« 文化人類学テキスト『移民と宗族』 | トップページ | 欠ける思考のプロセス、他者への視点 »

2006年4月12日 (水)

そこに山があるから登る

そこに山があるから登る、と同じように、前にクルマがいるから追い越す……ということが調査でわかったという。

追い越しの心理学、または哲学、あるいは美学 2006年4月10日 「人は何故、追い越しをするのだろうか?」。追い越しをするドライバーの心理にせまる研究結果が、イスラエルのベン-グリオン(Ben-Gurion)大学によって発表された。

同大学の調査チームは、150人のドライバーに、ドライブシミュレーターで運転してもらい、その後聞き取り調査を行った。

その結果、60%を超える人が、追い越しをした理由として、「そこにクルマがあったから」、あるいは「前のクルマについていくのが嫌だったから」と答えたという。シミュレーターの結果でも、追い越しが行われたケースでは、前方のクルマのスピードが、追い越しをしたクルマのスピードと同じか、速いケースがほとんどだったという。

同大学では、「追い越しをするのは、時間と燃料の無駄。前のクルマについていっても、目的地に到着する時間はあまりかわらない」と結論づけている。

《Satoshi ANDO, European editor》(ソース:レスポンス)

日本でやっても同じ結果になるんだろうか。前にクルマがいなければ(仮想前車を)追い越す気になる、つまり加速気味で走ることはない、というわけか。

確かに、前にトラックなんかがいると「ダラダラ後ろを走ってたくない」なんて思ってしまう。

こういう研究は工学系・心理学系の調査だろうが、これを社会学で当てはめるとすると、社会集団的にとらえなければいけないのかな。

「初心者マークのクルマは追い越したくなる」
「軽自動車に乗っている若い女性は追い越したくなる」
「大型トラックは追い越したくなる」
「ナンバーの見えないダンプカーは追い越すのはやめておこう」

みたいな。乗っているクルマとかジェンダー、年齢層、ファミリーで乗り合わせているかどうか、などで態度を変えるとか。変えないとか。

|

« 文化人類学テキスト『移民と宗族』 | トップページ | 欠ける思考のプロセス、他者への視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこに山があるから登る:

» あぁ、なるほど! [スキマノアオゾラ]
小林ゆきさんのブログで読んだ内容で思ったこと。 ※参照URL http://yukky.txt-nifty.com/bikeseminar/2006/04/post_d98c.html FONT size=4 color=redBなるほど その1/B/FONT  山登りと一緒で、リスク・苦労が大きいほど、得られる達成感が大きいんだ! FONT size=4 color=redBなるほ..... [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 13:24

« 文化人類学テキスト『移民と宗族』 | トップページ | 欠ける思考のプロセス、他者への視点 »