« ニューヨークタイムスが想像以上に凄い件について | トップページ | 教授の有難いお言葉 »

2008年8月 3日 (日)

あまりに素晴らし過ぎるプレゼン

先日、国際スポーツ社会学会に参加してきた。

僣越ながら自分も口頭発表をしてきたのだが。

それはともかく(とか言ってる場合でもないのだが)、ほかの人の発表とかシンポジウムを聞くこともたいへん勉強になった。

最終日のシンポジウムはpublic sphereのセッションを拝聴。

1番目の研究者はハーバーマスについて語っていてちょっと眠かったのだけど、2番目に発表した研究者のプレゼンテーションが、それは素晴らしいこと、素晴らしいこと。

パワポの画像は完全にしゃべりにリンクしていて、それも思考とリンクするように練りに練ってある。
アニメもグラフも引用写真のセンスもなかなかのもの。

30秒に一回、笑いを取り、1分に1回考えさせられ、2分に一回納得してしまうような。
そんな素晴らしいプレゼンだった。

あまりにも素晴らしかったんで、彼に対していっさい質疑応答で質問が出なかったのが印象的だったのだが。

あれっ?

あまりにも素晴らしかったので何について発表されたのか、わたくし自身も忘れちゃいました。あらららら。

|

« ニューヨークタイムスが想像以上に凄い件について | トップページ | 教授の有難いお言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あまりに素晴らし過ぎるプレゼン:

« ニューヨークタイムスが想像以上に凄い件について | トップページ | 教授の有難いお言葉 »