イベント

2020.01.06

2月15日(土) ゆきズムじゃんぼりーvol.3開催!

2020

2018年より始めました『ゆきズムじゃんぼりー』

わたしの誕生日にかこつけて、大好きなバイク・音楽・Kommonを融合させたイベントを開催しております。

第3回目となる今年のテーマは

『鈴鹿8耐 36レーシング参戦20周年!』

と題しまして、第1部バイクトークでは鈴鹿8耐のメンバーが集結してのトークショーを行います!

ゲストは──、

元世界GPライダーでK&T代表の高田孝慈さん、

そして国際ライダーで大阪国際大学教授の山口直範さんのお二人です。

また、36レーシングチーフメカで現ALTEC代表の山本幸正さん、

カメラマンとしてフォトスペースRSの石村栄治さんもいらっしゃる予定です。

 

また、第2部ゆきズムライブ♪では、ゲストボーカルとして This Timeの小森義也さんにも歌っていただきます。

 

 
開場 16:30
●第1部 トークライブ 「鈴鹿8耐36レーシング参戦20周年!」
開演 17:00~

ゲスト
K&T代表・元世界GPライダー高田孝慈さん、
大阪国際大学 教授・国際ライダー山口直範さん
18:30~19:30 (休憩・歓談タイム)

●第2部 ゆきズムmusicライブ
19:30~ (21:00終演予定)

ゲストvo.小森義也さん(This Time) &小林ゆき

 

~23時ごろまで歓談タイム
●Kommonうでわ展示販売
 
  • ※第1部と第2部の間に約1時間ほどのインターバルを設けますが、入れ替え無し、途中入退場可です。
    (公演中の出入りはご遠慮ください)
  • ※ご進物ある場合はなるべくインターバルか終演後にお渡しいただきますようお願いいたします。

●料金

①うでわ付き前売りチケット
3000円(+当日1drink)
S1924S2550 
Kommonのうでわ と手書きの紙のチケットをお送りします。
ご予約はKommonのサイトからお願いいたします。


②予約前売り
 (うでわ無し) 3000円(+1drink)
ご予約はこちらのメールアドレス、またはfacebookのイベントページ等にてお名前と連絡先、人数をお知らせください。
Mail2image
Qr_20200106033901
 
③当日 3500円 (うでわ無し、+1drink)

ご予約、当日ともに入り口入ってそのまま進みカウンターでお支払ください。

 

  • 会場の試聴室その3はライブハウスですが、カウンターバーのような雰囲気のある場所で、キャッシュオンデリバリー(飲み物やつまみはカウンターで注文し現金と交換)のス
    タイルなので、気軽に飲み喰いすることができます。
  • 小森義也&小林ゆき で展開しているアクセサリーブランド、Kommonうでわの展示販売もいたしますので、ゆったり横浜の夜を楽しみながらご参加ください。

●場所 横浜 日ノ出町 試聴室その3

横浜市中区長者町9-159 第1田浦ビル2階
*最寄駅*
京浜急行 日ノ出町駅 徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅 徒歩7分
JR京浜東北線、根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅 徒歩8分、桜木町駅 徒歩12分

Qr_233408

257_5799

(2003年、36レーシングが鈴鹿8耐に参戦した最後の年の決勝の朝)

|

2019.11.13

【イベント出演】バイクナイトエッジ11.16にてトークショー開催!

73019635_503673313548155_535000623393800

バイクナイトエッジ11.16

 

来る2019年11月16日土曜日、浜松にあるモトサービスエッジ様で毎月第3土曜日に開催されている「バイクナイトエッジ11.16」に参加いたします。

 

土曜日の夜にバイクでゆるっと集まろうというこのイベント、どなた様でもご参加いただけます。

 

今回はマン島TTレースをテーマにトークショーをやります。

 

入場無料、クルマでも駐車場がありますのでお近くの方はぜひ。

 

日時●11月16日(土)19時~21時

 

場所●モトサービスエッジ
浜松市静岡県浜松市南区卸本町82

 

 

内容●モーターサイクルジャーナリストの 小林ゆきのトークショーや Kommonうでわ の販売をします。
Motophoto/モトフォト 写真工房 刻 も久しぶりのエッジ開催につき予約受付中。
オートバイブックス さんもバイクナイトエッジに出店。秋の読書のお供にぜひ!

 

 

 

|

2019.10.30

【近々のお知らせ】11/9(土)秩父原付ツー、11/16(土)浜松バイクナイトエッジ、11/17(日)ネオパーサ清水・バイク女子部

お知らせばかりになりまして恐縮ですが……

近々の出没情報です!

 

11月9日(土) 秩父→飯能 原付ツーリング

完全にプライベートなツーリングですが、秩父市にあるバイク弁当の大滝食堂から飯能市にあるfukufuku gardenに向けて原付でツーリングをしようと思っています。

Kommonも持ち歩きますのでご興味のある方はぜひ。

11時 バイク弁当の大滝食堂でバイク弁当をテイクアウト

12時 どこかで昼食

14時 fukufuku gardenにてティータイム

15時 大滝食堂に戻る

※雨天の場合はドライブします

 

11月16日(土) 浜松・バイクナイトエッジ

毎月第3土曜日の夜に開催されているモトサービスエッジさんによるライダー向けミーティングに参加いたします。

トークショーを行うほか、Kommonも出店いたします。

バイクナイトエッジ

19時~21時 (15時ごろよりお店におります)

 

11月17日(日) バイク女子部2000人達成記念ミーティング

前回は荒天にて延期になったバイク女子部のミーティングに参加いたします。

こちらもKommonが出店しますのでぜひお立ち寄りください!

新東名・ネオパーサ清水

(一般道から進入可能)

10時~15時

入場無料

 

|

2019.09.10

【参加者募集中!】10月21日(月)は超特盛バイクスキルアップ(バイクレッスン)@秩父バイク弁当の大滝食堂へ!

来る10月21日(月)に、秩父の三峰神社の方にある バイク弁当大滝食堂様にて基礎的なスキルアップを丁寧に行う「バイクスキルアップ弁当」と名付けたバイクレッスンを開催いたします。

立ちゴケ防止から発進停止を美しく行うテクニックまで、超基本の内容で行います。
雨天の場合でも、バイクを走らせずにまたがってのレクチャーで開催いたします。

なお、参加者さんは昼食(バイク弁当)と参加賞(KommonのRide Safeうでわ)付きで、参加費は2500円です。


ぜひ、ご参加をご検討くださいませ!お待ちしております。

 

場所:バイク弁当の大滝食堂

 

日時:2019年10月21日(月)

申込み先:バイク弁当の大滝食堂  info■bikebento.jp (■をアットマークに変更してください)

スーパーチャージャー


超 特 盛
バイク スキルアップ 弁当

■ライディングスキルアップを超特盛で!

超特盛バイク〈スキルアップ〉弁当は

・バイクに乗るための準備体操
・乗りこなすための身体の動かし方
・身につけたい点検やメンテ項目
・立ちゴケしない知識とトレーニング・ブレーキ基本の「き」
・スロットル操作の知識と実技
・Uターン&コーナリング集中トレーニング

……etc. などを、二輪車安全運転特別指導員でサーキットインストラクターやバイク動画インプレッションのライダーも務めるバイクジャーナリスト・小林ゆきが、講義と実技をギュギュッと弁当箱のように詰めて、皆さんのスキルアップのお手伝いをいたします。
少人数でたっぷり質疑応答の時間も設けますので、日頃の疑問を解決してください!

雨天の場合、バイクで走行せずに室内で座学と、身体の使い方などをレクチャーいたします。

■こんな方におすすめします

・免許取り立ての初心者ライダー

・立ちゴケが心配な小柄なライダー
・久々にバイクライフを復活したリターンライダー
・体力に自信がなくなってきたシニアライダー
・上記のような初心者/リターンライダーにスキルアップの方法をどう伝えていいか悩めるベテランライダー

■スキルアップに応じて金・銀・銅のRide Safeうでわ(Kommonうでわ製)を進呈

ビーズでモールス信号に則ってRide Safeと組んであるライダーのお守り的うでわ。
バイク弁当の大滝食堂でも好評のうでわを、非売品のデザインで参加賞としてご用意しました。
ご参加1回目の方からそれぞれ銅、2回目は銀、3回目は金のRide Safeうでわを進呈いたします。

■参加車両

参加車両の条件はありません。
50ccの原付スクーターからビッグバイク、アメリカン、なんでもOKです。

■服装や装備

安全のために長袖、長ズボン、グローブ、排気量に合ったヘルメットの着用をお願いします。

■スケジュール

10:00 受付
〈一の重〉
10:30 開校式
10:40 点検、メンテ
10:50 準備体操
11:00 立ちゴケ対策スキルアップ
〈二の重〉
11:20 スロットル・スキルアップ
11:40 休憩
11:50 ブレーキ実技
12:20 休憩
12:30 Uターン&コーナリング実技
〈三の重〉
13:30 昼食(バイク弁当)いただきながら質疑応答
14:00 閉校式

●雨天の場合

10:30 受付
〈一の重〉
10:45 開校式
10:50 点検、メンテ
11:00 準備体操
11:15 立ちゴケ対策スキルアップ
〈二の重〉
11:45 コーナリング・スキルアップ(身体の使い方のレクチャーと走行しない実技)
12:15 質疑応答
〈三の重〉
12:45 昼食(バイク弁当)
13:30 閉校式

|

2019.05.04

『週刊バイクTV』に映ってました

 

ツイッターのフォロワーさんに「テレビ出てましたね!」とご指摘を受け、はてさてTV出演は最近ないよなーとか思ったら……( ̄□ ̄;)!!

 

千葉テレビの「週間バイクTV」のオープニングで、バックのにぎやかしとしてわちゃわちゃしている姿が……。

 

たまたまウエルカムライダーズおがのブースにいたときに、プラカード持って!と言われてわちゃわちゃしてたんですが、それがテレビの収録中、それもオープニングの映像に映るだなんて思ってなくて、お恥ずかしい姿を晒してしまいました。
末飛登さんあやみんこと岸田彩美ちゃん、たいへん失礼いたしました!

 

残念ながらわたしの住む横浜では千葉テレビを見ることができないので残念、と思っていたら、いまは公式でYoutube動画を見ることができるようになっていますので、みなさんぜひ貴重なバイク番組「週間バイクTV」をご覧くださいませ!

 

 

|

2019.02.05

2019年小林ゆきスケジュールです

2019年、小林ゆきが関係するイベント、出没するイベント等をお知らせいたします。

これ以外の日程でしたら取材・イベント出演・講演・講習会等々参加できますので、お気軽にお声をおかけくださいませ!

2月16日(土) 『ゆきズムじゃんぼりーVol.2
横浜日ノ出町・試聴室その3

2月27日(水) 「モータースポーツ技術と文化」シンポジウム

3月2日(土) SPA西浦二輪スクール

3月22日(金)~ 東京モーターサイクルショー (ビッグサイト)

3月ごろまで マン島TT写真展 (埼玉県小鹿野町モトグリーンカフェ)

4月6日(土)神奈川県警二輪車安全運転講習会(二俣川)

4月13日(土)グッドライダーミーティング(二俣川運転免許試験場)

4月27日(土)神奈川県警二輪車安全運転講習会(二俣川)

5月22日~24日 自動車技術会 春季大会

5月25日~6月上旬 マン島TTレース

7月13日(土)神奈川県警二輪車安全運転講習会(二俣川)

7月15日(月・祝)グッドライダーミーティング(厚木中央自動車学校)

9月 イタリア・パドヴァ大学

9月25~27日 モーターサイクル基礎講座

10月6日 おがのライダー宿(10周年記念)

10月9日(水)~11日(金) JSAE秋季大会(仙台国際センター)

10月14日(月・祝)グッドライダーミーティング(厚木中央自動車学校)

11月9日(土)10日(日) DE耐(ツインリンクもてぎ)

11月19日(火)~21日 SETC(広島国際会議場)

11月30日(土)神奈川県警二輪車安全運転講習会(二俣川)

12月21日(土)神奈川県警二輪車安全運転講習会(二俣川)

| | トラックバック (0)

2019.02.04

2月16日(土)ゆきズムじゃんぼりーvol.2 開催します!!

2

2月16日(土)、わたしの誕生日にかこつけて、

またまた『ゆきズムじゃんぼりー』を開催いたします!!

バイクのシーズンオフにまったりと集い、バイクについて語り、音楽のひとときをお過ごしください。

Kommonうでわも展示します◎

SumishosCafeもやってくる!!

Sndf_1712


   今年は原点回帰ということで、

原付
原付ツーリング

北海道ツーリング
について語ります。

せっかくなので、原付ツーリングにはまっているにゃんばちゃんこと難波祐香ちゃんをゲストにお招きしました!


S20190203194342


    また、わたしが持っている50ccはスズキのミニタンですので、


スズキ
についても語りたい!

そのためのシークレットゲストをお招きしております。


どうぞ、お楽しみに!!



Simg_0737





第2部
はmusicライブ、やっちゃいます♪



わたくし小林ゆきがピアノを弾き、歌います。



Sndf_1770





    そしてゲストミュージシャンとして



This Time小森義也さんをお招きしております!










場所は今回もディープな横浜、


伊勢佐木町の外れ、


日ノ出町に近い『試聴室その3』。


たどり着くまでが冒険かも。




皆さま、ぜひともご予約のうえお越しくださいませ!!


ゆきズムじゃんぼりーvol.2



2019年2月16日(土) 開場 16:30  / 開演 17:00



場所:  試聴室その3



※非常にわかりにくい場所にあります。

看板はありません。

小さな階段にある「3」のランプが目印です。



料金
:予約 1,800円 / 当日 2,000円(ともに+1drink~)

※ご予約は、試聴室その3の予約フォーム

またはゆきズムじゃんぼりーイベントページ(facebook)から

お名前・人数をお知らせください。

※料金は当日、カウンターにてお支払いください。



【schedule】


   17:00 第1部 バイクトーク

   ゲスト・にゃんばちゃんこと難波祐香さん&シークレットゲスト

  19:30 第2部 musicライブ

   ゲストvo. 小森義也(This Time)



※入れ替えなし2部制です。

18:30~19:30のインターバルも会場内にお入りいただけます。

21:00~last(だいたい23:00ごろ) ゆるっと懇親





それでは、みなさまにお会いできることを楽しみにしております!!

| | トラックバック (0)

2019.01.14

なぜSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)が盛り上がっているのか?

わたし自身はまだ参加したことがないのですが、ここ数年、とくに昨年はツイッターをはじめSNSや、実際のライダー同士の会話で

“SSTR(エスエスティーアール”

という言葉を見聞きすることが何度もあり、その盛り上がりを感じていました。
昨年は参加費1万円するイベントにも関わらず、3000人以上の参加があったということです。

SSTRサンライズ・サンセット・ツーリング・ラリーとは、公式サイトによれば

SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)は、世界的なオートバイ冒険家・風間深志が発案した、オートバイによる独走的なツーリングイベントです。

基本ルールは、日の出とともに自身で定めた日本列島の東海岸からスタートし、日没までに日本海の千里浜にゴールするという単純明快なもの。

「Chasing the Sun」(太陽を追い駆けろ)をテーマに掲げ、東の海に昇る朝日ととともにスタートし、太陽を追い駆けながら日本列島を横断し、石川県の千里浜にて西の海に沈む夕日を見送るという、かつてない壮大なスケールのアドベンチャーラリーです。

優劣をつけるものではなく、それぞれのライダーが自身の旅のテーマに沿い、無事にゴールゲートを通過し、全国から集ったライダー同士で交流を深める事を主な目的とした自己完結型のラリーです。

とのこと。
なるほど、「ラリー」の本来の意味である“集う”という意味でのラリーというわけです。

Sdsc_7229

ところで、先日、facebook上でつながるグループ「バイク女子部」の新年会に行ってきました。

そこでも「SSTRに出たい人、情報交換しましょう!」という自己紹介をされる方がいらっしゃいましたので、なぜSSTRが盛り上がっているのか? その理由を探るべく、あれこれお話しをうかがってみました。

彼女らが目をキラッキラさせて語ったところによると──。

・SSTRは日の出から日の入りまでに日本海の千里浜でゴールするツーリングラリーである

・ルートは自分で設定できる。ルートを考えるのもまた楽しい

・ただし、チェックポイントがある

・重要なチェックポイントもあるが、全部を回る必要はない

・参加者は同じステッカーを貼っているので判別できる

・走っていると、参加者同士という連帯感を感じ、挨拶したりするのが良い!

・宿を取るのが困難なほど、何千台も集まるイベントになっている

・エントリーは全員できるわけではない(そのため、日程発表日やエントリー開始日などが徐々に発表される)

・参加者にはゼッケンナンバーが配布される。ナンバーが若いほど良い、とされる

・千里浜はしまった砂浜の有料道路だが、他にはないシチュエーションなので特別感がある

・とくに、ゴール間際に上り坂やクランクがあって運転困難だが無事通過できると達成感がある

・ゴール間際は参加バイクの大渋滞となるが、それはそれで壮大な風景で印象深い


さて。
なぜSSTRがこんなに盛り上がっているのか、文化人類学をかじったわたしとしては、伝統となった都市祭礼になぞらえてちょっと考察してみようかなと。

都市の祭礼を研究してきた米山俊直によれば、祭礼には五つの要素があるとし(1986 米山 p204)、次の項目を挙げています。

①決まった時と場所

②シンボル

③変貌した空間

④祭壇と儀式

⑤参加者

これにSSTRを当てはめると──。

①決まった時と場所

日程はだいたい同じ時期に決まっている。

時間は「日の出&日没」と決まっている。

場所も千里浜と決まっている。

②シンボル

完走すると「完走記録証」がもらえるそうですが、一番のシンボルは冒険家・風間深志さんの存在ではないでしょうか。
南極などをバイクで走破した風間さんを頂点として、誰もが自分なりの冒険にチャレンジできる……そんなスピリッツを感じさせるイベントです。

③変貌した空間

オートバイで走る道路は通常、舗装路なわけですが、SSTRのゴールは砂浜になっている千里浜。参加者にとってのバイク的日常空間が、砂浜によって非日常を体験できるんですね。

そして、何百台、何千台ものオートバイが一堂に会すことも日常ではなく、SSTR開催時の千里浜は見事に変貌するというわけです。

④祭壇と儀式

ゴールの場所そのものが祭壇的と言っていいかもしれません。

そこに至る砂浜走行はライダーにとってある種の儀式的……と言ったら言い過ぎでしょうか。

⑤参加者

祭祀の場合、参加者は祀るもの・祀られるもの、とされますが、都市祝祭の場合、あるいは広義に地域イベントと考えると、参加者は地元住民と主催者とイベント参加者、ということになるかと思います。
SSTRの場合、後援リストには地元市町と観光協会などの名前が並び、地域ぐるみでこのイベントを応援していることが分かります。

伝統行事が持続的に行われるようになるかどうかは“変化”というファクターが重要だと言ったのは確か米山だったかと。例えば、祇園祭りではオランダからの金襴緞子を取り入れるなど、新しいものを取り入れることでマンネリを防いだり。
また、これは祇園祭に限らず全国の祭りでよく行われていますが、神輿などは氏子単位で持ち回り制度にするなどして、新風を吹き込むと同時に伝承していく役割も果たします。
SSTRにそういった仕掛けがあるのかどうかわかりませんが、タンデム参加や親子参加も受け入れていることで、そのような流れになっていくのかもしれません。


* * * * *

いろいろと書きましたが、スマートフォンの普及と、SSTRがチェックポイントのチェックに使うスマホアプリの使い勝手の良さ、安定性も、急激な参加者増につながったのではないかと思います。

フォトコンテストも開催することで、ツーリング×スマホで情報発信という相乗効果が生まれたのではないかと。

正直、「紙のバイク雑誌+ガラケー」時代では、短期間にここまで参加者が増えることはなかった気もいたします。

もっとも、草千里という事例もあるわけですが、あちらは10年という年月をかけて口コミで拡がった結果であり。

なんにせよ、宣伝は大切ですねぇ。

新年会という場で、ほんの数人にほんの少しの時間、SSTRについてお話しを伺いましたが、さらっと聞いただけでもバイクイベント成功への鍵があるのではないかと感じました。

バイクで町おこしの先駆者、ウエルカムライダーズおがのを行っている埼玉県小鹿野町の皆さまも、祭礼の五つの要素をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ウエルカムライダーズおがののメインイベント、「いちにちライダー宿」は10月6日(日)に開催が決定したそうです。

今年のSSTR、残念ながら5月末の日程は必ずマン島TTレースにかぶるのでわたしは参加できませんが、皆さま、熾烈なエントリー確保ができた暁には、ぜひ安全に楽しんでくださいませ。


(参考)SSTR昨年の参加者データ

| | トラックバック (0)

2018.10.16

第9回おがのライダー宿ありがとうございました&埼玉新聞にて美乗コンが紹介されました

20181014


(写真は2018年10月17日付け埼玉新聞(LINE NEWS経由)より)

去る10月14日(日)、恒例の第9回おがのライダー宿が開催され、わたしは

・美・乗・コン(びじょこん)=女性向け二輪レッスンのインストラクター

・メイン会場でのトークショー

にて参加いたしました。

このイベント、もともと女性ライダーにもたくさん訪れていただきたいということで、“レディースライダー宿”という名前で始まったのですが、現在では全てのライダーをウエルカムということで名称が変更され、開催されています。

わたしはいわゆる“女性ライダー”という枠での活動はあまりしてこなかったのですが、小鹿野のイベントのおかげで、バイク業界で活躍するたくさんの女性ライダーの方々とお知り合いになれまして、活動の幅が広がりました。

本田恵子さん
多聞恵美さん
柴田奈緒美さん
難波祐香さん
古澤恵さん
下川原利紗さん
大関さおりさん

あ、あと山口良一さん、そして末飛登さんも!

自分以外全員美しくてキラキラしててもう圧倒されっぱなしですけれども、いつも元気をいただいております(^^)

さて。

数年前にイベントに加わった「美・乗・コン」。
バイクの上手さではなく、いかに美しくかっこよく乗るか、をテーマに、女性ライダーのみのライディングレッスンとして開講しております。

小鹿野町では、この美乗コン以外に、毎月、ライディングレッスンを開催しているのですが、これ、警察署主催とか、二普協主催でもなんでもなく、NPO「ウエルカムライダーズおがの」と有志ボランティアによるイベントです。

地元小鹿野町の皆さんが場所の調整や整備などを行い、小鹿野を愛する主に町外のベテランライダー(安全運転指導員資格ある方ばかり)が遠方からも集まり、文字通り手弁当で何年も開催されております。

次回は10月28日(日)バイクの森駐車場にて開催で、ただいま参加者募集中とのこと。

このように、ほんとうに地道ではありますが、小鹿野町の「バイクで町おこし」の活動は行政主体ではなく地元バイク愛好家と小鹿野を愛する町外の愛好家の皆さんによって続いております。

イベントに比べて毎月開催しているライディングレッスンは、地元の方々にあまり認知されていない気がしますので、このような社会貢献活動をもっと町の人びとに知ってほしいなと願っている今日この頃。

来年はライダー宿10周年ですので、きっと、さらなる賑わいをみせることでしょう。


あ、告知が足りてませんが、12月末ごろまで、小鹿野町にあるモトグリーンカフェ さんにて、小林ゆきマン島写真展を開催中です!

営業日・営業時間はお問い合わせください。10月中は木曜日と金曜日が定休日です。

| | トラックバック (0)

2018.10.12

【お知らせ】10月12日(土)は代官山T-SITEでFREE[ER] WEEKEND開催! ニコラス・ペタス スペシャルトークショーに出演します

Nicholas_pettas_2

直前のお知らせになってしまい恐縮です。

明日、2018年10月13日(土)に代官山T-SITEにて開催されるハーレー・ダビッドソン・プレゼンツ FREE[ER] WEEKENDにて、格闘家のニコラス・ペタスさん、レーシングアナウンサーMC恩田さんとのトークショーにわたくし小林ゆきも出演いたします。
入場無料ですので、皆さま、ぜひトークショーとニューモデルのFXDR™ 114を見に代官山に遊びに来てくださいね!
また、10月13日(土)と10月14日(日)の夕方からはLIVE SHOWCASEが開催されます。
いま注目のアーティスト、Azumi 、高岩遼、Rei、Kan Sano、The Man Rayの皆さんのライブもぜひ見に来てくださいね!
こちらも入場無料、当日整理券配布となっております。

SPECIAL TALK SHOW

2018.10.13(土) 13:00 〜

代官山T-SITE GARDEN GALLERY

ハーレーダビッドソンの2019年ニューモデルとしてデビューしたFXDR™ 114。アメリカのモータースポーツ「ドラッグレース」のDNAを受け継ぐこのハーレーダビッドソンをテーマに、日本のドラッグレースへの参戦経験を持つ格闘家ニコラス・ペタスさんをゲストに招き、FXDR™ 114の真髄を余すところなく語っていただきます。ハーレーダビッドソンFLTRを長らく乗り続けるレースアナウンサー恩田浩彦さんとモーターサイクルジャーナリスト小林ゆきさんによるハーレーダビッドソンの魅力満載なスペシャルトーク、ぜひご堪能ください!

ニコラス・ぺタス Nicholas Pettas

デンマーク出身の格闘家で、『青い目のサムライ』と称される。少年の頃から空手の稽古に勤しみ、17歳のときに単身来日し極真会館に入門。メジャー格闘技大会「K-1」を中心にさまざまな格闘技大会に出場、2001年K-1日本グランプリでは見事に優勝をはたす。現在は有名人も数多く通いメディアに注目されている「Reebok CrossFit Heart & Beauty」西麻布のオーナー兼マスタートレーナーでもあり、タレント、俳優として、数多くのTV、映画、舞台、ラジオ、講演会など、幅広く活躍している。

LIVE SHOWCASE スケジュール

10/13[Sat]

17:30〜 整理券配布

18:00〜 会場OPEN

-ライブスタート-

18:30〜 高岩 遼

19:15〜 Azumi

10/14[Sun]

16:00〜 整理券配布

16:30〜 会場OPEN

-ライブスタート-

17:00〜 The ManRay

17:45〜 Rei

18:30〜 Kan Sano (acoustic set)

注意事項:

※ライブスタート1時間前から入場整理券を配布します。

※タイムテーブルの時間が前後する場合がございます。ご了承ください。

※ライブ出演アーティストの録音・録画はご遠慮願います。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧