文化・芸術

2015.12.17

ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!今回はバイク博物館オーナーの人生訓あふれる弾丸トークです!

Title

ネットラジオ&ポッドキャストのばいく~んGoGo!Vol.175 岩下コレクションオーナーの弾丸トーク!が公開されております。

※ネットラジオ&ポッドキャストの聴き方はカンタンです!

ネットラジオならPCかスマホでいつでもオンデマンドで聴くことができます。
番組ブログの「PLAY NOW!! 今すぐ聞く」のアイコンをクリックしてください。

また、ばいく~んGoGo!はポッドキャストとしてiTunesで配信中!
ポッドキャストならデータを持ち歩くことができるので、いつでもどこでも回線がつながっていなくても聞くことができます。
聞き逃しのないよう、ぜひ登録お願いいたします。

S8325

今回の番組は、前回のばいく~んGoGo!「ネットラジオ&ポッドキャストのばいく~んGoGo!「Vol.172 世界のモーターサイクル歴史館「岩下コレクション」」公開+追加写真いろいろ紹介します」でも紹介した日本屈指の施設二輪車博物館、岩下コレクションのオーナー岩下さんにインタビューしたものです。

突然の来訪かつ、突然の取材申込みにもかかわらず、思いがけず約30分の弾丸トーク!

そこには、館長の文化や地元への社会貢献の熱意が切々と伝わってくるものがありました。

岩下コレクションが集めているのは、国内外のオートバイだけではありません。行政も見捨てた「社会遺産」を全国津々浦々までコレクションしに行き、後世に残そうとされています。

岩下さんの理念、本当に素晴らしいので、ぜひ番組をお聴きいただければさいわいです。

続きを読む "ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!今回はバイク博物館オーナーの人生訓あふれる弾丸トークです!"

| | トラックバック (0)

2015.11.27

大人のライダー向き超ディープなバイクトークイベント『大鶴義丹のバイク深夜超特急 VOL.01 〜ゲスト: 三橋淳〜』に行ってきました

大鶴義丹さん主催のトークライブ、『バイク深夜超特急』に観覧しに行ってきました。(イベントのfbページはこちら)

Sdsc_3078s

大鶴義丹さんとは、以前にゴーグル誌のツーリング企画でご一緒したことがありまして、3月の東京モーターサイクルショーで再会して開口一番、「ゆきさんに 〇〇〇〇られた記憶しか残ってない!!」などとおっしゃっておりましたがそんなはずはない。断じてない。ちがうゆきさんの間違いではないでしょうか。はてさて。

そして、トークライブの相方は、チーム無限のマン島TTレース電動バイク神電プロジェクトでもお世話になっているドライダー、宮城光さんです。


S2

宮城さんとのツーショットを撮りそこねたので、2015年4月、神電四をテストする宮城さんのお姿を貼っておきますね。


義丹さんのブログに、

「空前絶後の濃厚男臭なバイク味をぜひぜひ。」

とあるように、観覧者の皆さんも9割以上が男性という男くさいイベントになっていました。

MCを担当したのは女性モータージャーナリスト今井優杏さんという方で、この方の仕切りがなければ脱線につぐ脱線で夜を徹しても終わりがなかったのではないかというくらい、右往左往、楽しいお話が続きました。

さて、今回のゲストは国際ラリーイストの三橋淳さんです。
今では四輪ドライバーとしてダカールラリーで5度の優勝を遂げるというスゴイ方なんですが、実は彼がまだ19歳か20歳の頃から存じておりまして。
というのも、わたしが最初に所属した雑誌「ラ・モト」(造形社)のオフロード企画でよく編集部にいらっしゃってました。新宿7丁目の編集部の下には風魔プラス1もありましたしね。
20歳くらいといっても、三橋淳さん、当時すでに風格漂うライダーさんで、わたしは長いことすんごく年上だとばかり思っておりました。

かなり長いことお会いしていなかったので、わたしのことはもう覚えてないかなーと思ってたんですが、開口一番、「たいへんご無沙汰しております!」っとおっしゃってくれて、ほんとに感激いたしました。

909349479148854

というわけで、SNSやブログなどネットには濃いぃトークライブの内容をくれぐれも書き込まないように! と念を押されましたが、我慢できないのでその片鱗だけでもチラっと。

続きを読む "大人のライダー向き超ディープなバイクトークイベント『大鶴義丹のバイク深夜超特急 VOL.01 〜ゲスト: 三橋淳〜』に行ってきました"

| | トラックバック (0)

2013.10.04

イラストレーター岡本正樹さん

ちょっと思い出してサイトを見たら、今日が命日だったみたいで。呼ばれたのかな。

岡本正樹さんのサイト

岡本さんのこと

| | トラックバック (0)

2013.06.17

デアゴスティーニの『週刊スズキHAYABUSA GSX1300R』は完成までにいくらかかるか

2013年8月11日開催予定隼駅まつりを前に、

Deagostinihayabusa
(写真はデアゴスティーニの隼公式サイトのスクリーンショット)

またまた『週刊○○』でおなじみデアゴスティーニのバイクシリーズ、今度はなんとスズキ隼編が始まります。

というわけで、さっそく隼が出来上がるまでにどれくらいのお金がかかるのか計算してみました。

続きを読む "デアゴスティーニの『週刊スズキHAYABUSA GSX1300R』は完成までにいくらかかるか"

| | トラックバック (0)

2010.11.24

第一回電動シニアカー世界選手権・小鹿野大会?!

切った貼ったレーシング話を肴に、小鹿野の夜は更けていったわけですが……。

将来実現可能な町おこしイベントとして、こんなのアリじゃね? ってな感じで盛り上がったのが、

第一回電動シニアカー世界選手権・小鹿野大会

です。

スズキではセニアカー、ホンダでは新型電動カート、法律用語的にはハンドル形電動車椅子原動機を用いる歩行補助車等などと呼ばれるシニアカーは、時速6km以下で「動く」歩行補助車です。

動いてても「歩行者扱い」される乗り物です。

人気ブログランキングへ

そうこうしているうちに、さっそく、小鹿野のレディースが登場です。

Img_4028b

Img_4029b

Img_4030b

「時速6kmじゃあレースにならないんじゃ?」
なんて思ってしまいますが、ノンノン。

名古屋で「電動車椅子マラソン」というイベントがあると聞いて気づきました。

「レースとはスピードだけを競うものではない」

ということです。

スタート時の反応速度ライン取りなど、人間が頭で考え身体で反応する余地が、スピード以外にもまだまだあるってことを気付いたのです。

そのシニアカーでおおっぴらに「公道レース」ってアイディア、どうですか。

シニアカーは歩行者扱いの乗り物ですから、イメージ的にも「安全」っぽく思われるんじゃないかな、と。

全国の高齢者や障がい者、いや若者だって子どもだって参加したら楽しいと思うんですよ。
とくに高齢者のスポーツ活動としてはもってこい。

せっかくやるなら、「世界選手権」。世界グランプリとしてやればいいんじゃないかな、と。

日本で初めての開催、いや世界で初めての開催ならば、優勝すればシニアカー界で世界一になれるんです!
なんて夢のある話ではありませんか。

シニアカーレースなら道路使用許可も簡単に(?)下りそうだし、安全管理の配置もそれなりにやれば大丈夫なような。
ただし、教護体制はできれば救急ヘリなんか待機してもらって、仰々しく、かっこよくやりたいですね。

シニアカー世界選手権は、モータースポーツであり、スポーツであり、福祉であり、レジャーでもあり。
全国から「My シニアカー」で集結! なんて楽しそうではありませんか!


人気ブログランキングへ

| | トラックバック (0)

2010.11.22

小鹿野いちにちレディースライダー宿

11月20日(土)は埼玉県の小鹿野町に行ってきました。

金曜日の晩から小鹿野入りしまして、小鹿野の利き酒を堪能し、翌土曜日は朝からイベントのお手伝い(といいながら、焼き椎茸食べ放題に舌鼓)、そして午後からは、柴田奈緒美さん、多聞恵美さん、本田恵子さんとわたくし小林ゆきによるトークショーをいたしまして、楽しいひとときを過ごしました。

続きを読む "小鹿野いちにちレディースライダー宿"

| | トラックバック (0)

2010.09.28

城東白バイ1号

Paper14

(警視庁ピーポくんTOWNの城東警察署「みんなでつくろう城東パトクラフト」のサイトより)

みんなで作れる城東白バイ1号

タイヤが太くてカッコイイぞ!!

| | トラックバック (0)

2010.09.04

デアゴスティーニの週刊ホンダCB750FOURをめぐる皆さんのつぶやき・まとめ

デアゴスティーニの週刊ホンダCB750FOURをコンプリートさせるにはいくらかかるのか?

を、昨日のブログにネタばれさせちゃいましたが、ツイッター経由で皆さんの反応がなかなか面白かったので、皆さんのつぶやきのまとめです。
見事に会話がつながっているのが楽しい。


・衝撃的な数字でした。

・勉強になりました!

・中古のバイク買えそうw

・750ccバイクの1/4スケールって、それを置くスペースも考えなければ!

・まぁ、それくらいになりますよね。 (^^; 僕ならコッチかな。:-)

1/6 オートバイシリーズ No.1 Honda ドリーム CB750 FOUR

・有用な情報をありがとうございます! こういう情報が、欲しいんですよねぇ~

・原付買えるw

・中古でもホンモノがいいような気がしてきた!

・解体屋物件なら実物も入手可能かとw

・コレ買う余裕があるなら、経営ジリ貧状態メーカーのためにスクーターを買おう!

・正論! RT @(省略): コレ買う余裕があるなら、経営ジリ貧状態メーカーのためにスクーターを買おう!

・そこでご質問!乗って楽しいスクーターは、サテなんでしょう。

・<全然15万じゃ足りね~ww 
アプリリア SR 50 Purejet 車両価格298,000円 (本体283,810円)

・チョイノリかレッツぐらいしか買えない!

・僕は無難にコッチかな…。(^^;

| | トラックバック (0)

2010.09.03

デアゴスティーニの『週刊 ホンダ CB750FOUR』は完成までにいくらかかるのか?

2010年8月31日に創刊されたデアゴスティーニの『週刊 ホンダ CB750FOUR』は完成までにいくらかかるのか?

計算してみました。

創刊号は通常価格1790円のところ、特別価格 690円。

このシリーズは80号で完結する、とのことなので、残り79号分で

1790円×79号=14万1,410円。

約16冊綴れる特製バインダーは、2010年12月末まで創刊記念特別価格キャンペーン適用なら、キャンペーン特別価格 690円。

80号÷16冊=バインダー5冊必要

なので、

690円×5冊=3,450円

以上を総計すると、

690円+14万1,410円+3,450円=

続きを読む "デアゴスティーニの『週刊 ホンダ CB750FOUR』は完成までにいくらかかるのか?"

| | トラックバック (1)

2010.08.31

浜松バイク関連博物館三昧(地図を追加)


より大きな地図で 浜松周辺バイク博物館マップ を表示

スズキ歴史館、ヤマハコミュニケーションプラザ、本田宗一郎伝承館をグーグルマップに表しました。

移動時間はバイクやクルマで、それぞれ45分から1時間以内です。

なので、じっくり見る方だと1日で3館回るのは厳しいと思います。
浜松の鰻など味わいつつ、1泊二日、ゆっくり浜松を堪能されてみてはいかがでしょうか。

以下は、8月に数泊しながらバイク博物館三昧したときの写真です。
浜松市博物館と浜松市美術館は特別展でしたので、普段はバイクに関するものは残念ながら展示されていません。

Img_2354_2

浜松市博物館。

Img_2355s

浜松市美術館。

Img_2425s

本田宗一郎ものつくり伝承館。

Img_2597s

浜松のうなぎ。

Img_2601s

浜松の夜景。

Img_3010

スズキ歴史館。

Img_3014

スズキ歴史館は、スズキ本社前にあります。

Img_3017

ヤマハコミュニケーションプラザ。

Img_3300s

関係ないけど大井川鉄道の蒸気機関車と古い電気機関車。

Img_3306s

関係ないけど蒸気機関車の一両は川崎重工業製でした。

Img_3322s

お蕎麦。

Img_3329s

「美女づくりの湯」。

Img_3333s

寸又峡の抹茶ソフトクリーム。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧