« 学会発表原稿に苦戦 | トップページ | スクラップに便利なドットライナー »

2007年8月19日 (日)

テオドル・ベスター『築地』

買ったけどまだ読んでないとか、長過ぎてボチボチ読んでるとか、そんな本たちの備忘録。

朝日新聞の書評でも紹介された、テオドル・ベスターの『築地』。

人類学者10年かけてフィールドワークした築地の魚市場の論文、というところがツボでした。

わたしの研究しているモータースポーツとか地域イベントなどの分野とかまったく違う分野ですが、いったい10年がかりのフィールドワークをどうやって論文に落とし込むのかが一番興味があります。

まだ2章までしか突入してませんが、「過不足なく」描かれているのには舌を巻きます。人類学の論文は往々にして「饒舌」過ぎる場合が多い。あるいは「解釈論」に終始する場合もある。
全体を俯瞰した上で論を過不足なく進めている良書であります。

たとえばこんな感じ。

この市場の活動は、基本的に、現代和食文化における食べ物・調理・消費といった面を取り巻く知覚・嗜好・イデオロギーによって形作られている。生鮮食品ならではの物理的・経済的特徴を扱う時、築地はただ単に抽象的な市場原則を操っているだけではなく、自らが供給する食材の文化的意義を敏感にとらえて行為を決定しているのだ。和食文化の伝統が市場の活動を導く。と同時に、市場自体は、商品を作り、水産物を商業と料理、双方の対象へと変えていく主因となっているのである。

(テオドル・ベスター『築地』p75)

築地という土地→マン島
水産市場という場所→TTマウンテンサーキットという場所
食べ物→バイク
調理→モータースポーツ、レース
消費→観戦、観光
市場原則→商業主義的なモータースポーツ

こんなふうに置き換えて考えることができるかもしれない。


|

« 学会発表原稿に苦戦 | トップページ | スクラップに便利なドットライナー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テオドル・ベスター『築地』:

« 学会発表原稿に苦戦 | トップページ | スクラップに便利なドットライナー »