« 関係業界団体の整理 | トップページ | 歴史社会学の実証性 »

2006年4月10日 (月)

公共という概念について

Bruinさんからさっそくレベルの高いコメントをいただきました。たいへん参考になります。ありがとうございました。

ユルゲン・ハーバーマス,1994『公共性の構造転換―市民社会の一カテゴリーについての探究』,未來社

「〈市民公共性〉というカテゴリー概念」についてのハーバーマスの代表的著作。だそうな。ハーバーマスの名前は“教科書”で見た(学んだ、とはあえて言いたくない)程度なので、ぜひ読んでみようと思います。

さっそく、大学のOPACで検索してみよう。
……あった。さすがは蔵書150万冊の大学、2冊ありました。しかし、白山は貸し出し中。朝霞に予約をしようと思ったら、初回は図書館でパスワードをもらえ、と。本日、図書館に寄ってこよっと。

参考:東京大学大学院 石田英敬 研究室 「『公共性』をめぐって」

|

« 関係業界団体の整理 | トップページ | 歴史社会学の実証性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/9519721

この記事へのトラックバック一覧です: 公共という概念について:

« 関係業界団体の整理 | トップページ | 歴史社会学の実証性 »