音楽

2016.06.18

こんにちは\(^o^)/安全運転ケーサツが映画『夏美のホタル』を観てきましたがUruさんの主題歌に涙してきましたよ、の巻

空前のバイクブームから約30年。ファッションは20年周期で繰り返すと言われておりますが、バイクブームはなかなか再燃しないできました。
が、ようやく再燃の兆し?!と思わせるのが、ここ1~2年のバイクマンガ、バイク映画の動向です。

なかでも話題なのが、ヤマハSRが効果的に登場する映画『夏美のホタル』 #YAMAHAが美しい ですよね。

バイクが登場する映画やテレビドラマと言えば、バイク乗りの皆さんが気になる“現実とのズレ”。

例えば、暴走族の設定なのにオフロード車が出てきたり、単気筒なのにマルチの音がしたり、などなど数々の傑作場面がありました。

バックショットと正面ショットでガタイが違う、なんてものもしばしば。

さて。
バイク乗りといたしましては、映画の中の運転も気になることは気になります。
細けーことは気にすんな!って話しなんですけど。

例えば、『夏美のホタル』の場合……。


・ひざの抜けたジーンズでバイクに乗る →万が一の転倒時、肌を露出していると怪我が大きくなります

・ヘルメットをシートの上に置きっぱなしにする →落としやすくなり、ヘルメットの耐久性が落ちる可能性があります

・停止時に右足を着く →リアブレーキも使いましょう

・発進時の後方確認

・路地から本線に出るときの左右確認

・自賠責保険のシールは貼りましょう

みたいなことが気にならないわけでもないわけですが、そんな安全運転ケーサツのようなあら探しよりも、有村架純ちゃんがけしからん!

・足、長いわ~ けしからん!

・うるうるの瞳がけしからん!

・いきなりベッドシーンからのおっぱいデカくてけしからん!

とんでもなく、けしからん! なわけです。

とまあ、全編、有村架純ちゃんを鑑賞するような映画なのですが、バイクで一人旅したことある人なら、いかにも余白の多いこの邦画の合間合間に、人生の岐路だとか、人との出逢いだとかを感情移入しながら観た先のエンディングに、

Uru 『星の中の君』

ですよ、反則技。
こうなると、全編がUruさんの歌への前説なんじゃないかと思えるくらい。


いまきみはきれいだよ


うんうん、架純ちゃんきれいだよ、うんうん。
泣きたいときは、バイク停めて泣く、は正解だよ、うんうん。

などと、架純ちゃんばかりに注目しておりますが、この映画の主題は「父性」。

宗教学者の島田 裕巳さんが『映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方』という本を著していますが、まさにこの映画は“父”との対峙がテーマ。

主人公夏美は、亡くなった元バイクレーサーの父の面影を探し、“地蔵さん”は別れた妻子に対する父性、仏師の雲月さんも別れた妻子に対する父性だけでなく、地蔵さんの兄的存在でもあり、父的な視点で見守る役でもあり。

夏美の彼氏も、由緒ある酒蔵を継ぐか継がないかに悩むという点で、父との対峙を背負っています。

もしも、折り合いの良くない親兄弟がいたとしても、この映画で泣けるとしたら、それは、愛されない恨み辛みよりも、愛されたい想いがあるからなのではないか、そんなことを思いつつ、エンディングで暗転してからのUru 『星の中の君』。

ずるいわー。

この映画では、ひょんなことから出会った他人同士が、疑似家族を形成しつつ話が進んでいくわけなんですが、バイクで旅をしているとそのようなことがあったりもします。
わたしも例外ではなく、家族同然での付き合いが続いている人たちが何人かいます。
例えば、マン島でずっとホームステイさせてもらっている家族がそのひとつで、2000年からお世話になり続けてもう17年。
夫婦は離婚し、奥さんがシングルマザーで長男次男を育て、いまでは母、母のパートナー、長男、長男の彼氏、次男、パートナーの息子の6人の大家族が25部屋ある大きなお家で暮らしています。
奥さんが「こちら、友だちのゆき」って誰かに紹介するとき、長男が「友だちじゃないでしょ、家族でしょ」って言いなおしてくれるような、そんな間柄です。

正直、実家を出てから実の家族よりもずっと長い時を彼らと過ごしていたり。

もしかしたら、バイク乗ってない人からすると、知らない人の家に泊まって家族同然のような付き合いが始まるだなんて、んなわけないだろー、と思う人もいるかもしれませんが、バイク乗ってると、むしろ「あるある」だったり。

Uruさんの歌との出逢いもまたひょんな出会いからでした。

たいせつな友人から紹介されて、今年始めくらいから彼女のYoutubeの歌を聴いたんですけれども、アマチュアなのにセルフプロデュースが素晴らしくて、彼女の背景にある何かを想像せずにはいられないようなPVなんですよね、どれもこれも。

今ではやさしい歌声で歌ってますけど、その境地にたどり着くまでにいろいろとやってきたんじゃないかなー、なんていろんな想像したりして。
きっとこの人はメジャーデビューして世の中にもっと出てくる人になるんだろうなと思っていたら、3月の伝説的ライブ、そしてメジャーデビュー発表。

そのデビュー曲こそ、『夏美のホタル』の主題歌であり、映画で重要な役割を果たすエンディング曲の『星の中の君』です。

『夏美のホタル』はツイッター上でこんなバイク映画があるって見かけて知ったんですが、Uruさんのデビュー曲と、この映画の主題歌だってことが合致したのはつい最近、というか、映画を観る直前で、自分の中では衝撃だったし、楽しみが倍増しました。

もう一つのびっくりは、映画のロケ地がわたしの縁のある場所だったんですよね。遠縁の親戚が住んでるみたいな場所。
そんなこんなで、映画の場面の一つ一つを目を凝らして観ておりました。


今回は初めて近所のイオンシネマで観たんですけれども、劇場のインプレとしてはTOHOシネマズよりも格段に音が良くてびっくりしました。
この映画も音作りには凝っていて、ぜひ映画館で観て欲しい作品だと思いました。

まだまだ上映は続いておりますので、ぜひ ヤマハSRを観に劇場へ。


続きを読む "こんにちは\(^o^)/安全運転ケーサツが映画『夏美のホタル』を観てきましたがUruさんの主題歌に涙してきましたよ、の巻"

| | トラックバック (0)

2016.02.28

小林ゆき2016バージョンのプロフィール写真を撮影してきました

Yukiprof2016

このごろ、イベントなどにお招きいただくことが多くなってきたのでプロフィール写真を撮ってみました。

今回撮影をお願いしたのは、ネットラジオ/ポッドキャストのばいく~んGoGo!「Vol.118 ゆっきー×小見カメラマン『語り継ぎたい、編集者時代のドイヒー取材対談!』」
にも登場している小見哲彦カメラマンです。
ラジオで語り合っている通り、わたくし小林ゆき駆け出しの頃からそれはそれはヒドい取材にお付き合いいただきました苦楽を共にした仲でございます。

Yuki_kobayashi

最近まで使っていたプロフィール写真がこれ。
「何年前の写真?」とか言われるんですが、2年前のものです。

S2305

ツイッターのアイコンはこれにしております。
この写真は去年の6月ですね。

2015profile

これも去年。5月、H2納車のときの写真です。

という感じで、長年ショートカットにしていたのですが、去年の夏からクルクル頭にしたんで、その雰囲気を撮っておきたいという思いもあって今回撮影をお願いいたしました。

Sdsc_2767_3

撮影したのはこんな場所です。
なぜにドラムセット?!

Sdsc_2768_3

どうしてグランドピアノ?!

……という場所に、とんでもない量の機材を持ち込んでいただきまして撮影をいたしました。

冒頭のライディングジャケット編に加えて、

Simg_0275m

レーシングレザースーツ編。

Simg_0293m2

そしてスーツ編も撮っていただきまして。

5月6月の写真に比べてなんと髪が伸びるのが早いことか。まるで雰囲気が違いますね~。
途中、2回カットしてるんですが。一か月に3cmくらい伸びるほど、伸びるの早いんです。

最後にこんなヤツも。

Simg_0453bw

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ

◎小林ゆきのツイッターアカウント

のフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

| | トラックバック (0)

2016.02.19

TEAM MIRAI報告会・新年会&TTサポーターズクラブ・ミーティングin関西は実にフレンドリーかつ濃い~い催しでした

Simg_0938

さる2016年2月13日(土)に、大阪吹田は千里山のマンクスカフェ・ポートダグラスにて開催された、TEAM MIRAI報告会・新年会TTサポーターズクラブ・ミーティングin関西に行ってまいりました。

今回は開催場所のマンクスカフェ・ポートダグラスを運営している谷川さんにお誘いいただきまして、またTEAM MIRAIの岸本さんにもご快諾いただきまして、急遽、TTサポーターズクラブ・ミーティングin関西も併催ということで招集をかけまして。

いつもなら大阪くらいバイクで行くんですが、今回は同日午前中に横浜の二俣川で安全運転講習会への参加予定があったため、飛行機で行ってきました。

残念ながら飛行機が1時間遅延したために、到着がだいぶ遅れまして、MCそしてゲストシンガーとして参加されていたサザキヒロシさんのライブを聴くことができなかったんですが、岸本さんとのぶっつけ本番台本なしのマン島トークショーなどをさせていただきまして、多いに盛り上がりました。


Simg_0914

電動バイクレースに参戦しているTEAM MIRAIの岸本ヨシヒロさん、昨年はパイクスピークで優勝されているのですが、いよいよマン島TTレースも出たいとのことで、TTレースに出る資格を得るために今年、TTの登竜門であるマンクスグランプリに参戦されるとの表明をされました。

Img_0105

続きを読む "TEAM MIRAI報告会・新年会&TTサポーターズクラブ・ミーティングin関西は実にフレンドリーかつ濃い~い催しでした"

| | トラックバック (0)

2015.12.08

高円寺CLUB MISSION'Sにバイクで行ったので高円寺のバイク駐車場を利用しました

S0276


マン島で知り合った古くからの友人が新しいバンドを結成、デビューライブがあるというので、高円寺CLUB MISSION'Sにバイクで出かけました。

S1449062786007

高円寺ってほとんど行ったことがないな~と思っていたんですが、昔バンドをやっていたときに何度もスタジオ練習で訪れていたんでした。でも、街並みがすっかり変わっていて初めて訪れるような気分でした。

バイクでかけるときは事前にバイク駐車場を検索しておくのですが、s-park for riders|都内時間貸オートバイ駐車場案内によれば、高円寺周辺には2か所バイク駐車場がある模様。

収容台数は10台、43台とまずまずですし、当日は雨模様だったため、安心してバイクで出かけることができました。

続きを読む "高円寺CLUB MISSION'Sにバイクで行ったので高円寺のバイク駐車場を利用しました"

| | トラックバック (0)

2014.11.08

Ducati Scramblerの世界観がめちゃくちゃカッコイイ! in 2014 EICMA Milano

EICMAミラノショーのDUCATI スクランブラーのブース。

黄色いコンテナ、音楽、そしてなぜか散髪。

スクランブラーの世界観を表現したブースの雰囲気を動画でぜひ味わってください。


続きを読む "Ducati Scramblerの世界観がめちゃくちゃカッコイイ! in 2014 EICMA Milano"

| | トラックバック (0)

2009.07.08

心肺蘇生(CPR)とステインアライブとビージーズとマン島

胸部圧迫による心肺蘇生(CPR)を行う際、

1分間に100拍程度の速度で30回圧迫

が現在のガイドラインとなっています。

(参考:日本赤十字社NPO法人日本救急蘇生普及協会など)

では、一分間に100拍とはどのような速さなのか。

ピアノや電子オルガンをやっていたとか、ブラスバンドでマーチングをしていたとか、メトロノームでリズムの速さを身体で覚えてきたような人でないと、なかなか見当が付かないと思います。

あるいは、軽い運動で脈拍を100に整える、とかそういうトレーニングを日頃から積んでいないと、実感できないかも。

(例えばオンラインメトロノームなどで確認できる)

そこで、CPRのBGMとして、80年代のちょっとスロービートなディスコティークな曲を思い浮かべる、というのは、救急法の講習会では割とメジャーな言い伝えだと思っていたのですが、やはり、実際に救命につながればニュースになるというわけで。

WIRED VISIONが伝えるところによりますと。

名曲『ステイン・アライブ』で心臓マッサージ:成功例が複数

英語版の元ネタからは、実例のニュースが紹介されていました。

さて、「STAYING ALIVE(生き存える)」とはまさにCPRにピッタリの曲を歌っているのは、ビージーズ

グレイテスト・ヒッツ
ビージーズ
B000UU5EX8

で、ビージーズと言えば、ギブ三兄弟はマン島出身なのです。

今年、結成50周年ということで、マン島郵政省では記念切手や記念コインを発行しました。

Beegees_set

通販もやってますね。

で、そのビージーズのお二人、この金曜日にダグラスにいらっしゃるそうです。(IoMToday: Bee Gees to collect honour during Isle of Man visit)

わたしのホームステイ先のホストファミリーはセレモニーに招待されているとかで、かなりのはしゃぎっぷり。


ところで、話は元に戻りますけど、知人に仕事で救命法を教えている人がいるんですが。

その人によれば、メトロノームを使って、「これくらいの速さです」って言いながら大きな音を手拍子で立てて補助しても、10人に一人くらい、まったくリズムが取れない人がいるそうです。
いわゆるリズム音痴とでもいいましょうか。

身体論的に言えば、耳で聞こえている音の拍子を自分の身体で再現することができないタイプの人なのではないかなあ。

耳→脳→入力の判断→出力の判断→実際に身体が神経の命令に沿って動く/動かしたことがないのでイメージが沸かない

これは訓練次第でできるようになるかと思うので、上手にインストラクターが導いてあげればなんとかなる場合もあるし、とても時間がかかる場合もあると思います(元ピアノ教師談)。


| | トラックバック (0)

2008.10.22

三宅島神着木遣太鼓のお見送り

チャレンジ三宅島'08モーターサイクルフェスティバルの日程を無事終え、雄大な和太鼓の音、三宅島の皆さんの盛大なお見送りを受け、三宅島をフェリーであとにしました。

和太鼓の演奏は、三宅島神着郷土芸能保存会による、東京都指定無形民俗文化財の三宅島神着木遣太鼓です。

心に染みる和太鼓の音、
色とりどりに飛び交う紙テープ、
互いの声援、
汽笛の音、
蛍の光。

再び会うまでの遠い約束。

| | トラックバック (0)

2006.09.16

マン島TT4位の元ライダーが演歌歌手デビュー

ひとまず速報です。

中日新聞の記事から。

バイクの世界的レースで優勝した元ライダー、浜松市有玉南町の長谷川弘さん(70)が、プロの演歌歌手としてCDデビューした。「死と隣り合わせのレースでは、家族に心配を掛けたから」とアクセルをマイクに持ち替え、家族を思いやりながらカクテル光線を浴びている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.30

21世紀のバイクミュージック、ポルノグラフィティ

20世紀のバイクミュージックと言えば(?)、パフィの「サーキットの娘」(試聴・ダウンロードはこちら)でしたが(?)、

21世紀のバイクミュージックと言えば(?)、ポルノグラフィティの「ハネウマライダー」(試聴・ダウンロードなど公式サイトはこちら)ですな!!
ポカリスエットのCMソングにもなった「ハネウマライダー」、ビデオクリップが必見です。トライアンフ出まくり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.23

「日曜日よりの使者」ついにシングルカット!

↑THE HIGH-LOWS↓
ザ・ハイロウズとして95年にデビュー以来、10年目にしてあの名曲がついにシングルカット。

シャララ~ラ♪のフレーズでDo you hava a HONDA? のCMソングとしてもおなじみ、「日曜日よりの使者」です。

友人ハマーはCMであの曲を聞いたり、カラオケでこの曲を歌うと、モトクロスやミニバイクでがんばっている自分の息子を思い出し、つい涙ぐんでしまうほど。確かに、われわれバイク乗りにとって、あのホンダのキッズ・モトクロスのCMは強烈な印象を残しました。

いいものはいいよな!

★2月23日追記★

あった!あった! ホンダのCMをインターネットで見ることができます。サイトはココ!

あのモトクロススタート編、トライアル編、耕運機編もみ~んな見れます。
個人的には、カブ編の女の子が好き。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧