動画

2019.05.04

『週刊バイクTV』に映ってました

 

ツイッターのフォロワーさんに「テレビ出てましたね!」とご指摘を受け、はてさてTV出演は最近ないよなーとか思ったら……( ̄□ ̄;)!!

 

千葉テレビの「週間バイクTV」のオープニングで、バックのにぎやかしとしてわちゃわちゃしている姿が……。

 

たまたまウエルカムライダーズおがのブースにいたときに、プラカード持って!と言われてわちゃわちゃしてたんですが、それがテレビの収録中、それもオープニングの映像に映るだなんて思ってなくて、お恥ずかしい姿を晒してしまいました。
末飛登さんあやみんこと岸田彩美ちゃん、たいへん失礼いたしました!

 

残念ながらわたしの住む横浜では千葉テレビを見ることができないので残念、と思っていたら、いまは公式でYoutube動画を見ることができるようになっていますので、みなさんぜひ貴重なバイク番組「週間バイクTV」をご覧くださいませ!

 

 

|

2019.05.01

Youtube動画番組で、2018年新型セロー250を一般道で試乗インプレしました

 

令和元年となりました。

 

前回のブログで紹介しましたYoutube動画番組・バイク情報動画BBBの「足つきインプレ」に続きまして、一般道の試乗インプレ動画もあがっておりますので、ぜひご覧ください。

今回もセローが本来得意とするダート路ではなく、ほとんどの人が99%以上走るであろう舗装路、それも一般道での試乗インプレを行ないました。

もちろん、未舗装路などでトライアル的な走りをすることこそセローの本領が発揮されるのでしょうけれど、それはダートが得意なライダーの皆さんにおまかせするとして、わたしは初対面時の“とっつき”や、普段の使い勝手という視点からインプレを試みました。

むしろ、その方がインプレは難しいのですが、ささいな点でもお伝えできればなと思って言葉を絞り出しております。

 

かれこれ6年くらい動画インプレに出演しておりまして、最近では「youtube見てます!」と声をかけられることも多くなってきて、うれしいかぎりです!

よろしければチャンネル登録お願いします!

バイク情報動画BBB

 

|

2019.04.30

バイクの動画インプレで、なぜ足つきインプレをしつこくやるのか

 

バイク情報動画BBB

というYoutubeチャンネルの番組でバイクのインプレを担当しています。

 

主にニューモデル、現在発売されているモデルのインプレを数本立てで紹介しているのですが、中でも

 

“1mmも走らせない”足つきインプレ

 

が好評です。
いや、バイクなのに走らないインプレが一番、視聴回数が伸びるってどういうこと?! ……と最初は戸惑いましたが。

 

そもそも、この「足つきインプレ」を始めたのは、女性の平均身長に近い身長161cm、しかし足短め(RSタイチ公認)のわたしであれば、女性ライダーや小柄な男性ライダーの指標になるのではないかと思い、始めたものです。

 

そして、雑誌やインターネットの写真ベースの記事では、どれくらい足が着くか着かないかという静的な評価しか伝わりにくいのですが、動画というメディアは、足の踏み替えや、サイドスタンドを出し入れできるかどうかなど、当たり前ですが動的に表現できるということで、普段の使い勝手に焦点を当てて丁寧にインプレを試みました。

 

普段、バイクに乗るときにどんな動作をしているか?

 

昔、自動二輪免許の限定解除の試験を受けていたとき、乗り降りの動作も試験の得点にとても関係する部分でした。

 

・後方確認
・バイクを起こす
・サイドスタンドをはらう
・またがって右足はステップの上へ
・ミラーの位置を確認
・(エンジンをかける)
・後方確認
・足を踏み替える(右足を着く)
・クラッチを切ってギアを1速に入れる
・足を踏み替える(左足を着く)
・後方確認
・右ウインカーを出す
・もう一度後方確認
・発進

 

……こんな手順だったと思います。

 

ここまで細かくお作法に則らなくても、

 

・後方確認してバイクにまたがる
・バイクを起こす
・足を踏み替える(右足を着く)
・サイドスタンドをはらう
・クラッチを切ってギアを1速に入れる
・足を踏み替える(左足を着く)
・右ウインカーを出し、後方確認して発進

 

このような動作は、バイクに乗る限り、1日のうち何度も行なっていることでしょう。

 

身長が170cm以上くらいの方ですと、オンロードバイクなら普段、意識せずにやっていることと思いますが、160cm以下くらいの方だと、この「足の踏み替え」「サイドスタンドをはらう」の動作ですら、最初は立ちゴケしないように決死の覚悟でやっているんじゃないかと思います。

そして、サイドスタンド状態からまたがったままバイクを起こせないほどの重いバイクやシート高の高いバイク、足の踏み替えの度にお尻の位置を思いっきり左右にずらさなければならないバイク、足を伸ばしただけではサイドスタンドがはらえないバイク……。

そのようなバイクは、やがて乗るのがおっくうになってしまい、バイクを手離したり、バイクライフが終了してしまうことにつながりかねません。

もちろん、体格に合った小さめのバイクを選べばいいのでしょうが、デザイン的に気に入っているものに乗りたいじゃないですか。

身長150cm台前半の人だと、原付以外、そもそも体格に合うバイクはないかもしれません。


なぜオートバイのシート高は、かくも高いのか?

それにしても、なぜオートバイのシート高はこうも高いのでしょうか。

おそらく、オートバイの開発は運動性能優先で行なわれることがほとんどなので、エンジン搭載位置やサスペンションのストローク量で必然的にシート高が決まってしまうのでしょう。

また、そもそもメーカーが標準としている身長が高いということもあると思います。

クルーザー、アメリカンと呼ばれるタイプのオートバイは比較的シート高が低いのですが、その代わりになぜか車重が重いバイクが多く、ぐらっと来たときに支えきれないこともあります。

 

そんなこんなで、ビギナーやリターンライダーの皆さんの心配事1位は「立ちゴケ」なんじゃないかと思います。

レンタルバイクや試乗でも、立ちゴケが気になって躊躇するライダーさんが多いと聞きます。

バイクを購入するにあたって試しに乗ってみたい。でも立ちゴケが心配で踏み切れない……。

乗りこなせるかどうか、というより、“停めこなせるかどうか”、それがわからないから、いつまで経ってもバイクを買うに至らない……。

 

わたしが動画でやっている“足つきインプレ”は、そのようなライダーさんたちに参考にして欲しいと思い、しつこくやっております。

 

わたし自身、手足が同じ身長の女性の平均より4cm短いというRSタイチ公認の短腕・短足な特殊体型なので、やはりビギナー時代は何度か立ちゴケをして困ったことがありました。

乗り慣れてくるにつれわかったのは、身体の体幹を使ってバランスが取れれば、ほとんどのバイクは片足しか着かないようなシート高でも乗り(停め)こなせるということでした。

また、立ちゴケ防止になる足の着き方、足の向きがあるのだなあということもわかってきました。

 

教習所ではバイクが倒れたときの「引き起し」を習いますが、立ちゴケしないための理論やコツは明確にありますので、今後、伝える機会があればいいなと思っております。

 

……そんなこんなで、始めた「足つきインプレ」。
10分くらいかけて1mmも走らずに、またがったり、足を踏み替えたり、サイドスタンドを出し入れするだけのインプレを動画で展開しております。

足の長さや体重によって、同じシート高のバイクでも足つきは変わりますので、あくまで参考程度ではありますが、少しでも皆さんの心配を払拭し、バイクの世界への入り口が拡がるといいなと願って、あれこれまたがっております!

|

2018.07.17

ホンダCB125R試乗してきました&ABS体験のススメ

CB125R、雨のなか試乗してきました。 昨日の安全運転講習会で「怖くてABSなんか効かせたことがない」とおっしゃる方がいらっしゃいましたが……。 急ブレーキのとき、ABSなし車両でタイヤがロックしてしまうことより、ABS付き車両でABSを効かせた方が100倍、いや100万倍怖くないし安全、短距離で止まれるので、もしものときに備えてチャンスがあれば体験しておくとよいと思います。 一度、わざとABSを効かせてみると「なんだ、こんなもんか」という風に感じるようになると思います。 まっすぐ走っている状態で、何も考えずに加減せずにがつんと握る。それでもABSが効かなければ、もっと強く握ってみる。 ちょっとでもレバーやペダルに感触が伝わってきたり、タイヤから少し違う音が聞こえてきたら、成功です。 (多くのモデルでABSが効くとガガガガといった感触や音が出ますが、車両によってはタイヤの感触が少しヌルンとした感じになるモデルもあります) 一度でもABSを効かせることができれば、万が一のとき、無意識に最大にブレーキをかけられるようになることでしょう。 いつまでもABS怖いと思い込んでいると、万が一のとき「ロックしたらどうしよう」と逆に無意識にブレーキを加減してしまって、制動距離が伸びて結局、衝突してしまうかも……。 ABS、愛車に付いているのなら一度、試してみてください。

| | トラックバック (0)

2018.04.09

足つきインプレをしつこくやっております「新型クロスカブ110」編とか

【新型クロスカブ110】足つき&取り回しインプレ編!(2018フルモデルチェンジ)

RSタイチ公認の短腕短足の小林ゆきです。

手足が短いので、最近はともだちにセンザンコウなどと言われたりしますが、センザンコウかわいいですね。

短足を活かして、ニューモデルの足つきインプレをバイク情報動画BBBで展開しております。

バイクの足つきというのは、身長165cm以上の方ならさほど気にならないと思います。
ですが、それ以下の身長の方ですと、ちょっとぐらっと来たときなど足元が踏ん張れず、立ちごけの憂き目に遭うなんてことは誰しもが必ず通る通過儀礼のようなものだと思います。

停まるとき、停まっているときの足つきは、ある程度バランス感覚を養えば問題なくバイクを乗りこなせる(停まりこなせる?)ようになると思うのですが、バイクを所有して面倒だなと感じるのは、例えばサイドスタンドをまたがったまま出せるかどうかとか、センタースタンドをかけるときに、しっかり握れる位置・形状のグリップがあるかどうかとか、そういう点だと思いまして。

そんなわけで、最近は

バイクを1mmも走らせてない足つき・取り回しインプレ

なるものを動画でやっております。

おかげさまで、1mmも走らせてないインプレなのに再生回数からすると好評のようですので、これからも日常使いの点でどうなのかという視点を忘れず、インプレしていきたいと思っております。

あ、よく聞かれるので、ゆっきーこと小林ゆきのスペックをば。

続きを読む "足つきインプレをしつこくやっております「新型クロスカブ110」編とか"

| | トラックバック (0)

2016.05.07

ドゥカティ「 スクランブラー Sixty2」インプレ動画!本音で解説編#2が公開されています

お知らせが続きますが、

「ドゥカティ「 スクランブラー Sixty2」インプレ動画! 文化・歴史から解説編#1が公開されております」

に続きまして、

ドゥカティ「 スクランブラー Sixty2」インプレ動画!本音で解説編#2

が公開されております。

さすがにDucati、そしてひさびさに普通二輪免許で乗れる400ccという排気量ということで注目度も高く、5月7日現在、再生回数は8500回を越えてますね。

このあと、別件でスクランブラーのiConにも乗ったんですが、それでもやっぱり400ccの方がわたしは好きですねぇ。
例えるなら、カワサキZ1000とZ750を比べるみたいな。
ヤマハのMT-09とMT-07もそうかな。
単純に排気量が大きい・小さいの問題ではなく、それぞれの個性が出てどっちも面白いんですよね。


S1427


S1468


S1488

それにしても、絵になるバイクっていいですよね~


o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ


◎小林ゆきのツイッター アカウントのフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

| | トラックバック (0)

2016.05.05

ドゥカティ「 スクランブラー Sixty2」インプレ動画! 文化・歴史から解説編#1が公開されております

バイクポータルサイトBBBがお送りしておりますYoutubeのBBBバイク情報動画チャンネル

ドゥカティ「 スクランブラー Sixty2」インプレ動画! 文化・歴史から解説編#1

が公開されております。

2014年のミラノショーで発表されたスクランブラー、ミラノ郊外で行なわれたローンチにも行ってきました。
おしゃれな元工場のギャラリーで開催されました。

今回紹介しているスクランブラー・シックスティ2は、日本向け排気量400ccとして登場したわけなんですが、実は先日、JAIA 日本自動車輸入組合の合同試乗会でiConにも試乗してきました。

Simg_1574c

排気量が大きいのでパワーがあるのは楽しいんですが、それでも62推しかな~。

それにしても、やっぱりScramblerならではの気軽さ、おしゃれ感、あと高級感はDucatiならではですね。

Dトラッカーを手離したいま、オフ車系スタイルバイクをもう一度欲しくなりました。


なお、JAIAの一気乗り試乗会の模様は、ポッドキャスト/ネットラジオのばいく~んGoGo!で公開する予定です。

YoutubeのBBBバイク情報動画チャンネルともどもチェックしていただければさいわいでございます。


o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ


◎小林ゆきのツイッター アカウントのフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

| | トラックバック (0)

2016.03.10

Youtube動画レポート「2016ヤマハ発動機モータースポーツ活動計画発表!選手インタビュー!」が公開されました

トライアルの黒山健一選手に肩を抱かれて動揺する小林ゆき@2016年ヤマハ発動機モータースポーツ活動計画発表会

でも紹介しましたが、Youtubeチャンネルで展開しているBBBバイク情報動画にて、2016年ヤマハ発動機モータースポーツ活動計画発表会のレポートが公開されております。


・ヤマハ副社長への独自質問

・ロードレースYAMALUBE RACINGの藤田拓也選手、野左根航汰への独自インタビュー

・トライアルのヤマハワークスライダー黒山健一選手への独自インタビュー

・ゆっきーのズッコケ映像

などなど、BBB情報動画ならではのレポートをお届けしております。

ぜひご覧くださいませ!

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ

◎小林ゆきのツイッターアカウント

のフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3


| | トラックバック (0)

2016.02.29

BBB動画レポート・BMW電動スクーター「C エボリューション」インプレ#2【解説編】も公開されております

BMW電動スクーター「C エボリューション」インプレ#1高速/一般道編 に続きまして、

BMW電動スクーター「C エボリューション」インプレ#2【解説編】も公開されております。

ところで、電動バイクの区分って今のところ、

・原付一種

・原付二種

・それ以外 (ただし軽二輪登録)

ってことになってまして、どんなにパワーが出ていようが、いまのところ日本では車検のない軽二輪の区分となっております。
(250ccみたいな位置付け)

免許も、どんなにパワーが出ている電動バイクでも、いまのところ普通二輪免許で乗れますし、このC evolutionは普通二輪のオートマ限定免許で乗ることができます。


o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ

◎小林ゆきのツイッターアカウント

のフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

| | トラックバック (0)

BBB動画レポート・BMW電動スクーター「C エボリューション」インプレ#1高速/一般道編が公開されております

Youtubeの「BBBバイク情報動画」 でぞくぞく公開しているニューモデルのインプレをわたくし小林ゆきが担当しております。
今回は、話題の電動大型スクーター、BMWのC-evolutionに乗ってきました。
マイクはヘルメットの内側に仕込んであり、今回も走りながらしゃべっているのですが、とくに一般道ではバイクからのノイズがほとんど気にならないほど静かなところにご注目。
ぜひご覧くださいませ。

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ

◎小林ゆきのツイッターアカウント

のフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧