バイク

2020.01.06

2月15日(土) ゆきズムじゃんぼりーvol.3開催!

2020

2018年より始めました『ゆきズムじゃんぼりー』

わたしの誕生日にかこつけて、大好きなバイク・音楽・Kommonを融合させたイベントを開催しております。

第3回目となる今年のテーマは

『鈴鹿8耐 36レーシング参戦20周年!』

と題しまして、第1部バイクトークでは鈴鹿8耐のメンバーが集結してのトークショーを行います!

ゲストは──、

元世界GPライダーでK&T代表の高田孝慈さん、

そして国際ライダーで大阪国際大学教授の山口直範さんのお二人です。

また、36レーシングチーフメカで現ALTEC代表の山本幸正さん、

カメラマンとしてフォトスペースRSの石村栄治さんもいらっしゃる予定です。

 

また、第2部ゆきズムライブ♪では、ゲストボーカルとして This Timeの小森義也さんにも歌っていただきます。

 

 
開場 16:30
●第1部 トークライブ 「鈴鹿8耐36レーシング参戦20周年!」
開演 17:00~

ゲスト
K&T代表・元世界GPライダー高田孝慈さん、
大阪国際大学 教授・国際ライダー山口直範さん
18:30~19:30 (休憩・歓談タイム)

●第2部 ゆきズムmusicライブ
19:30~ (21:00終演予定)

ゲストvo.小森義也さん(This Time) &小林ゆき

 

~23時ごろまで歓談タイム
●Kommonうでわ展示販売
 
  • ※第1部と第2部の間に約1時間ほどのインターバルを設けますが、入れ替え無し、途中入退場可です。
    (公演中の出入りはご遠慮ください)
  • ※ご進物ある場合はなるべくインターバルか終演後にお渡しいただきますようお願いいたします。

●料金

①うでわ付き前売りチケット
3000円(+当日1drink)
S1924S2550 
Kommonのうでわ と手書きの紙のチケットをお送りします。
ご予約はKommonのサイトからお願いいたします。


②予約前売り
 (うでわ無し) 3000円(+1drink)
ご予約はこちらのメールアドレス、またはfacebookのイベントページ等にてお名前と連絡先、人数をお知らせください。
Mail2image
Qr_20200106033901
 
③当日 3500円 (うでわ無し、+1drink)

ご予約、当日ともに入り口入ってそのまま進みカウンターでお支払ください。

 

  • 会場の試聴室その3はライブハウスですが、カウンターバーのような雰囲気のある場所で、キャッシュオンデリバリー(飲み物やつまみはカウンターで注文し現金と交換)のス
    タイルなので、気軽に飲み喰いすることができます。
  • 小森義也&小林ゆき で展開しているアクセサリーブランド、Kommonうでわの展示販売もいたしますので、ゆったり横浜の夜を楽しみながらご参加ください。

●場所 横浜 日ノ出町 試聴室その3

横浜市中区長者町9-159 第1田浦ビル2階
*最寄駅*
京浜急行 日ノ出町駅 徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅 徒歩7分
JR京浜東北線、根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅 徒歩8分、桜木町駅 徒歩12分

Qr_233408

257_5799

(2003年、36レーシングが鈴鹿8耐に参戦した最後の年の決勝の朝)

|

2020.01.03

発見激ムズ! でも激安。エコステーション21 川崎東田町バイク駐輪場

S2543

 

バイクで走りたいので、出かけるときはほとんどバイクで移動しております。
そのため、バイク駐車場情報は欠かせません。

正月の初走りの目的地は川崎駅周辺でした。

川崎駅周辺もデパートの駐車場などいくつかバイク駐車場があり、ライダーにとって便利な駅です。

今回は国道15号方面が目的地だったので、市役所に設置されているバイク駐車場を目指したのですが、あいにく川崎市役所は取り壊し工事を行っていて、2か所とも閉鎖されていました。

 

そこでネット情報を頼りに「エコステーション21 川崎東田町バイク駐輪場」を目指したのですが……。

まずは上の写真をご覧ください。一方通行の進行方向です。

 

S2542

次にこの写真↑を。目的地を通りすぎて振り返ったところです。
ここのどこかを右左折したところにバイク駐車場があるはずなのですが……。


S2544

バイクから降りて歩いてうろうろしてみると……!


S2545

ありました!
発見、激ムズ!
クルマが通れない路地を入った奥にありました。

 

S2546

満車かどうか表示する親切看板も設置されているのですが、通りからほぼ見えないのであまり意味がないかも。

見つけにくすぎる立地条件からか、料金は10時間330円と激安です。

 

S2547

 

S2548

支払いは現金のみ、1000円札まで。
クレジットカードや交通系カードなどキャッシュレスには対応していません。

 

S2549

 

駐車方法は一般的なチェーンロック方式です。

 

正月の早朝だったので空いていましたが、平日の稼働状況はどうなんでしょうか。

 

↓ここに至るまでの道も、一方通行だらけなので難易度が高いバイク駐車場ですね。

 

 

 

【イベントのお知らせ】

 

ゆきズムじゃんぼりーvol.3 2月15日(土) 16:30~ 横浜 日ノ出町 試聴室その3

 

 

 

 

|

2019.12.31

虹色侍ずまくんとツーリングに行ってきました♪

S1868

 

ひょんなことから 虹色侍(にじいろざむらい)のずまくんとツーリングに行ってきました。

 

わたしが虹色侍を知ったのは、誰かのツイートでこの動画を知ったことから。

 

 

ユーミンのツイートへの即興ソングも話題になっていましたが、そのときは引っかからず、はっきり認識したのは上のコンビニソングからでした。

 

なんだかとっても気になったので、動画をあれこれ見て回ったところ、

 

~っぽくしてみたシリーズ

 

~ジャマイ化シリーズ

 

~〇〇を××っぽくしてみたシリーズ

 

そしてなんと言っても虹色侍の真骨頂、即興作詞作曲シリーズは圧巻でした。
最近、「ゆきズムじゃんぼりー」という自分のイベントで音楽をまたやるようになり、いろんなジャンルの音楽を聴くようにしていましたが、ロットくん、ずまくん二人の才能や掛け合いが面白くて、チャンネル登録して毎晩聴くようになりました。

 

めちゃくちゃハマったのが、サザエさんの新主題歌をパリピっぽくリリースしてみた【虹色侍の即興作曲】です。それこそ、朝から晩までヘビーローテーションして締切を乗り切りました。

 

 

そんな虹色侍の動画をあれこれ掘っていったところ、どうやらずまくん、バイクに乗ってるっぽい発言があったのです。
それも、普段の足として原付に乗ってるみたいな感じでなく、少なくとも250cc以上のまたがって乗るバイクに乗っているのではないか?

真偽を確かめるため(?!)というわけでもないのですが、虹色侍ファンミーティングに行ってみることにしました。
ファンミのあとに握手会的なものがあったので列に並び、幸いなことに満員のお客さんの中、ほぼ一番最後だったので思い切ってずまくんに聞いてみました。

 

「バイク、何に乗ってらっしゃるんですか?」

「あ、MVアグスタです(^^)」

「えっ?! アグスタ?! あ、あの……!」

 

そこから会話をしたかったんですけれども、あいにく“剥がし”の人の目が冷たかったので、それ以上聞き出すこともできず。

 

虹色侍と言えば即興ソング。

オドぜひ出演のときのトレイントレイン・ジャマイ化も大好き。

 

カバーも良いです。

 

看護士、保育士、先生やなんかへの応援ソングも素敵~。

 

……とまあこんな感じでどっぷりはまって応援している虹色侍さんなわけですけれども、ひょんなことから、ずまくんとツーリングに行くことになりました。
せっかくだら晴れてる日に……と思って日程を延期したら結局、雨。ですが、誰かと待ち合わせてどこかへ向かうこのワクワク感たら!

 

S8542

 

顔がデレデレしておりますね(^^;

 

ずまくんは買ってまだ1か月、なのにもう4000kmも走っちゃった!というハーレーダビッドソンのスポーツスター。
わたしは買って4年目なのに雨の日は乗らないようにしててまだ1万kmも走っていないカワサキ Ninja H2という凸凹コンビのツーリングです。

 

せっかくなのでB+COMでつないで、おしゃべりしながらツーリングすることにしました。

 

S1853

(目の前に拡がる甲府盆地を見て感動するずまくん)

 

ルートは、中央道の談合坂SAで待ち合わせをして、勝沼IC→フルーツライン→国道140号→雁坂トンネル→バイク弁当の大滝食堂さんを目指します。

 

S1871念願の生「リリースしますっ♪」

 

S8547

 

あいにくの雨と台風被害で道路状況はよくありませんでしたが、初対面とは思えないほどバイク談義に花が咲き、道中、ずーーーーっとおしゃべりしっぱなしで目的地のバイク弁当の大滝食堂さんに到着。

 

ずまくんは「バイク弁当」が何なのかまったく知らなかったので、看板を見ても「バイク弁当てなんですのん?!」とはてなマークのまま店内ヘ。
柔らか肉厚豚肉の甘辛から揚げのお弁当はいつものように大満足。

S8548

 

ツーリングの後半も道路状況がよくなかったのですが、ほんとB+COMなどインカム文化がツーリングを劇的に快適にしてくれました。
走りながらも話が尽きないので、けっきょくカフェでいっぷく。

S8553

甘いものなどいただきつつ、音楽談議やYouTube談議に花を咲かせたのでした。

S8555

 

虹色侍やバイク乗りとしてのずまくんのことは近々、どこかのメディアで紹介できるかと思います。お楽しみに!

 

ずまくん、遅い時間までおつきあいくださいましてありがとうございました!

 

S8558

|

2019.11.13

【イベント出演】バイクナイトエッジ11.16にてトークショー開催!

73019635_503673313548155_535000623393800

バイクナイトエッジ11.16

 

来る2019年11月16日土曜日、浜松にあるモトサービスエッジ様で毎月第3土曜日に開催されている「バイクナイトエッジ11.16」に参加いたします。

 

土曜日の夜にバイクでゆるっと集まろうというこのイベント、どなた様でもご参加いただけます。

 

今回はマン島TTレースをテーマにトークショーをやります。

 

入場無料、クルマでも駐車場がありますのでお近くの方はぜひ。

 

日時●11月16日(土)19時~21時

 

場所●モトサービスエッジ
浜松市静岡県浜松市南区卸本町82

 

 

内容●モーターサイクルジャーナリストの 小林ゆきのトークショーや Kommonうでわ の販売をします。
Motophoto/モトフォト 写真工房 刻 も久しぶりのエッジ開催につき予約受付中。
オートバイブックス さんもバイクナイトエッジに出店。秋の読書のお供にぜひ!

 

 

 

|

2019.10.30

【近々のお知らせ】11/9(土)秩父原付ツー、11/16(土)浜松バイクナイトエッジ、11/17(日)ネオパーサ清水・バイク女子部

お知らせばかりになりまして恐縮ですが……

近々の出没情報です!

 

11月9日(土) 秩父→飯能 原付ツーリング

完全にプライベートなツーリングですが、秩父市にあるバイク弁当の大滝食堂から飯能市にあるfukufuku gardenに向けて原付でツーリングをしようと思っています。

Kommonも持ち歩きますのでご興味のある方はぜひ。

11時 バイク弁当の大滝食堂でバイク弁当をテイクアウト

12時 どこかで昼食

14時 fukufuku gardenにてティータイム

15時 大滝食堂に戻る

※雨天の場合はドライブします

 

11月16日(土) 浜松・バイクナイトエッジ

毎月第3土曜日の夜に開催されているモトサービスエッジさんによるライダー向けミーティングに参加いたします。

トークショーを行うほか、Kommonも出店いたします。

バイクナイトエッジ

19時~21時 (15時ごろよりお店におります)

 

11月17日(日) バイク女子部2000人達成記念ミーティング

前回は荒天にて延期になったバイク女子部のミーティングに参加いたします。

こちらもKommonが出店しますのでぜひお立ち寄りください!

新東名・ネオパーサ清水

(一般道から進入可能)

10時~15時

入場無料

 

|

2019.09.10

【参加者募集中!】10月21日(月)は超特盛バイクスキルアップ(バイクレッスン)@秩父バイク弁当の大滝食堂へ!

来る10月21日(月)に、秩父の三峰神社の方にある バイク弁当大滝食堂様にて基礎的なスキルアップを丁寧に行う「バイクスキルアップ弁当」と名付けたバイクレッスンを開催いたします。

立ちゴケ防止から発進停止を美しく行うテクニックまで、超基本の内容で行います。
雨天の場合でも、バイクを走らせずにまたがってのレクチャーで開催いたします。

なお、参加者さんは昼食(バイク弁当)と参加賞(KommonのRide Safeうでわ)付きで、参加費は2500円です。


ぜひ、ご参加をご検討くださいませ!お待ちしております。

 

場所:バイク弁当の大滝食堂

 

日時:2019年10月21日(月)

申込み先:バイク弁当の大滝食堂  info■bikebento.jp (■をアットマークに変更してください)

スーパーチャージャー


超 特 盛
バイク スキルアップ 弁当

■ライディングスキルアップを超特盛で!

超特盛バイク〈スキルアップ〉弁当は

・バイクに乗るための準備体操
・乗りこなすための身体の動かし方
・身につけたい点検やメンテ項目
・立ちゴケしない知識とトレーニング・ブレーキ基本の「き」
・スロットル操作の知識と実技
・Uターン&コーナリング集中トレーニング

……etc. などを、二輪車安全運転特別指導員でサーキットインストラクターやバイク動画インプレッションのライダーも務めるバイクジャーナリスト・小林ゆきが、講義と実技をギュギュッと弁当箱のように詰めて、皆さんのスキルアップのお手伝いをいたします。
少人数でたっぷり質疑応答の時間も設けますので、日頃の疑問を解決してください!

雨天の場合、バイクで走行せずに室内で座学と、身体の使い方などをレクチャーいたします。

■こんな方におすすめします

・免許取り立ての初心者ライダー

・立ちゴケが心配な小柄なライダー
・久々にバイクライフを復活したリターンライダー
・体力に自信がなくなってきたシニアライダー
・上記のような初心者/リターンライダーにスキルアップの方法をどう伝えていいか悩めるベテランライダー

■スキルアップに応じて金・銀・銅のRide Safeうでわ(Kommonうでわ製)を進呈

ビーズでモールス信号に則ってRide Safeと組んであるライダーのお守り的うでわ。
バイク弁当の大滝食堂でも好評のうでわを、非売品のデザインで参加賞としてご用意しました。
ご参加1回目の方からそれぞれ銅、2回目は銀、3回目は金のRide Safeうでわを進呈いたします。

■参加車両

参加車両の条件はありません。
50ccの原付スクーターからビッグバイク、アメリカン、なんでもOKです。

■服装や装備

安全のために長袖、長ズボン、グローブ、排気量に合ったヘルメットの着用をお願いします。

■スケジュール

10:00 受付
〈一の重〉
10:30 開校式
10:40 点検、メンテ
10:50 準備体操
11:00 立ちゴケ対策スキルアップ
〈二の重〉
11:20 スロットル・スキルアップ
11:40 休憩
11:50 ブレーキ実技
12:20 休憩
12:30 Uターン&コーナリング実技
〈三の重〉
13:30 昼食(バイク弁当)いただきながら質疑応答
14:00 閉校式

●雨天の場合

10:30 受付
〈一の重〉
10:45 開校式
10:50 点検、メンテ
11:00 準備体操
11:15 立ちゴケ対策スキルアップ
〈二の重〉
11:45 コーナリング・スキルアップ(身体の使い方のレクチャーと走行しない実技)
12:15 質疑応答
〈三の重〉
12:45 昼食(バイク弁当)
13:30 閉校式

|

2019.05.04

『週刊バイクTV』に映ってました

 

ツイッターのフォロワーさんに「テレビ出てましたね!」とご指摘を受け、はてさてTV出演は最近ないよなーとか思ったら……( ̄□ ̄;)!!

 

千葉テレビの「週間バイクTV」のオープニングで、バックのにぎやかしとしてわちゃわちゃしている姿が……。

 

たまたまウエルカムライダーズおがのブースにいたときに、プラカード持って!と言われてわちゃわちゃしてたんですが、それがテレビの収録中、それもオープニングの映像に映るだなんて思ってなくて、お恥ずかしい姿を晒してしまいました。
末飛登さんあやみんこと岸田彩美ちゃん、たいへん失礼いたしました!

 

残念ながらわたしの住む横浜では千葉テレビを見ることができないので残念、と思っていたら、いまは公式でYoutube動画を見ることができるようになっていますので、みなさんぜひ貴重なバイク番組「週間バイクTV」をご覧くださいませ!

 

 

|

2019.05.03

「ネオブタ」……サーキット走行向けの整備呪文

教習所や二輪車安全運転講習会などで教わる呪文、

ネンオシャチエブクトオバシメ」。

 

運行前点検、整備すべき項目の言葉の頭をとって組み合わせたものです。

具体的には、

 

ネン→燃料(ガソリンが入っているかどうか)

オ→オイル(オイル量や漏れがないかどうか)

シャ→車輪=タイヤ(タイヤの空気圧や減りなど)

チ→チェーン(チェーンの張り、たるみ)

エ→エンジン(オイル漏れやエンジンの異音など)

ブ→ブレーキ(ブレーキパッドの減り、キャリパーの取り付け、ブレーキフルードの漏れやブレーキワイヤーのゆるみなど)

ク→クラッチ(クラッチの状態やクラッチワイヤーのゆるみ、遊びなど)

トウ→灯火類(ヘッドライト、ブレーキランプ、ナンバー灯、ウィンカーなど)

バ→バッテリー、ハンドル、バックミラー

シメ→増し締め(各ネジ類がきちんとしまっているかどうか)

 

このように覚えよということなんですが、最近では項目が多すぎるので最低でも

 

ブタと燃料

 

すなわち、

ブ(ブレーキ)

タ(タイヤ)

と(灯火類)

燃料(ガソリン)

 

だけはチェックしましょう、ということが提唱されています。

 

さて。

ブタと燃料は公道バイク向けの呪文でしたが、サーキット走行では次の呪文を提唱したいです。

 

ネオ豚

 

ネ (燃料)

オ(オイル)

ブ(ブレーキ)

タ(タイヤ)

 

サーキット走行ですと、灯火類は必要ないので「と」は減らして、

そのかわりに、安全のためにもっとも重要なオイルの項目を加えて『ネオ豚』としました。

オイルのチェック項目は、オイル量だけでなく、漏れやドレンのチェックなども含みます。

 

そんなわけで、サーキットを走る前には直前でも必ず「ネオ豚」をチェック。よろしくです。

|

2019.05.01

Youtube動画番組で、2018年新型セロー250を一般道で試乗インプレしました

 

令和元年となりました。

 

前回のブログで紹介しましたYoutube動画番組・バイク情報動画BBBの「足つきインプレ」に続きまして、一般道の試乗インプレ動画もあがっておりますので、ぜひご覧ください。

今回もセローが本来得意とするダート路ではなく、ほとんどの人が99%以上走るであろう舗装路、それも一般道での試乗インプレを行ないました。

もちろん、未舗装路などでトライアル的な走りをすることこそセローの本領が発揮されるのでしょうけれど、それはダートが得意なライダーの皆さんにおまかせするとして、わたしは初対面時の“とっつき”や、普段の使い勝手という視点からインプレを試みました。

むしろ、その方がインプレは難しいのですが、ささいな点でもお伝えできればなと思って言葉を絞り出しております。

 

かれこれ6年くらい動画インプレに出演しておりまして、最近では「youtube見てます!」と声をかけられることも多くなってきて、うれしいかぎりです!

よろしければチャンネル登録お願いします!

バイク情報動画BBB

 

|

2019.04.30

バイクの動画インプレで、なぜ足つきインプレをしつこくやるのか

 

バイク情報動画BBB

というYoutubeチャンネルの番組でバイクのインプレを担当しています。

 

主にニューモデル、現在発売されているモデルのインプレを数本立てで紹介しているのですが、中でも

 

“1mmも走らせない”足つきインプレ

 

が好評です。
いや、バイクなのに走らないインプレが一番、視聴回数が伸びるってどういうこと?! ……と最初は戸惑いましたが。

 

そもそも、この「足つきインプレ」を始めたのは、女性の平均身長に近い身長161cm、しかし足短め(RSタイチ公認)のわたしであれば、女性ライダーや小柄な男性ライダーの指標になるのではないかと思い、始めたものです。

 

そして、雑誌やインターネットの写真ベースの記事では、どれくらい足が着くか着かないかという静的な評価しか伝わりにくいのですが、動画というメディアは、足の踏み替えや、サイドスタンドを出し入れできるかどうかなど、当たり前ですが動的に表現できるということで、普段の使い勝手に焦点を当てて丁寧にインプレを試みました。

 

普段、バイクに乗るときにどんな動作をしているか?

 

昔、自動二輪免許の限定解除の試験を受けていたとき、乗り降りの動作も試験の得点にとても関係する部分でした。

 

・後方確認
・バイクを起こす
・サイドスタンドをはらう
・またがって右足はステップの上へ
・ミラーの位置を確認
・(エンジンをかける)
・後方確認
・足を踏み替える(右足を着く)
・クラッチを切ってギアを1速に入れる
・足を踏み替える(左足を着く)
・後方確認
・右ウインカーを出す
・もう一度後方確認
・発進

 

……こんな手順だったと思います。

 

ここまで細かくお作法に則らなくても、

 

・後方確認してバイクにまたがる
・バイクを起こす
・足を踏み替える(右足を着く)
・サイドスタンドをはらう
・クラッチを切ってギアを1速に入れる
・足を踏み替える(左足を着く)
・右ウインカーを出し、後方確認して発進

 

このような動作は、バイクに乗る限り、1日のうち何度も行なっていることでしょう。

 

身長が170cm以上くらいの方ですと、オンロードバイクなら普段、意識せずにやっていることと思いますが、160cm以下くらいの方だと、この「足の踏み替え」「サイドスタンドをはらう」の動作ですら、最初は立ちゴケしないように決死の覚悟でやっているんじゃないかと思います。

そして、サイドスタンド状態からまたがったままバイクを起こせないほどの重いバイクやシート高の高いバイク、足の踏み替えの度にお尻の位置を思いっきり左右にずらさなければならないバイク、足を伸ばしただけではサイドスタンドがはらえないバイク……。

そのようなバイクは、やがて乗るのがおっくうになってしまい、バイクを手離したり、バイクライフが終了してしまうことにつながりかねません。

もちろん、体格に合った小さめのバイクを選べばいいのでしょうが、デザイン的に気に入っているものに乗りたいじゃないですか。

身長150cm台前半の人だと、原付以外、そもそも体格に合うバイクはないかもしれません。


なぜオートバイのシート高は、かくも高いのか?

それにしても、なぜオートバイのシート高はこうも高いのでしょうか。

おそらく、オートバイの開発は運動性能優先で行なわれることがほとんどなので、エンジン搭載位置やサスペンションのストローク量で必然的にシート高が決まってしまうのでしょう。

また、そもそもメーカーが標準としている身長が高いということもあると思います。

クルーザー、アメリカンと呼ばれるタイプのオートバイは比較的シート高が低いのですが、その代わりになぜか車重が重いバイクが多く、ぐらっと来たときに支えきれないこともあります。

 

そんなこんなで、ビギナーやリターンライダーの皆さんの心配事1位は「立ちゴケ」なんじゃないかと思います。

レンタルバイクや試乗でも、立ちゴケが気になって躊躇するライダーさんが多いと聞きます。

バイクを購入するにあたって試しに乗ってみたい。でも立ちゴケが心配で踏み切れない……。

乗りこなせるかどうか、というより、“停めこなせるかどうか”、それがわからないから、いつまで経ってもバイクを買うに至らない……。

 

わたしが動画でやっている“足つきインプレ”は、そのようなライダーさんたちに参考にして欲しいと思い、しつこくやっております。

 

わたし自身、手足が同じ身長の女性の平均より4cm短いというRSタイチ公認の短腕・短足な特殊体型なので、やはりビギナー時代は何度か立ちゴケをして困ったことがありました。

乗り慣れてくるにつれわかったのは、身体の体幹を使ってバランスが取れれば、ほとんどのバイクは片足しか着かないようなシート高でも乗り(停め)こなせるということでした。

また、立ちゴケ防止になる足の着き方、足の向きがあるのだなあということもわかってきました。

 

教習所ではバイクが倒れたときの「引き起し」を習いますが、立ちゴケしないための理論やコツは明確にありますので、今後、伝える機会があればいいなと思っております。

 

……そんなこんなで、始めた「足つきインプレ」。
10分くらいかけて1mmも走らずに、またがったり、足を踏み替えたり、サイドスタンドを出し入れするだけのインプレを動画で展開しております。

足の長さや体重によって、同じシート高のバイクでも足つきは変わりますので、あくまで参考程度ではありますが、少しでも皆さんの心配を払拭し、バイクの世界への入り口が拡がるといいなと願って、あれこれまたがっております!

|

より以前の記事一覧