の理論的分析を目指して―バリ島にみる経済の二元構造と文化的包摂
トラジャにおける観光活動―インドネシア・スラウェシ島)

第3部 ヨーロッパのリゾートにおける観光活動
切り売りの文化―文化の商品化としての観光活動の人類学的展望
カタロニアの保養都市にみる観光活動と観光客の見方の変化

第4部 複合社会における観光活動
ノースカロライナの3つの海岸地域における観光活動と開発
合衆国南西部インディアンの美術工芸に対する観光活動の影響
趣味と儲けのための骨董品づくり―イラン・ユダヤ商人と同宗教徒の来訪観光
ポリネシア文化センター―7つの海洋文化からなる多民族モデル)

第5部 観光活動の理論化に向けて―人類学から展望する観光活動の研究


12の事例研究論文からなる観光人類学の嚆矢の書。
1974年、アメリカ人類学会のメキシコ大会において、観光活動に関するシンポジウムが初めて開催されたことに端を欲す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

[読んでる本]「観光のまなざし」の転回

ジョン・アーリの「観光のまなざし」をもう一度咀嚼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)