ツーリング

2017.09.30

明日10月1日はおがのライダー宿!!

22181164_1610098552397880_662903025

告知遅くなってすみません!!

いよいよ明日、恒例の埼玉県小鹿野町(おがの・まち)で開催される『おがのライダー宿』に参加いたします!!


【豪華ゲスト陣!!】


今年のゲストは、わたくし小林ゆきほか、メインMCに声優で元ヤマハワークスライダーの難波恭司さんの娘・にゃんばちゃんこと難波祐香ちゃん、さらにはタレントやモデルの古澤恵さん、延時成実さん、下川原利紗さんと豪華なゲスト陣でございます。

この「おがのライダー宿」は、バイクで町おこしの草分けである小鹿野町(まち)がその活動のメインイベントとして行なっているもので、今年で第8回目となります。

わたしは第一回目から欠かさず皆勤で参加しておりまして、小鹿野町やバイクでまちおこし「ウエルカムライダーズおがの」の活動変遷をつぶさにみてきておりますよ。


【女性ライダー向けライディングスクール『美・乗・コン』】

今年のイベントでは、午前中に『美・乗・コン』(ビジョコン)と称した、美しくバイクに乗るコンテストと称したライディングスクールを、旧バイクの森の駐車場で開催。
二輪車安全運転指導員の資格を持っているわたしも、インストラクターとして参加します。

また、メイン会場は昨年とちょっと違う場所ですが、今年も小鹿野町のメインストリートとなります。

特設メインステージでは、わたくし小林ゆきとにゃんばちゃんのトークショー、また“biko”(バイコ)さんたちのトークショーが行なわれます。

13時過ぎからステージイベントがありますのでぜひメイン会場に集合してくださいませ。

それ以外の時間は、ぜひ小鹿野町の散策へ!
「昭和」が色濃く残るすてきな町です。


昭和の景色が残る埼玉県小鹿野町を愉しむ


【地元特産品の出店&Kommon出店します】


会場では、地元特産品などの出店もあります。

わたくし小林ゆきがプロデュースしているアクセサリーブランドのKommonも出店いたします。
Kommonでは、モールス信号で“RIDE SAFE”と組み上げたビーズのブレスレット、ライドセイフシリーズを出品。いろんなメーカーカラーを取り揃えております。

Bikebento

ライダーのお守り的うでわRIDE SAFEシリーズは、バイク弁当の大滝食堂さんでも発売中です。photo by Yokotaさん

Sr5b7974

RIDE SAFEシリーズは各メーカーカラーなどさまざまなカラーがあります。

C3837


Img_3797

Kommonではウエルカムライダーズうでわ、小鹿野にいたというパレオパラドキシアをモチーフにしたうでわも作ってみました!

| | トラックバック (0)

2017.07.15

電池が切れても、電波が届かなくても。紙の地図、ツーリングマップルは必携ですよね

2年ぶりに北海道ツーリングに行くことにしました。

今回は、いままでやったことのない体験をしようと思い、このために原付バイクを入手いたしました。
原付は原付でも、49cc、原付1種のモデルです。

しかも旧車。

16歳で原付の免許、18歳で二輪の免許を取っていらい、さまざまなバイクを所有してきましたが、1種原付を所有するのは初めてでして。
長い期間、距離を原付で走るのも、仕事以外では初めてです。

そんな苦行(?)が出来るのも若いうち(←若くないけど)かと思い、30キロ縛り、二段階右折の乗物にチャレンジしてみることにしました。

はてさて、どうなることやら。


ところで、2年前のGPz900Rタンデムツーリングのときに、(ラジオ番組「ばいく~んGoGo!」アーカイブはこちら)古いツーリングマップルを持って走ったらエライ目に遭いました。

というのも、野天風呂にあちこち行ってみたんですが、10年前の地図を頼りに徒歩30分くらいかかる野天の天然温泉に行ってみたところ、すでに源泉が枯れていて廃止になっていたのです……。
もちろん、ネットでも調べてったんですが、最新情報がどれかまではチェックが行き届かず。

夕暮れのなか、鹿やキツネの姿も見れて幻想的な風景を堪能できたからよかったのですが、情報は新しくないとなー……と痛感していたところ!!

Simg_7735

ツーリングマップル北海道編を長年担当している小原信好さんに偶然遭遇!!

それらしきワンボックス、そして岩手ナンバーなのを見てもしやと思ったのですが。
小原さんも、青いニンジャだし、横浜ナンバーなのでもしや! と思ってお互い探しておりました。

小原さんとは、実はわたしが北海道1か月キャンプツーリングをするなど職業旅人(?)みたいなことをしてたときに、今は無き美瑛の「かしわ園」という伝説の無料キャンプ場 私設公園に沈没していたときに出会ったキャンパー仲間なんです。

自分は「小僧」、小原さんは「○-○○(表記自粛)」というキャンパーネームで呼び合っていたので、「小原」という苗字が「オバラ」と読むの、ごめんなさい、このとき初めて自覚しました(^^;

お互い、あのときはバイク業界ではシロウトでしたが、自分はバイク雑誌の編集者からフリーランスへ、小原さんはカメラマンとなり、業界のあっちとこっちで活動してお互いを認識していましたが、がっつりお話したのは実に20数年ぶりだったのでした。

Simg_7734


「情報は新しくないと!」

「最新版の地図に更新してください!!」

「なんだかんだいって、紙の地図は便利!!!」


……噛みしめております。


そんな小原さん、今年も北海道の写真展を開催されます。

小原信好写真展Vol.15 Hokkaider8

今年で6回目となる音威子府村筬島地区にある「砂澤ビッキ記念館」での写真展。
http://bikkyatelier3more.wixsite.com/atelier3more
(ツーリングマップル北海道54J-3)

■7月22日(土)〜8月20日(日)
■9:30〜16:30
■月曜日休館(祝日の場合翌日)
*最終日は15時より展示撤収
■入館料200円

「Hokkaider8」に掲載されている写真からセレクトして展示。
恒例の旅人写真の展示もあって、映っている本人のみ、剥がして持ち帰り可能!
*友人の写真の持ち帰りは不可です。ご了承ください。

Hokkaiderのグッズ販売をしています!
ほとんどのHokkaiderグッズのラインナップが揃っています!
北海道の旅のお土産にどうぞ!

小原信好本人が確実に会場にいるのは、初日7月22日、8月4〜6日(天気良好の場合は撮影に出ています)、最終日8月20日です。
最終日は撤収のため展示は15時まで

こうして毎年、アウトプットも精力的に行なっているご様子、刺激になります!
自分もいい加減、撮り貯めたマン島の写真を発表せねば。写真展、写真集、エッセイ集、なんとか形にしなければと思っております。

| | トラックバック (0)

2017.06.07

2017年マン島TTレース短観

Simg_0061

マン島に通い始めて21年目、20回目のTT、24回目のマン島に滞在しております。

2000年から同じ家にホームステイしておりますが、今年もまた家族の状況が変わっていまして。
奥さんの仕事が変わったり、そのパートナーが早期リタイヤ、長男カップルが破局、次男は彼女と同棲、飼い犬が亡くなり3代目の犬が家族に……などなど。
もはや、親戚関係のようなもので。

年に一度しか来ませんが、年に一度だからこそ変化を感じ取れることもあります。

今年感じたことを短くまとめますと。

・ヨーロッパ大陸、特にフランスからのバイクのツーリストが増えた
(スーパースポーツブーム?あるいはTV番組放映の影響でTT人気が上昇?)

・スーパーカブなどちょっと古い小さいバイクのカスタムが一大ブーム

・エンデューロ系人気もかなり高い

・ハーレーが増えた

・ヴィンテージバイク系は激減
(所有者の高齢化と、TTからクラシックバイク系をマンクスグランプリに移動させたことにより分散されたのかも)


TTレースの方も世代交代が一段と進みました。

とまれ、明日はTT Zero決勝レースです。
チーム無限をどうぞ応援よろしくお願いいたします。

TTレースのレポートがBBBにて掲載中です!

| | トラックバック (0)

2017.05.29

「第3回レディスフォーラムinおがの」に参加してきました

Dsc_0321

今年で三回目となる「レディスフォーラムinおがの」に参加してきました。

このイベントは、単に女性ライダーが集うというだけでなく、よりよいバイクライフを語り合い、それを実際に関係省庁、団体などに働きかけていこうというイベントです。

場所は、バイクによる町おこしを実施している埼玉県小鹿野町(おがのまち)。
「ウエルカムライダーズおがの」の全面協力のもと、開催されました。

当日の模様は、秩父新報で詳しく掲載されておりますので、リンク先をご覧ください。

わたしも取材していただきました。
素敵な写真をありがとうございました!


……さて、今年もワールドカフェスタイルのディスカッションテーブルでモデレーターを務めまして、たくさんの女性ライダーの皆さんとお話しすることができました。
このようなイベントなどで痛感するのは、バイク界は当事者はいても専門家が少ない、ということです。
ジャーナリストも万能ではなく、それぞれ得意分野がありまして。
今回、安全に関する法などについてのテーブルでディスカッションしたのですが、課題抽出には法律の専門家の力が必要ですし、それを解決していくためには行政問題に長けた方の力が必要だなと感じました。
もちろん現場の声は一番大事なのですが、それを現場のなかだけでディスカッションしているだけでは、なかなか前に進めないわけで。
こんなとき、専門家の助言があればなあと強く思ったのでした。


もう一つ感じたのは、イベントの成否をどう勘案するかということです。
動員数は他のイベントに比べると少ない印象ですが、女性ライダーが一堂にこれだけの人数集まったと思えば、なかなかの動員だと思います。

以前、ホールに500人ほど集まるシンポジウムにパネリストとして登壇したことがありますが、そこで交わされたディスカッションからは何も進展がなかったことを考えると、小鹿野で3回目を数えるレディスフォーラムの方が、継続的だし、ある程度の進展がみられるので、動員はともかく成功していると考えていいのではないかと。

とまれ、今後も一般社団法人日本二輪車文化協会の活動に協力していく所存ですので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

福山理子ちゃんとか、川崎由美子さんも来てたのに、写真撮り損ねました。

元ツインリンクもてきエンジェルでタレントの(って肩書でいいのかな?)岸田彩美ちゃん、声優の難波祐香ちゃんと写真を撮りました。

「二人とも一歩前へ!」って言ったら素直に前に出てくれたんですが、遠近法で顔がちっちゃく見えるようにするためハメたんだぜい。

_20170521_183749


| | トラックバック (0)

2017.05.18

今度の日曜日、5月21日(日)は埼玉県小鹿野町のレディスライダーフォーラムに参加します

15267564_1112477898866688_275225575

第一回、第2回と参加してきました『レディスライダーフォーラムin小鹿野』に今年も参加いたします。

イベントのお手伝いのほか、“ワールドカフェスタイル”のディスカッションのモデレーターを務めます。

ぜひ、女性ライダーのみなさん、バイクのこと意見交換しませんか。

なお、男性ライダーももちろん参加歓迎です。

名称:第3回レディスライダーフォーラムin小鹿野

日時:2017年5月21日(日曜日) 12:00~15:00  (Open 10:00  Close 16:30)

目的:女性ライダーを増やし業界活性化
   女性ライダーが考える安全に対する意見交換、 オートバイによる地域活性化、  女性ライダーの意見を国に届け、オートバイ環境の改善

内容:ワールドカフェスタイルのディスカッション(全員参加)   (議事進行はレディス部会メンバー)

   小鹿野町出し物

   仲間を増やす為のフリータイム

   出展企業による安全に対するレクチャー

   小鹿野グルメを楽しむ 

進行役:山中君子部会長 川崎由美子副部会長、 柴田奈緒美・小林ゆき・井形とも、 宮崎富恵・若山千春(他・・・予定を含む)  

主催:一般社団法人日本二輪車文化協会
   〒107-0052 東京都港区赤坂2-19-5-2F (JIMA内)
         代表理事 (会長)吉田純一

会場:小鹿野町観光交流館『本陣』
   〒368-0105 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野314番地

協力:全国オートバイ協同組合連合会(AJ)・埼玉AJ
   東京AJ・千葉AJ・一社)JIMA
   レディスバイク編集部・ガールズバイカー編集部
   ベターライフ出版・バイクブロス編集部
   西秩父商工会・ウェルカムライダーおがの
   埼玉県小鹿野町・・・(他・予定を含む)

入場無料

14955984_1112477902200021_262300344


| | トラックバック (0)

2017.04.13

【お知らせ】4月30日(日)NEOPASA清水で開催されるLady Go Moto!に参加します

17916172_1298628220217755_167453745

昨年も参加しましたフェイスブック上の女性ライダーのサークル、バイク女子部のイベント『Lady Go Moto!』に参加いたします。

お気軽にお声をおかけくださいませ!

以下、バイク女子部のイベントページから転載です。

バイク女子による、バイク女子のためのミーティングです。昨年、4月30日、NEOPASA 清水 「ぷらっとパーク」で開催した「バイク女子部×レンタル819」のミーティングには約100名の女性ライダーにお集りいただきました。

そして、今年も昨年同様、ミーティングを開催します!イベント名は名前も新たに「Lady Go Moto!」。オートバイを楽しもう、女性パワーでバイクを盛り上げたい、オートバイを始めよう、という意味合いも込めています。

ミーティングの詳細については、決まり次第順次発表いたしますが、トークショー、バイク関連の出店、プレゼント大会など、みなさんに楽しんでいただける企画を考案中です。どうぞお楽しみに!

【イベント名:Lady Go Moto!

日時:4月30日(日)10:00〜14:00(予定)

場所:NEOPASA 清水 「ぷらっとパーク」

【イベント内容】

●岡崎静香選手トーク(全日本ロードレース選手権などに参戦)
●「ベストドレッサー」「ベストバイク」 コンテスト

【出店、協賛企業】

出店
KTMジャパン 様
レンタル819 様
Motorimoda 様
デイトナ 様

協賛
TTPL OFFICE 様
オージーケーカブト 様
Girls Biker 様
KUSHITANI Cafe 様
ヴィプロス 様

Simg_1916


| | トラックバック (0)

2017.04.04

ニンジャの調子が整わず、京都にたどり着けませんでした……

17425094_1637565409592474_536159672

前々から誘われていた京都での集まりでしたので、宿泊を伴う遠出ならニンジャ! (GPz900R)と思い、2月ごろからメンテナンスを進めていました。

正確に言うと、一昨年からなんとなくオカシイな?という症状があったので、去年から換えた方がいいパーツは新品に取り替え、あれこれメンテナンスもして万全かと思われたのですが……。

結論から言うと、浜松手前で京都行きを断念しました(涙)。

簡単に言うと、“リザーブに入るのが異常に早い”。

症状からすると、電装でもなく、エンジン内部も違うかもという感じ。
なにしろ、数千キロ走ってて症状は出るのに復活する、を繰り返しておりまして、いざバイク屋さんに預けても症状が再現されないというのがやっかいなところ。

でも、約24万km同じ車両に乗り続けているので、本調子でないというのはイヤ~な感じ。

けっこう山奥に行く予定でしたので、悩んだ末、浜松手前で引き返すことにしました。

雨の中、往復約450km走っただけの飲まず喰わずのツーリングというか走行というか苦行と言おうか。

どっか途中で美味しいものでも食べてくればよかったのかもしれないんですが、バイクの調子が悪いとそんな気分にもならず。

家で体重測ったら2kg減ってました。
DE耐が控えてますので、よいダイエットになりました(苦笑)。

というわけで、夕飯は手土産に買っていた横浜名物崎陽軒のシウマイとあいなりました。


17426092_1637565396259142_902378620

大きな箱を二つ買ってあったので、今日もシウマイ、明日もシウマイ♪ です(苦笑)

| | トラックバック (0)

ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!『Vol.241 良かった♪東京モーターサイクルショー』編が公開されました

ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!、『Vol.241 良かった♪東京モーターサイクルショー』編が公開されました。

今年の東京モーターサイクルショーの統括をしておりますので、ぜひお聴きくださいませ。


※ネットラジオ&ポッドキャストの聴き方はカンタンです!

ラジコやらじるらじると違って、放送時間が決まっているラジオ放送ではないので、好きなときに番組を聴くことができます。

ネットラジオならPCかスマホでいつでもオンデマンドで聴くことができます
番組ブログの「PLAY NOW!! 今すぐ聞く」のアイコンをクリックしてください。

また、ばいく~んGoGo!はポッドキャストとしてiTunesでも配信中!

●ポッドキャストはiTunesというアプリでデータをダウンロードしたり、自動配信を受けるシステムで、iPhoneでもアンドロイドでもPCでも、iTunesアプリを使うことができます。
ぜひダウンロードしてPodcastのデータにアクセスしてみてください。

ポッドキャストならデータを持ち歩くことができるので、いつでもどこでも回線がつながっていなくても聞くことができます
新しい番組が配信されると自動的に配信される仕組みもありますので、聞き逃しのないよう、ぜひご登録を。



さて、今回の番組では今年の東京モーターサイクルショーの統括をしているんですけれども、端的に言って、

・事前の盛り上がりがすごかった!

・大阪モーターサイクルショーと東京モーターサイクルショーが良きライバルになってきた!

・事前の盛り上がりだけでなく、開催時の盛り上がりは半端じゃなかった!

(実際、来場者数は日によって前年度比+128%! 日曜日は雨だったため減ったものの、全体として1割以上も増えた!)

・モータースポーツ関係の「ひと・もの・こと」がショーに融合していた!

などなど、ターニングポイントになったのでは?と思える良きショーの開催でした。


もちろん、残念ポイントもありまして、今年もまたバイク駐車場問題が……。
バイクの駐車場所のオペレーションが悪かったのも毎度のことですが、料金「先払い」はライダーにとってあり得ないです。

このあたりはどうにかして改善できないものか……。


(過去の東京モーターサイクルショー、バイク駐車場関連の記事)

東京モーターサイクルショーのバイク駐車場情報

東京モーターショー、バイクの駐車場所にご注意


とはいえ、各ブースいろいろと工夫がこらされていて本当に楽しかった!

の証拠に、スズキブースのモトGPマシンまたがり体験&盛り上げ隊の様子は↓ こちらの動画でぜひご確認くださいませ。


| | トラックバック (0)

2016.09.05

名古屋はやはり自動車王国なのか? バイクに冷たい街なのか?

とある件で名古屋に行かねばーと思って、バイクが停められる場所を調べてみました。

東京では2006年以降、違法駐車の取り締まり、とりわけバイクの狙い撃ちが社会問題化してましたが、7、8年前に名古屋に行ったときは、


「取り締まりなんか見たことない」(地元の人)

「あ、前の歩道に停めてください」(ホテルの人)

「そこ置いといて」(バイク駐車場の場所を尋ねた交番の警察官が歩道を指差して)

ってな具合でしたけど、先日、名古屋の方とその話をしましたら、名古屋でもバイク狙い撃ち取り締まりが行なわれていると聞きました。

もちろん、合法的にバイクを停められる場所があれば問題ないわけです。

というわけで、名古屋中心部でバイクが停められる場所があるかどうか調べてみました、の一連のツイートです。

そんなわけで、そこそこ駐車可能な場所はありますけども、東京ほど多くはないし、駐車場がある場所が偏っている感じがいたしますね。

東京は都心だと、1時間以内の駐車なら路上駐車スペースそこいら中にあるので、バイクでもほぼ困ることはありません。
ただ、それ以上の駐車だと、最近はバイク駐車場の稼働率が高くなってきて、2軒、3軒とハシゴしないと空きが見つからないことも。
翻って良いことだ。
稼働率が高くなれば、商機に気付いてバイク駐車場が増えるかもしれませんし。


名古屋の場合、二輪も四輪と同じ料金を取るところがとても多いですね。
ただし、買い物割引があるところも多いです。

このあたりが“名古屋っぽい”と言えるかも。


続きを読む "名古屋はやはり自動車王国なのか? バイクに冷たい街なのか?"

| | トラックバック (0)

2016.09.04

沖縄に関東からどうやってバイクで行くか?

沖縄に所用が出来そうなのですが、いつもどおり、まずは

・どのルートでバイクで行くか?

と考えがちな小林ゆきです、9月ですねっ

横浜からのルートをいくつか考えてみました。

東京から48時間かかる日本最長長距離航路の沖縄行きフェリーは残念ながらもう廃止となりましたので、別のルートを考えねばなりません。

●グーグルマップおすすめ・鹿児島まで自走&鹿児島からフェリー

横浜から鹿児島まで1300km渋滞無しで15時間って出ますけど、休憩・給油を考えると15時間で行けるわけないだろ。というか、行ってはいかん。

◆高速道路を自走◆

横浜青葉から鹿児島ICまで1300km、料金は時間帯や曜日によって1万5090円~22050円。

7000円も差がある!

ガソリン代をざっくり計算してみると、1300kmを燃費18km/L、ガソリンリッター130円の場合、約9400円。

◆長距離フェリー◆

鹿児島~那覇航路のフェリーはA LINE、マルエーフェリーマリックスラインがあります。

マルエーフェリーは月に7便~9便で、鹿児島18時発、那覇着は翌日19時となります。

料金は旅客 1万4610円(2等)~。
自動二輪 7120円。
(いずれも10月1日以降片道料金)

マリックスラインは月に13~15便程度あって、鹿児島18時発、那覇着は翌日19時です。
料金はマルエーと同じ。

現実的な所要時間としては、朝横浜を出発→中間地点で1泊→夜鹿児島発→翌日夜那覇着くらいでしょうか。
金曜日の朝出ると、日曜日の夜に沖縄到着くらいのイメージです。

片道、安い見積もりで4万6220円。往復で9万2440円(実際にはフェリーの往復割引があるのでもう少し安いと思います)


●関西からの航路を使う

沖縄にフェリーで行ける一番の長距離航路は、阪神航路です。

というわけで、横浜から自走で神戸または大阪南港に向かうルートを検討してみましょう。

ちなみに、マルエーフェリーの阪神航路は、神戸を先に出て、1時間後に大阪南港に寄り、そこから沖縄に向かいます。

神戸出航は14時、大阪南港出航は18時30分。那覇到着は翌々朝8時です。

月に5便から7便あります。



◆横浜から大阪まで高速道路を自走◆

横浜から神戸まで7100~9750円くらい。
距離は約500km。
燃費18km/L、ハイオク130円で計算すると、ガソリン代は約3600円。

◆阪神航路◆

2等旅客運賃 19,330円
自動二輪 10,520円。

ちなみに、「クレジットカード利用はできません。現地現金払いになっております。」とのこと。
なんとめずらしい!

このルートをまとめますと、

水曜日の朝、横浜を出発。
夕方、大阪南港からフェリー。
金曜日の朝に那覇到着。

3日で沖縄に行けます。


……というわけで、このルートは片道4万550円。往復8万1100円。


●長距離フェリーを2回使う

東京から唯一の長距離フェリー航路(※)、オーシャン東九フェリーの東京~徳島~新門司(北九州)ルートを使うルートです。

※北海道航路は絶滅しました

◆東京有明から新門司(北九州)航路◆

東京~新門司(北九州)ルートは基本的に毎日出航しており、曜日によって出航時刻が異なりますが、
たとえば月火水木土は19時30分東京発、翌々5時40分新門司着となっています。

2等旅客運賃(10月1日以降)
1万6110円

特殊手荷物・自動二輪(750cc以上)1万2650円、(750cc未満)9480円

我がGPZ900Rは750cc未満のGPZ750Rと同じ車各、同じ重量なのに料金が3000円も違うのは釈然としませんが……。

◆新門司から鹿児島まで自走◆

距離は341km。ガソリン代は2460円くらい。

料金は4170円くらい。

◆鹿児島~沖縄航路◆

(略)


……というわけで、このルートは片道5万490円くらい。往復、11万1000円くらい。


●阪神~九州航路+鹿児島~沖縄航路

関西から九州への航路は、大分、別府、宮崎、志布志など東日本に比べれば選択肢があるので、横浜から関西まで自走して、九州にフェリーで渡り、鹿児島まで自走、そしてまた沖縄行きフェリーに乗るというルートも考えられます。

ですが、ここまで運賃など計算してみると、けっこうお高く付く予感……。

なので、詳細はここでは調べません。

●羽田~那覇に航空貨物でバイクを送る

参考までにANAカーゴの片道料金を調べたところ、250kg片道7万7250円。
この他に旅客運賃も必要ですから、往復で軽くやっすいバイク買えるやないかーい。


●無人航送でバイクを送る?

貨物専用船であれば、東京~沖縄便はありまして、「無人車はお問い合わせください」とのこと。
バイクがいけるかどうかはわかりませんが……。

閑話休題。


沖縄ならレンタルバイクがたくさんあるよっとアドバイスいただきそうですけど、やっぱりここは自分のバイクで行ってみたいなぁと。

沖縄は日本一周で行って以来、行ったことがなく、またGPZ900Rを買う大きなきっかけにもなった場所でもあります。

どうしよーかなー。

続きを読む "沖縄に関東からどうやってバイクで行くか?"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧