« 奨学金のための研究計画 | トップページ | 論文書きました »

2006年10月31日 (火)

針の筵(むしろ)ゼミ

社会人大学院生として、社会学を博士後期課程で学んでいる(研究している?)私ですが。

博士後期課程1年目の今年は、文化人類学のゼミと地域社会学のゼミ、二つのゼミをとっています。

で、昨日は懸案の文化人類学ゼミだったんですが。
このゼミ、わたくし勝手に「針の筵(むしろ)ゼミ」と名付けて戦々恐々としております。
なにしろ、U教授、Y助教授、M教授、さらに退官されたS教授、ほか、現役常勤・非常勤講師さんらがなぜか一堂に会する、レヴェルの高いゼミだからです。

学生より先生の方が多いんじゃないか。

で、発表ともなると針の筵とはこういうことか、という気分にさせられるわけですが。

正直、あんまりお稽古しなかった週のピアノのレッスンのような。
行かないより顔出して怒られた方がマシ、みたいな。

幸い、わたくしの場合、U教授の1対1ゼミでじっくりご指導いただき、、もう一つ、癒されに通っているような社会学系のゼミにも所属してますので、心の均衡は保たれていたり。

大学院生のみなさまにおかれましては、コテンパンにやっつけられる系ゼミと、大丈夫だよー一緒に頑張ろうよーそういう考え方もあるけどこういう考え方もあるよーと優しく包み込んでくれるような癒され系ゼミの二つ以上、レベルや分野違いのゼミを併せて採ることをオススメします。

|

« 奨学金のための研究計画 | トップページ | 論文書きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/12503403

この記事へのトラックバック一覧です: 針の筵(むしろ)ゼミ:

« 奨学金のための研究計画 | トップページ | 論文書きました »