« 路面電車と路面店とパレード効果 | トップページ | 社会人院生の日々~時間割 »

2006年5月 3日 (水)

公と官のパラダイムシフト

「公」と書いてあっても「官」に変換するとわかり易くなる。

例)

公務員→官務員

公益→官益

公民→官民

公文書→官文書

公安委員会→官安委員会

公営→官営

公共→官共

公金→官金

公権→官権


パブリックを示す“公”なのか、パブリックを統制するガバメントを意味する“官”なのか、実際のはたらきを注意しなければならないね。

|

« 路面電車と路面店とパレード効果 | トップページ | 社会人院生の日々~時間割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公と官のパラダイムシフト:

« 路面電車と路面店とパレード効果 | トップページ | 社会人院生の日々~時間割 »