映画・テレビ

2016.06.18

こんにちは\(^o^)/安全運転ケーサツが映画『夏美のホタル』を観てきましたがUruさんの主題歌に涙してきましたよ、の巻

空前のバイクブームから約30年。ファッションは20年周期で繰り返すと言われておりますが、バイクブームはなかなか再燃しないできました。
が、ようやく再燃の兆し?!と思わせるのが、ここ1~2年のバイクマンガ、バイク映画の動向です。

なかでも話題なのが、ヤマハSRが効果的に登場する映画『夏美のホタル』 #YAMAHAが美しい ですよね。

バイクが登場する映画やテレビドラマと言えば、バイク乗りの皆さんが気になる“現実とのズレ”。

例えば、暴走族の設定なのにオフロード車が出てきたり、単気筒なのにマルチの音がしたり、などなど数々の傑作場面がありました。

バックショットと正面ショットでガタイが違う、なんてものもしばしば。

さて。
バイク乗りといたしましては、映画の中の運転も気になることは気になります。
細けーことは気にすんな!って話しなんですけど。

例えば、『夏美のホタル』の場合……。


・ひざの抜けたジーンズでバイクに乗る →万が一の転倒時、肌を露出していると怪我が大きくなります

・ヘルメットをシートの上に置きっぱなしにする →落としやすくなり、ヘルメットの耐久性が落ちる可能性があります

・停止時に右足を着く →リアブレーキも使いましょう

・発進時の後方確認

・路地から本線に出るときの左右確認

・自賠責保険のシールは貼りましょう

みたいなことが気にならないわけでもないわけですが、そんな安全運転ケーサツのようなあら探しよりも、有村架純ちゃんがけしからん!

・足、長いわ~ けしからん!

・うるうるの瞳がけしからん!

・いきなりベッドシーンからのおっぱいデカくてけしからん!

とんでもなく、けしからん! なわけです。

とまあ、全編、有村架純ちゃんを鑑賞するような映画なのですが、バイクで一人旅したことある人なら、いかにも余白の多いこの邦画の合間合間に、人生の岐路だとか、人との出逢いだとかを感情移入しながら観た先のエンディングに、

Uru 『星の中の君』

ですよ、反則技。
こうなると、全編がUruさんの歌への前説なんじゃないかと思えるくらい。


いまきみはきれいだよ


うんうん、架純ちゃんきれいだよ、うんうん。
泣きたいときは、バイク停めて泣く、は正解だよ、うんうん。

などと、架純ちゃんばかりに注目しておりますが、この映画の主題は「父性」。

宗教学者の島田 裕巳さんが『映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方』という本を著していますが、まさにこの映画は“父”との対峙がテーマ。

主人公夏美は、亡くなった元バイクレーサーの父の面影を探し、“地蔵さん”は別れた妻子に対する父性、仏師の雲月さんも別れた妻子に対する父性だけでなく、地蔵さんの兄的存在でもあり、父的な視点で見守る役でもあり。

夏美の彼氏も、由緒ある酒蔵を継ぐか継がないかに悩むという点で、父との対峙を背負っています。

もしも、折り合いの良くない親兄弟がいたとしても、この映画で泣けるとしたら、それは、愛されない恨み辛みよりも、愛されたい想いがあるからなのではないか、そんなことを思いつつ、エンディングで暗転してからのUru 『星の中の君』。

ずるいわー。

この映画では、ひょんなことから出会った他人同士が、疑似家族を形成しつつ話が進んでいくわけなんですが、バイクで旅をしているとそのようなことがあったりもします。
わたしも例外ではなく、家族同然での付き合いが続いている人たちが何人かいます。
例えば、マン島でずっとホームステイさせてもらっている家族がそのひとつで、2000年からお世話になり続けてもう17年。
夫婦は離婚し、奥さんがシングルマザーで長男次男を育て、いまでは母、母のパートナー、長男、長男の彼氏、次男、パートナーの息子の6人の大家族が25部屋ある大きなお家で暮らしています。
奥さんが「こちら、友だちのゆき」って誰かに紹介するとき、長男が「友だちじゃないでしょ、家族でしょ」って言いなおしてくれるような、そんな間柄です。

正直、実家を出てから実の家族よりもずっと長い時を彼らと過ごしていたり。

もしかしたら、バイク乗ってない人からすると、知らない人の家に泊まって家族同然のような付き合いが始まるだなんて、んなわけないだろー、と思う人もいるかもしれませんが、バイク乗ってると、むしろ「あるある」だったり。

Uruさんの歌との出逢いもまたひょんな出会いからでした。

たいせつな友人から紹介されて、今年始めくらいから彼女のYoutubeの歌を聴いたんですけれども、アマチュアなのにセルフプロデュースが素晴らしくて、彼女の背景にある何かを想像せずにはいられないようなPVなんですよね、どれもこれも。

今ではやさしい歌声で歌ってますけど、その境地にたどり着くまでにいろいろとやってきたんじゃないかなー、なんていろんな想像したりして。
きっとこの人はメジャーデビューして世の中にもっと出てくる人になるんだろうなと思っていたら、3月の伝説的ライブ、そしてメジャーデビュー発表。

そのデビュー曲こそ、『夏美のホタル』の主題歌であり、映画で重要な役割を果たすエンディング曲の『星の中の君』です。

『夏美のホタル』はツイッター上でこんなバイク映画があるって見かけて知ったんですが、Uruさんのデビュー曲と、この映画の主題歌だってことが合致したのはつい最近、というか、映画を観る直前で、自分の中では衝撃だったし、楽しみが倍増しました。

もう一つのびっくりは、映画のロケ地がわたしの縁のある場所だったんですよね。遠縁の親戚が住んでるみたいな場所。
そんなこんなで、映画の場面の一つ一つを目を凝らして観ておりました。


今回は初めて近所のイオンシネマで観たんですけれども、劇場のインプレとしてはTOHOシネマズよりも格段に音が良くてびっくりしました。
この映画も音作りには凝っていて、ぜひ映画館で観て欲しい作品だと思いました。

まだまだ上映は続いておりますので、ぜひ ヤマハSRを観に劇場へ。


続きを読む "こんにちは\(^o^)/安全運転ケーサツが映画『夏美のホタル』を観てきましたがUruさんの主題歌に涙してきましたよ、の巻"

| | トラックバック (0)

2016.03.20

ahead3月号にTBSアナウンサー安東弘樹さんインタビューが掲載されました

Ahead3

TBSアナウンサー安東弘樹君にインタビューしてきました」でも紹介しましたが、インタビューの記事がahead3月号に掲載されました。

ここにも書きましたが、安東君はわたしの高校時代の同級生です。

当時、彼のクルマ好きの片鱗は微塵も感じなかったのですが、3時間にも渡るインタビューで、子どもの頃からのクルマへの想い、そして現在はとんでもなく距離を乗るし、とんでもない数のクルマを乗り継いでいることを知り、そしてなによりクルマや交通社会への熱い思いを感じました。

どうにかこうにか6ページに詰め込みました。

Simg_1519

「クルマの総AT(CVT)化が日本人をクルマ嫌い、クルマの素人にしてしまったんではないかと思うんですよ」

今回のインタビューは四輪よりの内容でしたが、オートバイだってもしもイージーモードな運転方式が普及したとしたら、とりまく状況は変わってしまうのかもしれません。

読みごたえあるインタビューとなりました。

ahead最新号の目次はこちら

購入は代官山ツタヤ、書泉グランデ、書泉ブックタワーの他、電子書籍として購読可能です。

また、多くのクルマディーラーやバイクショップなどにあると思いますので、ぜひお手にとってご覧いただければ幸いです。

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ

◎小林ゆきのツイッターアカウント

のフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

| | トラックバック (0)

2016.02.21

都心にあってとても安全なバイク駐車場・赤坂パーキングセンターの使い勝手

そんなわけで、TBSアナウンサー安東弘樹さんのインタビューのために、港区赤坂におもむきました。

Sdsc_2963_2

赤坂サカスの横にばばーんとそびえ立つTBS放送センター。

本来、事前に申し込めばTBS放送センターの駐車場にそのままバイクで入っていけるのですが、今回は事前告知しなかったのと、近隣のバイク駐車場を利用してみたいと思いまして、いくつか探してみました。

都内のバイク駐車場検索といえば、

s-Park for Riders

または

全国バイク駐車場案内

が便利です。
ですが、日々刻々とバイク駐車場が新しくできたり、廃止されたり、休止されたりしておりますので、やはり現場に行って確認せねばなりません。

それに、駐車台数が限られたバイク駐車場だと、満車ということも多々ありますので、近隣に2、3か所バイク駐車場があるところでないと安心できませんね。

さて。
今回向かった赤坂サカス周辺のバイク駐車場は、徒歩10分以内(直線距離800m以内)に6か所あり、渋谷、六本木と並びライダーにとってわりと恵まれた地域となっております。

というわけで、今回は「赤坂パーキングセンター」を利用してみました。

Sdsc_2966_2

見た目の風情からして公共の駐車場かと思いましたが、赤坂パーキングセンターのウェブサイトを見たら、タクシーやハイヤーでお馴染み国際自動車が母体の駐車場でした。

場所は赤坂サカスのT字路を入っていって一つ目の信号のとこです。

Sdsc_2964_2

駐車場反対側にデカデカと看板があるので、わりと見つけやすいと思います。

続きを読む "都心にあってとても安全なバイク駐車場・赤坂パーキングセンターの使い勝手"

| | トラックバック (0)

2016.02.20

TBSアナウンサー安東弘樹君にインタビューしてきました

Simg_1101

TBSアナウンサーのアンディこと安東弘樹君にインタビューしてきました。
君付けなのは、実は高校の同級生だからです。

母校、横浜市立桜丘高校出身といえば、おすぎさんとピーコさん。ホンジャマカの石塚さん。元プロ野球選手の阿波野さん。そして安東君です。

母校は伝統的に「おおらかな校風」で、卒業生として、このような方々を輩出してきた理由がわかります。

と言っても、安東君にお会いするのは卒業以来。

大学を卒業したころ、同級生が「安東君、TBSにアナウンサー採用されたみたいよ~」との情報を得て、ときどき気にしていたところ、しばらくして5分枠のニュースに登場したのを発見したときは、たいそう誇らしい気持ちになったものでした。

その後の活躍はほとんどの国民の皆さまが知るところ、というくらい有名な人になってしまい、もう会うこともないんだろうか、と思っておりましたが、いつか再会したいなーと願っていたところ、雑誌aheadの依頼でクルマ関係のお話を聞く機会をいただくことができました。

クラスは別々だったのですが、とても仲が良かった友人が安東君と同じ弓道部だったり、高校3年の選択授業でいくつか同じ授業を取っていたので当時は挨拶したり話しをするくらいには顔見知りだったのですが、正直、覚えてくださっているか心配でしたが、うっすら覚えてくださっていたようでした。

とはいえ、ALL敬語でのインタビューとなりました。

Sdsc_2963_2
(赤坂にそびえ立つTBS放送センター、ばばーん)

TBS放送センターに来るのは、TBSラジオ「ニュース探究ラジオDig」でカンニング竹山さんとごいっしょさせていただいて以来でした。
バイク便やってた頃は何度も来てたような気がいたしますが、赤坂界隈、すっかり変貌してしまいましたね。

さて。

クルマ離れ…TBS安東弘樹アナウンサー連載コラム

今回のインタビューになったきっかけが、このトヨタが運営するGAZOOというサイトの連載コラムです。

過日のスキーバス事故をきっかけに、番組スタッフとのやりとりなどから感じたクルマを巡るあれこれを、歯に衣着せぬ所感を存分に書き綴られております。

アナウンサーという職業柄、ストレートな意見は言いにくいんじゃないのかなと思いましたが、そのあたりも含め、クルマに造詣の深い安東さんの口も滑らかにたっぷり3時間ものインタビューとなりました。

続きを読む "TBSアナウンサー安東弘樹君にインタビューしてきました"

| | トラックバック (0)

2015.11.08

モトGP最終戦、ネタバレ実況&速報アカウント等はこちら

最終戦にまでもつれこんだ2015年シーズンのモトGP。
間もなく、最終戦の決勝レースが始まります。

ロッシvsマルケスの蹴った蹴らない騒動もさることながら、チャンピオン争いの行方も気になるところですね。

Motogp

最終戦でポールポジションを獲ったロレンツォ305ポイントに対して、ペナルティで最後尾スタートとなったロッシ312ポイント。

というわけで、本日の実況は日テレG+が18時45分から全クラス中継、また録画放送で日テレ地上波(ただし関東ローカルのみ)が本日深夜1時50分から放送となっております。


日テレG+

18時45分~

※場合によっては今から申込みで試聴が可能かも。→スカパー


日テレ(地上波・関東ローカル)

1時50分~

インターネットの公式オンデマンド放送、MotoGPビデオパス

※最終戦バレンシアのみなら14,95ユーロで試聴可能です。


以下、ネタバレ系アカウントはこちら。↓

続きを読む "モトGP最終戦、ネタバレ実況&速報アカウント等はこちら"

| | トラックバック (0)

2015.04.19

モトGPの地上波放送 ※今年も関東ローカルに限る ※全戦カバーはG+で

Logo_motogp

モトGP、開幕戦のカタールは5年ぶりの嬉しいニュースをロッシがもたらしました。

というわけで、今年のモトGP、なんとかテレビで追いかけたいという方に放送の情報です。

地上波は今年も日テレで放送される模様。

※ただし、関東ローカルに限る

というわけで、今晩のモトGP第3戦アルゼンチンGPの放送予定は──、

続きを読む "モトGPの地上波放送 ※今年も関東ローカルに限る ※全戦カバーはG+で "

| | トラックバック (0)

2014.10.04

モトGP第15戦日本グランプリ、日テレで地上波生放送決定! ※ただし

来る10月10日(金)~12日(日)、栃木県のツインリンクもてぎで開催される世界ロードレース選手権シリーズ(モトGP) 第15戦日本グランプリが、日テレで生放送されることが決定したそうです。

Logo_motogp

日テレ モトGP サイト

第15戦 日本GP ツインリンクもてぎ 10月12日(日) 13:55~14:55
※ただし、地上波は関東ローカル


とはいえ、現地観戦のチケットは3日間通しで9,300円。
もてぎは、自由席券でもけっこういろんなところで見れるので、オススメです。

ちなみに、今年はことごとく応援席、指定席のチケットが売り切れてる!

あと、

15歳~22歳が入場無料の「ヤング割

免許取得1年以内の人が入場無料になる「若葉ライダー割

は、申込み期限、10月4日まで。

お申し込みは先着1000名ずつなので、お早めに!

やっぱ、現地で音や音圧や匂いや他の人の熱気を感じながら観るのは全然違いますからね!!


なお、日テレG+では、

続きを読む "モトGP第15戦日本グランプリ、日テレで地上波生放送決定! ※ただし"

| | トラックバック (0)

2014.05.04

本日スカパー無料日! モトGP第4戦スペインGPは17時45分から生中継!

というツイートを発見。ありがたや、ありがたや。

でも、わたくしゆっきーは加賀山ユッキー様とシネマート六本木で『iSUPERBIKER』の公開記念トークショーに行っておりますので前半は観れない、ぐすん。

日テレG+

モトGP第4戦 スペインGP

5月4日(日) 17:45~22:30 ※最大23:00まで放送

~全クラス決勝~

Moto3 解説:坂田和人 実況:藤田大介

Moto2 解説:青木拓磨 実況:寺島淳司

MotoGP 解説:宮城 光 実況:菅谷大介

続きを読む "本日スカパー無料日! モトGP第4戦スペインGPは17時45分から生中継!"

| | トラックバック (0)

2014.05.02

昨年急逝した佐藤英吾さんのドキュメンタリー映画『ライド・フォー・ライフ~The Eigo Sato Story~』の公開が始まっています(渋谷・大阪・福岡)

Poster

昨年急逝した佐藤英吾さんのドキュメンタリー映画『ライド・フォー・ライフ~The Eigo Sato Story~』の公開が始まっています。

佐藤英吾さんは日本のFMX選手の草分けで、日本初開催となる大阪城Red Bull X-Fighters開催を目前にした2013年2月28日、練習中の不慮の事故で他界されました。

その彼を長年追った映像や家族・友人らのインタビューで構成されたドキュメンタリー映画がこの作品です。

監督:梶野仁司

主演:佐藤英吾/香織(妻)/瑛大(長男)/金澤巨樹/加賀真一/鈴木大助/加賀晃/東野貴行/トム・パジェス/ドレイク・マッケロイ他

東京ではすでにヒューマントラストシネマ渋谷で5月15日まで公開、大阪ではシネ・リーブル梅田で公開中、また福岡での公開が追加となりユナイテッド・シネマ キャナルシティ13で5月10日(土)からの公開予定となっています。

続きを読む "昨年急逝した佐藤英吾さんのドキュメンタリー映画『ライド・フォー・ライフ~The Eigo Sato Story~』の公開が始まっています(渋谷・大阪・福岡)"

| | トラックバック (0)

2014.05.01

【お知らせ】5月4日(日)16時30分~シネマート六本木にて映画「iSUPERBIKER」公開記念トークショー開催!ゲストは加賀山就臣選手

10155661_337008949757488_1679988537

来る5月3日(土)からシネマート六本木にて公開が始まる映画『iSUPERBIKER』『iSUPERBIKER --THE SHOWDOWN--』。

世界各国で開催されている国内選手権の中でもトップクラスの格式を誇るBSB、英国スーパーバイク選手権をドキュメンタリーで追った2作品がいよいよ日本でも公開になります。

公開記念として、5月4日(日)の上映前に、BSBや全日本選手権で活躍するTeam KAGAYAMAの加賀山就臣選手と、MCとしてわたくし小林ゆきがトークショーを行います。

近隣にバイク駐車場もございますので (六本木近辺のバイク駐車場はコチラ)、ゴールデンウィークのひととき、ぜひお越しくださいませ!!

10167987_342425869215796_1868933109

映画「iSUPERBIKER」公開記念トークショー

ゲスト:BSBライダー(2003-2004.2010)、全日本ライダー加賀山就臣(Team KAGAYAMA)

MC:二輪ジャーナリスト 小林ゆき

日時:5月4日(日)16:30~ (映画上映前30分間)

場所:シネマート六本木

映画「iSUPERBIKER」の公開を記念して、2003年から日本人初のBSBフル参戦を経験した加賀山就臣が、そのBSBの魅力を語るトークショーを開催!MCは、マン島TTを始めイギリスのレース事情に詳しいライターの小林ゆき。

続きを読む "【お知らせ】5月4日(日)16時30分~シネマート六本木にて映画「iSUPERBIKER」公開記念トークショー開催!ゲストは加賀山就臣選手"

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧