« バイクゼミナールMixi版 | トップページ | 「産む機械」というメタファーの何が問題なのか解らない »

2007年1月25日 (木)

まなざし、そして定義とは?

2007年1月11日、朝日新聞夕刊の文化欄に、修士時代にしごかれたN教授のコラムが。

N先生はかねてから「ホームレス」ではなく「野宿者」と呼ぶことにこだわっている。

先日のOゼミでも議論になった。
視点=まなざしによってことばは変格するのだと。

子育て→子育ち

教育→学び

関係ない気もするけど

不妊症→妊娠障害→チャイルドフリー


+++++閑話休題。

N教授のコラムの下に、音楽学者の谷口文和氏の談話が。

特に理系の学生は、はっきりとした定義をきくことが教わることという発想に固まっている。議論の出発点は頭を柔らかくすることです

|

« バイクゼミナールMixi版 | トップページ | 「産む機械」というメタファーの何が問題なのか解らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まなざし、そして定義とは?:

« バイクゼミナールMixi版 | トップページ | 「産む機械」というメタファーの何が問題なのか解らない »