ETC

2014.09.03

実質0円も?! みんな、忘れてない? 二輪ETC助成はまだまだ実施中!

Etc_logo

そう言えば、ようやく二輪車ETC機器の助成が始まったにも関わらず、あんまり話題に登ってないような気がするのは気のせいでしょうか、それとも十分な助成台数と助成期間があるから、のんびりしているだけでしょうか?

思い起こせば二輪車ETCが導入される・されないの頃、よく弊ブログでETCの話題を書いていたものですから、一時はETCジャーナリストか?ってくらい、ETC関係の原稿依頼が来たものですが、時代は変わり、すっかり二輪車ETCは当たり前(?)の世界になりました。

若い世代だと、そもそも高速道路にお金を払うのがもったいないとか、高速道路を走ったことがないから怖い、という感覚が大きくて、若者の高速道路離れ()を招いているかもしれない懸念はありますけれども、交差点がない・歩行者/軽車両(自転車)/原付がいない・信号機がない・原則的に追い越し車線が確保されている・一般道に比べて速度差が少ない等々の理由で、高速道路は一般道に比べてより安全に早く移動することができる道です。

経験が少ないライダーこそ、高速道路を利用していただきたい、せっかく高速を使うなら料金所でわずらわしい思いをせずにすむETC機器を使ってみてほしいと思っております。

さて、二輪車ETCが本導入されたのは2006年11月のことでした。

それから約8年。みなさんはETC使ってますか? 我が家は、クルマとバイク合わせて3台導入しています。
これまで、ETC割引やETCマイレージの還元などを含めると、十二分に元が取れたと思います。

ORSEニュース2014年8月号12頁(pdf参照)によりますと。

Etc

二輪車のETC機器セットアップ件数は、2014年6月末現在の累計で72万1,602台とのこと。

二輪車のうち軽二輪と小型二輪の保有台数は353万5528台(2013年末、JAMA資料(国土交通省・総務省統計による))とのことですから、装着率は約20%にまで上がりました。

ただ、四輪のETC普及率は約50%、利用率は約90%ということですから、二輪車ETCはまだまだ普及の余地がありますね。

マクラが長くなってしまいましたが、ここからが本題。

先着5万台に1万5000円分キャッシュバックの二輪車ETC助成実施中!

以前、首都高さんとかがやってた二輪車ETC助成は、助成台数が少なくてあっと言う間に申込み締め切りとか、抽選とか、なかなか当たらない内容でしたが、今回は全国のNEXCOで5万台と大幅に対象台数を増やしての二輪車ETC助成です。

気になる内容は……。


続きを読む "実質0円も?! みんな、忘れてない? 二輪ETC助成はまだまだ実施中!"

| | トラックバック (0)

2011.11.25

12月1日開始:東北地方の高速道路無料措置の詳細

東日本大震災に係る東北地方の高速道路無料措置が、2012年12月1日(木)から、対象区間、対象車両、利用方法が見直しされ再開されると発表になりました。(詳細は例えば東日本高速道会社のサイトなど)

今回の措置の大きな特徴は、避難者や被災地の復旧・復興のためだけでなく、観光振興の目的も含まれます。

毎日無料区間はどの車種でも無料で利用可能。ただし、土曜日休日に適用される拡大区間はETC搭載の普通車・軽・二輪車のみ、無料で通行可能です。

一般のライダーにも関係してくる「被災地支援・観光振興のための東北地方の高速道路の無料措置」について、適用区間や利用方法は以下の通りです。詳しくは、各高速道路会社などのサイトをご参照ください。


* * * * * *

被災地支援・観光振興の利用方法など

●開始日と終了予定日

平成23年12月1日開始、平成24年3月31日までの予定

●対象車種

全車種(ETC、ETC以外)

※ただし、土曜、休日等に対象区間を拡大する観光振興の対象はETC車の「普通車」「軽自動車等(二輪車)」に限る

●対象者

要件はなし。誰でも利用可能。

●必要書面

書面は不要。

●通行方法

特別な通行方法はなし。従来通りの方法と同じ。
なお、通行料金の支払がない(0円)の場合も、ETC走行時はETCカードを車載器に挿入して料金所を通行すること。
また、ETC以外では料金所で一旦停止し、入口では通行券を受取って、出口では係員の案内に従うこと。

土曜休日の無料適用はETC車(普通・軽・二輪)のみ。

●対象区間

【毎日無料区間】

・東北道 白河~安代
・常磐道 水戸~広野
・常磐道 山元~亘理
・磐越道 いわきJCT~西会津
・山形道 村田JCT~笹谷
・仙台東部道路 全区間
・三陸道 全区間(仙塩道路、仙台松島道路)
・仙台南部道路 全区間
・仙台北部道路 全区間
・秋田道 北上JCT~湯田
・釜石道 全区間
・八戸道 全区間
・百石道路 全区間

【土日に無料になる区間】

・磐越道 西会津~新潟中央
・日本海東北道 新潟中央JCT~荒川胎内
・山形道 笹谷~月山、湯殿山~酒田みなと
・米沢南陽道路 全区間
・東北中央道 全区間
・秋田道 湯田~秋田北、昭和男鹿半島~琴丘森岳
・秋田外環状道路 全区間
・琴丘能代道路 全区間
・湯沢横手道路 全区間
・日本海東北道 岩城~河辺JCT
・東北道 安代~青森
・青森道 全区間


※休日とは、土曜日、休日、平成24年1月3日、平成24年3月19日。

※休日無料適用させるには、出入り口通過のどちらかが休日にかかっていればOKです。
(例:金曜日の夜に高速道路に上がる→無料区間を通過→土曜日に高速道路を降りる→無料区間の分だけ無料適用)


| | トラックバック (0)

2010.12.29

2010年Bike.blog人気記事ランキング

今年もあとわずかとなりました。

2010年の弊ブログの記事別アクセスを集計しランキング化してみました。

【第11位】新・高速料金制度のまとめ(2010年4月10日)

自民党政権下に作られた土日祝日高速料金上限1000円制度を民主党政権が改革するということで、なんとなく一応発表されたものをまとめた記事。
しかし、さらにまた高速料金制度を変えることになってしまったので、この記事はすでに参考にならないんですよね。

2011年に見込まれているのは、

・平日上限2000円
・土日祝日は上限1000円を維持
・結局、ETC搭載車に限る

という内容に落ち着きそうだということですが、引き続き、迷走する政府の発表を見守らないといけないかも。


【第10位】2010年9月5日サンマリノGP、モト2、富沢祥也選手(2010年9月5日)

世界選手権のレース中に悲しい事故が起こってしまいました。



【第9位】ホンダCBR250Rが発表になりましたね (2010年10月29日)

なぜ2010年のいま、単気筒フルカウルのロードスポーツモデルが発売されるに至ったのかの背景を考察した記事です。


【第8位】鈴鹿8耐速報はこちらへ→(2010年7月25日)

鈴鹿8耐関連のまとめサイトは意外とないので、リンクを貼り付けただけなんですが。

関連して、こちらの記事

「鈴鹿8耐開催中~なぜ日本ではモータースポーツの報道が少ないのか」

もよく読まれました。


【第7位】スカイダイビングの事故から学ぶ(2004年2月24日)

もう6年も前の記事なのですが、空の事故、レジャー中の事故が報道されるたびに、この記事へのアクセスが上がります。

スカイダイビングのある団体のガイドラインでは競技者自身により事故報告などをすることになっているのが、モータースポーツと違っていて興味深い部分です。



【第6位】羽田空港のバイク駐車が素晴らしい件(2008年4月28日)

これももう2年前の記事なんですが、皆さん、バイク駐車場関連の話題にはご興味があるみたいで、いまだアクセスが絶えません。


【第5位】上野バイク街の時代の終焉 (2008年4月30日)

これも、もう2年前の話題ではあります。
最近はバイク企業関連の大型(?)倒産、バイクショップの夜逃げ話などあまり聞かなくなってきましたが。


【第4位】公営とか無料のバイク練習場一覧 (2008年10月9日)

世の中には、無料で、合法的に、バイクが練習できる夢のような場所もあるんです。

【第3位】 「しもやけ」に効果絶大の意外なモノとは(2009年1月5日)

バイク乗りだけでなく、多くの皆さんの足の指を悩ませるしもやけ。意外なお薬を発見しました。


【第2位】バイク駐車場

こちらは、記事ではなくて「バイク駐車場」というカテゴリーへのアクセスです。
皆さんの切実さがアクセス数からひしひしと感じられます。


【第1位】二輪ETC無料化を検討か (2008年4月1日)

先に言っておきますけど、嘘ですからね、ウソ! エイプリルフール用のデタラメ、ウソ、嘘記事ですからね。

なんと、今年の当ブログ・アクセス数第一位は、2年前のエイプリルフール用のでっち上げ記事が獲得してしまいました。

それだけ、皆さん、二輪ETC問題には関心が深いようで。


↓こちらのランキングもどうぞよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2010.06.03

高速料金が迷走しているらしいので高速をある程度利用する人は二輪ETCを導入した方がオトクかも

もう6月ですけど、結局、新高速料金制度が決まらなかったので、どうやらしばらくは(報道によれば来年3月までらしい)上限1000円制度のままかもしれません。

もし、上限1000円制度を使って、3,4万円分以上安くなるツーリングの予定があるなら、今からでも二輪ETCの導入を考えてもいいかもしれませんね。
ひところのように、どこに行っても品薄ということもなさそうですし。

ドラぷらで料金を計算しながらツーリング計画とETC導入計画を立ててみてはいかかでしょう。

| | トラックバック (0)

2010.04.22

迷走する新高速道路料金制度

2010年4月13日 前原国交大臣発言

上限2000円、エコカーと軽自動車は上限1000円(国交省サイト)

2010年4月9日(?) AJ全国オートバイ組合連合会が国交省に要望提出

ETC付けたバイクを社会実験で無料にすることの要望を出した (ソース:レスポンス)

2010年4月21日 小沢幹事長

マニュフェストで無料化と言っていたのだから上限料金は見直せ (ソース:47ニュースなど)

2010年4月22日 前原国交相

高速新料金は見直さないよん (ソース:サンケイほか)

| | トラックバック (0)

2010.04.10

新・高速料金制度のまとめ

何が何だかわからないので、新・高速道路料金制度をまとめてながら勉強してみることに。

まずは国交省発表の大臣発言。(リンクは[こちら])

長い。要点が分かりにくい。口頭発表を書き起こしただけなので、しごくわかりにくい。

そこで。

各新聞社発表の「まとめ」ないし「Q&A」などの記事からまとめますと。

読売新聞/朝日新聞/日経新聞/毎日新聞あたりをグーグルニュース検索で調べて、バイクに関係しそうな項目をまとめてみました。

【高速道路料金制度の基本】

・平日休日の全時間帯
・一般車(現金)とETC搭載車の区別を無くす
・一般の高速道路の料金を

▽軽自動車1000円
▽普通車2000円
▽中・大型車5000円
▽特大車1万円

とする。

※本来、「軽自動車」ではなく「軽自動車等」のはずなのに……?

・実施は6月中に始めるとのこと。


【瀬戸大橋の特例】

・軽自動車2000円、普通車3000円

※フェリー会社に配慮とのこと


【首都高】

・初乗り500円。6キロごとに100円ずつ加算され、上限額を900円とする
・神奈川線料金、埼玉線料金などの圏域料金制度は廃止され、一律500~900円に。
・首都高はETC非搭載車は最低料金が一律900円なので値上げとなる


【今回の制度変更でオトクになるケース】

・ETC非搭載車は割安になるケースが増える
・首都高はETCなら距離によって割安になる場合も

・「エコカー割引」を新規導入基準は、普通車のエコカー減税対象車で、燃費値がリッターあたり20キロメートル以上走れる車


【今回の制度変更で割高になるケース】

・ETCの土日休日上限1000円だったのが、2000円などになるため割高に。が、バイクのETC搭載車は1000円→1000円なので、変わらない。
・首都高はETC非搭載車は最低料金が一律900円なので値上げ


【今回の制度変更で変わらないケース】

・大都市近郊は料金変わらず
・短距離の非ETCは料金変わらず
・中・長距離の土日休日の軽自動車等料金(二輪車含む)も上限1000円なので変わらず


【廃止になる割引等制度】

・休日割引は廃止
ETCマイレージは廃止


【継続される割引制度】

・障害者割引は継続
・本州四国連絡道路の島民対象の割引制度は継続


【無料路線について】

・6月に37路線50区間で無料化される路線があるが、あくまで社会実験なので期間限定。


※ここまですべてのマスコミで二輪車料金について言及なし。


★現時点でよく分からない点★

・「軽自動車」という料金区分車種があるのに、二輪がないので、二輪はタダ? それとも、上限1000円がない??

・上限1000円は道路会社をまたいで合算して考えるそうなので、またいでも上限1000円とか2000円とからしいですが、現金の場合は??

雑感……国交省届け値で燃費が30km/Lを上回っている二輪車は高速道路料金は無料でいいのではないか。

| | トラックバック (0)

2010.04.02

迷走する高速道路行政にバイク業界・ユーザーは今こそ怒るべきじゃないか

エコカーと軽自動車とバイクが同一料金?

はぁ?

って記事を後で書く予定。

新年度早々、お昼休みの息抜きに当ブログをご覧いただいている皆さまに知っていただきたく、先出ししときます。

以下、時事通信の記事より引用

高速道に上限料金=車種別、6月から-普通車2千円、軽千円・国交省

・首都高速と阪神高速を除く高速道路について軽自動車1000円、普通車2000円、トラックなど大型車5000円といった車種別で上限料金を設定。

・上限料金は軽、普通車、大型車、大型バスなど特大車の4車種で設定

・ハイブリッド車や電気自動車などエコカーについては軽と同じ料金

・深夜時間帯や大口利用者向けなど従来の割引はすべて廃止する方向で、トラック業界などは反発しそうだ。(2010/04/01-20:17)

暴言雑感

・軽と二輪車はETCですら見分けがつかないらしい

・軽が1000円なら二輪は500円でいいじゃん

・二輪と10人乗りハイブリッド乗用車が同じ料金?

・トラック業界だけじゃなく、二輪業界も反発しないと

| | トラックバック (0)

2009.12.17

高速道路の年末年始割引のまとめ

ETC搭載車に対する年末年始の高速道路の割引・休日上限1000円均一の日程が変更になったとお知らせがありました。

「利用の分散につながるよう、割引適用日を変更」とのこと。

以下に変更になった日程をまとめてみました。基本的に軽自動車等と普通自動車のものです。

休日特別割引とは、大都市近郊区間を除く上限1000円料金の適用日です。
なお、変更日は★印を付けました。

12月

23日(祝) 休日特別割引
24日(木) 平日割引
25日(金) 平日割引
26日(土) ★平日割引
27日(日) ★平日割引
28日(月) 平日割引
29日(火) 平日割引
30日(水) 平日割引
31日(木) 平日割引

1月

1日(祝) 休日特別割引
2日(土) 休日特別割引
3日(日) 休日特別割引
4日(月) ★休日特別割引
5日(火) ★休日特別割引
6日(水) 平日割引
7日(木) 平日割引
8日(金) 平日割引
9日(土) 休日特別割引
10日(日) 休日特別割引
11日(祝) 休日特別割引

なお、ソフトバンクの携帯電話の料金体系とともに超難解な高速道路ETC割引制度のまとめは ドラぷら あたりをご参照くださいませ。

| | トラックバック (0)

2009.04.01

ETCゲートを利用した速度取り締まり民間委託

各高速道路株式会社では、4月1日、高速道路上のETCゲートを利用した速度取り締まりを開始するとし、取り締まりは民間委託とすることを、警察庁と合意した。

警察庁では、ETCゲートの追突事故、速度超過によるハンドル操作の誤りでゲートに激突する事故が多発しているなどの各高速道路株式会社からの通報を受け、安全なETCゲート通過の方法を模索するとともに、ETCゲートを利用した速度取り締まりが行えないかどうか協議を行ってきた。

これは、違法駐車取り締まりの民間依託が取り締まり件数増加と違法駐車抑制に対して予想以上に効果を上げていることから、交通違反取り締まりに関する民間依託の範囲を広げる警察庁の意向を適用するもので、違法駐車取り締まり以外の民間依託はこのETCシステムを利用した速度取り締まりが第一号となる。


今回の合意によれば、

(1) ETCシステムを利用して、通過車両のナンバー把握通過速度の記録のデータを合算して照合できるように国土交通省と協議し、システムが出来次第、ETCシステムを利用した速度取り締まりを各高速道路会社に民間委託する

(2) 速度超過の場合、ETCの決済システムを利用して即時、反則金を引き落とせるシステムを財団法人 道路システム高度化推進機構 ORSEなどに民間依託する

(3) ETCゲート通行速度を時速30kmとする。これまでの時速20km以下の通行をお願いしていた自主規制から一歩進んで、警察による時速30kmの速度規制を敷くこととする

としている。


仮に時速80㎞でゲートを通過したとすれば、50㎞オーバーで即免停、罰金はおおよそ40万円となる見込み。

警察庁は、安全・確実に取り締まりができるとして、今回の合意を歓迎しており、各高速道路会社も取り締まりと罰則の相乗効果でETCゲートでの追突事故、激突事故を激減できると期待を寄せている。

なお、オートバイのETC非搭載車両の通過に関しても、後方からの撮影を同時に行えるETC管理機器の設置を全国的に広げ、積極的に取り締まっていく方針だという。


また、交通違反取り締まりの民間依託に関して警察庁は、比較的取り締まりをしやすい目視のみで違反を判断できる

・シートベルトやチャイルドシートの着用

・乗車用ヘルメットかどうかの確認

・ヘルメットのアゴひもを締めているかどうか

・一時停止

・自賠責保険の期限の確認

以上の交通違反について広げていきたい考え。

なお、以上のニュースは、

続きを読む "ETCゲートを利用した速度取り締まり民間委託"

| | トラックバック (1)

2009.03.20

ETC助成期間延長と助成数追加、しかしETC機器本体台数が足りない

ETCの“取り付け騒ぎ”については、新聞やテレビでも盛んに報道されてますが、全て四輪関連のもの。二輪ETCの悲惨な取り付け騒ぎに関してはほとんど報道されてませんが、二輪ETC助成と取り付けにまつわる現状として、レスポンスで報道されてました。

二輪ETCを取り巻く現状は、いくつかのブログとかミクシやなんかで、

「本体がない」
「取り付け完了の予約が月内に取れない」

などの報告が見受けられます。


ここに来て、さすがに国もマズイと思ったのか複数のニュースソースによれば、

・国土交通省と高速道路交流推進財団は、四輪車と二輪車合計で10万台と見込んでいた助成台数を計100万台にすると発表

さらに。

・金子一義国土交通相は、19日の閣議後の記者会見で、ETC助成を「4月以降も継続したい」と述べ、100万台の助成枠に達した場合でも予算を追加し来月以降も続ける方針を明らかに

とのことなので、ひとまず、今月あわてて二輪ETC機器を探しまくらなくても何とか助成を受けられそうな気がしてきました。

いや、気がしてただけだった。

二輪ETCの助成台数は5万台。(※3月31日受付分までは5万台を超えても助成申し込みを受け付けるとのこと)

JRC日本無線のプレスリリースによれば、新型のアンテナ一体型JRM-12シリーズの出荷台数を

2008年度に約2万台の出荷を見込んでいます

としています。

あれっ、なんか計算おかしくないか。

助成台数は5万台。
出荷台数は2万台。

アンテナ別体型のJRM-11の在庫が3万台あったのでしょうか。
それとも大増産体制?

ともあれ、財団法人高速道路交流推進財団では、以下のように、助成期間延長と助成台数規制撤廃(ただし月内受付まで)のお知らせを正式にいつのまにか出してました。

【助成台数】

累計台数が5万台に達するまで実施します。
平成21年3月31日(火)の受付が終了した時点で上記台数に達していない場合、平成21年4月以降に、助成台数が累計台数に達するまで、本助成を実施します。
なお、平成21年3月31日(火)の受付が終了するまでは、上記台数を超えていても本助成を実施します。 ※ 累計台数とは、平成21年3月12日(木)からの助成台数の累計を指します。



というわけなので、二輪ETCを付けたい方は、助成を諦めないで、ひとまず申し込みだけはしておきましょう、ってことみたいです。

| | トラックバック (1)

より以前の記事一覧