01.バイク

2020.08.18

どういうレベルのライダーがサーキットスクールに参加しているのか~SPA西浦モーターパーク二輪スクールの現場から

68431361_2580204375343616_74660779557189

※この記事は昨年(2019年8月18日)にfacebookに書いたものを再掲しています。

SPA西浦というサーキットの2輪スクール講師をしております。

ロードレースではなんの実績もないわたしですが、初心者対象のスクールということでわたしでもできることがあるのではないかと思い、お引き受けいたしました。

国際ライセンスの条件がなかった時代にMFJインストラクターの資格を取ればよかったと思うことしきりですが、SPA西浦のスクールはサーキット直営スクールであること、わたしは国内ライセンスライダーですがレースを30年続けていること、また安全運転特別指導員の経験も少しは生かせるのではないかと思い、今に至っております。


西浦のスクールには、1分切るようなライダーもたまには来ますが、多くは1分15秒前後(西浦は筑波のタイムの110~120%くらいのタイムかなと思います)、また、なかなか1分30秒切れないくらいのライダーも来ます。

SPA西浦のスクールにいらっしゃるライダーの多くは、50代を中心としたリターンライダー、あるいは30代くらいでお金がようやくできてバイクに乗るようになってバイク歴はまだ数年……といったライダーさんたちです。

筑波で言えば1分30秒いかない、もてぎなら3分、鈴鹿なら4分……のようなライダーさんも参加します。
つまり、ツーリングレベルでもかなりの“安全運転“だったりします。

そのようなライダーさんはおそらく、教習所や運転免許試験で課せられるような8の字だったりスラローム課題も上手にこなせない方もいらっしゃるかと想像します。

昔(1980年代)ならサーキットを走るライダーの資格として

「峠を走りこんでたらオレ・アイツ誰よりも速い」
(じゃあサーキットで腕試ししてみるか!)

みたいなことがあったかと思います。
あるいは、90年代以降ならミニバイクから始めて頭角を表した・3歳からポケバイに乗っている、みたいな人が頂点を目指す、みたいな世界もあったかと思います。

ですが、いま西浦のスクールに参加するライダーさんは、レースを目的としていない方ばかりです。
ただ、どんなレベル・経験のライダーさんだったとしても誰もが

「サーキットを走ってみたい!」

「スキルアップしたい!」

「安全に走行する技術を身につけたい!」

という強く熱い思いを持って参加してくださいます。

もともと速いとか、レースで上位を目指す以外の世界がそこにはあります。

それだって、モータースポーツ文化の一端だと思いますし、裾野はそちら側に拡がっているはずと思います。
そのような参加者の気持ち、願いをわたしは尊重したいと思って、毎回スクールに挑んでおります。

みなさん、サーキット走行がしたい方々ですから、知識はあります。
なので、最初から

「どこでブレーキかければいいですか」
「どれくらいブレーキかければいいですか」
「どれくらいのタイムが基準になりますか」
「タイヤのはしっこまで使えてないのですが…」

などなど、“答え”を求めてこようとします。

サーキットを速く走るには、ストレートスピードが上がるのが一番てっとり早く、しかも安全にタイムアップにつながること、
ストレートの加速をよくするためにはコーナーの立ち上がりを効率よくするラインを走ること、
コーナーの立ち上がりを効率よくするためにはどこにクリッピングポイントを取ればいいのか、
クリッピングポイントを狙うためにはどこでどれくらい減速すればいいのか……

のような「逆算して考える」(byキッシー先生のお言葉)を伝えます。
そして、タイムは「結果でしかない」ということを繰り返しお伝えするようにしています。

タイヤが端まで使ったかどうか(使えているかどうかではなく)も、あるレベルまでのライダーにとっては結果でしかないと思っています。

(「アマリング」なんて言葉は滅びてしまえ!)

それでも、

「もっとコーナーがんばらないといけないでしょうか」

と聞かれたりするので、そのときは、メインストレートでもっと開けましょう、回転数上げましょう、と伝えます。

レッドゾーンが1万1000回転からのビッグバイクで、メインストレートでは2000回転しか開けていなかった人もいました。

スロットルを開けろ、ストレートスピードを上げろ、というアドバイスは、同時にしっかりブレーキできるようになっていなければなりません。

しかし、サーキット走行をしたいと参加してくるライダーのほとんどが、ABSを効かせたことがない、意図的なタイヤロックができない、したことがない方々です。

そのような方々が、サーキットでもっとも理想的なタイヤロック寸前の99%のブレーキングを果たしてできるでしょうか、とも思います。
本当は、コース以外でタイヤロックの練習をして欲しいのですけど、転倒したりすることがあって、気温などの条件がよいときでないとなかなか実施できないのが現状です。

……いろいろと書きつらねてしまいましたが、SPA西浦のスクールに参加される方は皆さん真摯で紳士な方です。
そういった方々が明日のバイク文化やモータースポーツ文化を創って行くのだと思います。

毎回、スクールの終わりにお伝えしていることがあります。

「バイク」というだけでかつての暴走族のイメージ、バイクブームの頃に事故が急増したイメージがあって、ライダーは社会から虐げられてきました。まじめに「スポーツ」としてモータースポーツに取り組んでいても。でも、皆さんが正しく取り組み楽しんで無事に帰宅すれば、モータースポーツやバイクへの理解が進むと思います。ぜひ、今日楽しかった、気持ちよかったという思いを、無事に帰宅して皆さんの家族や友人に伝えたり、職場や友だちに自慢してください!

……と。

レベルや経験の差があるとスクール運営はなかなかたいへんですが、もともとへっぽこライダーから始まったわたしの経験から、今後も、より入門よりの内容でこれからも進めていければなと思っておりますし、それがわたしの役割なのだと思っております。

* * * * * * *

次回、西浦のスクールの日程は未定です。

|

2020.06.23

CBR150Rの動画をUPしたのでバンコクモーターバイクフェスティバルの写真をあれこれUP

E5d_6747_r

先日、SOXさんで取り扱っているホンダのインドネシア製 CBR150Rを試乗してきたので、そのスピンオフでアジアのバイク事情から脱線しながら世界のカスタムバイク事情などをお話しした動画を Kommonちゃんねるにupしました。

試乗の模様はBBB☟からどうぞ。

ホンダ輸入車「CBR150R」 足つきインプレ&取り回しインプレ編!(2020年モデル )

ホンダ輸入車「CBR150R」 高速道路!試乗インプレ編!(2020年モデル )

ホンダ輸入車「CBR150R」 一般道試乗インプレ&まとめ!(2020年モデル )


さて、動画の中でも話しておりますバンコクモーターバイクフェスティバル。
わたしは第2回目の2015年に行ってきたのですが、そういえば弊ブログではあまり書いていませんでしたね。

このブログエントリーしか書かなかったかも。☟

タイの超狭すり抜けバイク


かつてやっていたBBBのポッドキャスト/ネットラジオのばいく~んGoGo!であれこれお話しをしました。

Vol.133 こんな場所で!?バンコクモーターバイクフェスティバルをゆっきーがレポート[小林ゆき]

なのですが、音声データをiTunesから探すのがけっこう難しいかも。

というわけで、今回はほんの一部ですが、バンコクモーターバイクフェスティバルで見かけたカスタムバイクを少しだけご紹介します。
デパートの中での展示がなかなかシュールですが、アーティスティックで自由な発想のカスタムが多くて感動しました。
あれから5年経ってますから、格段に技術やアイディアのレベルが上がっているんじゃないかと思い、今年はバンコクに行くつもりにしていましたが、いまのところ行けそうにないですね。というかカスタムバイクショーが行われるかが微妙です。

それではカスタムバイクのあれこれをどうぞ。

E5d_6747_r
E5d_6662_r
E5d_6603_r
E5d_6582_r
E5d_6576_r
E5d_6572_r
E5d_6561_r
E5d_6524_r
E5d_6379_r
E5d_6191_r
E5d_6179_r
E5d_6137_r
E5d_6118_r
E5d_6105_r
E5d_6066_r
E5d_5969_r
E5d_5938_r
E5d_5876_r
E5d_5699_r
E5d_5693_r
E5d_5508_r

|

2020.06.06

マン島TTレース TT LOCK-IN、解説生配信はこちらから

本日、2020年6月6日(土) 26時 (現地6日19時、日本時間 7日(日)午前2時)より、
8日間にわたって公式配信される TT LOCK-IN。

Youtubeのマン島TTレース公式チャンネル

Facebookのマン島TT公式ページで特別番組が配信されます。

本来ならわたしは毎年恒例のマン島取材に行っている時期でもありますので、せっかくですから公式配信を見ながら解説を生配信したいと思います。

配信はわたくし小林ゆきが運営しているKommonちゃんねるにて行ないます。

ぜひ、リマインド登録してお待ちください!

|

2020.06.05

マン島TTレースは中止になりましたが8日間「TT Lock-In fuelled by Monster Energy」が配信されるので、YouTubeチャンネルで生解説配信をやってみようと思います

残念ながら2020年のマン島TTレースは中止になってしまいました。
TTレースが中止になるのは2001年、口蹄疫問題があったとき以来です。
(ただし、2001年はレースは中止になりましたが、TTフェスティバルとして各種イベントは開催されました)

マン島の大きな柱となっているTTレースだけに、ただでは転びません。
早めに中止を決めたことにより、そのリソースをインターネットでの配信に振り分け、ファンの興味を繋ぐことにしたようです。

2020年6月6日土曜日から8日間、マン島TTレース公式FacebookページYoutubeチャンネルで‘TT LOCK-IN’と題した特別番組が配信されることになりました

本来なら、わたしはいつもマン島に行っている時期ですが、今回ばかりは家にいるしかありません。
せっかくなので、解説しながらTT LOCK-INを皆さまと一緒に鑑賞しようかと思っております。

具体的には、わたしたちが運営しているYouTubeチャンネル Kommonちゃんねる にて生配信をしようと思います。

スケジュールは、6月6日(土)深夜26時 (7日午前2時)からなど、毎日、深夜2時または3時からとなります。
かなり深夜なので毎日すべての時間を網羅できないかもしれませんが、なるべくがんばろうと思っております。

スケジュールは以下の通り。
時刻は全て現地時間です。
(たとえばマン島現地時間18時⇒日本時間午前2時)


SATURDAY 6 JUNE 2020
18:00 TT Lock-In Day 1 Opening
18:05 TT Onboard with Milky Quayle
18:25 The David Jefferies Story
19:10 TAS: TT Winning Formula
20:00 Virtual TT powered by Motul: Round 1
20:50 Close

SUNDAY 7 JUNE 2020
18:00 TT Lock-In Day 2 Opening
18:05 TT Lock-In Live! feat. Ben Birchall, Tom Birchall, John Holden, Lee Cain & Tim Reeves
18:25 Sundown Cinema: 3Wheeling
20:10 Close

MONDAY 8 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 3 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2012 Supersport TT Race 1
19:35 TT Lock-In Live! feat. Cameron Donald & Clive Padgett
20:00 Virtual TT powered by Motul: Round 2
20:45 Close

TUESDAY 9 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 4 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2018 Senior TT Race
19:35 TT Lock-In Live! feat. Peter Hickman & Dean Harrison
20:00 135: Breaking The Barrier
21:00 Close

WEDNESDAY 10 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 5 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 1994 Junior TT Race
19:15 TT Lock-In Live! feat. Brian Reid & Phillip McCallen
19:40 Arai TT Edition Helmet feature with Aldo Drudi
20:00 Virtual TT powered by Motul: Round 3
20:45 Close

THURSDAY 11 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 6 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2000 Formula 1 TT Race
19:35 TT Lock-In Live! feat. John McGuinness & Michael Rutter
20:00 John McGuinness: TT Winner
20:55 Close

FRIDAY 12 JUNE 2020
19:00 TT Lock-In Day 7 Opening
19:05 Ultimate TT Races presented by Bennetts: The Greatest Race: Hislop v Fogarty
19:50 TT Lock-In Live! feat. Carl Fogarty & Rob McElnea
20:15 Virtual TT powered by Motul: Round 4
21:00 Close

SATURDAY 13 JUNE 2020
18:00 TT Lock-In Day 8 Opening
18:05 TT Lock-In Live! feat. James Hillier, Conor Cummins, Lee Johnston, Davey Todd, Jamie Coward & David Johnson
18:30 TT 2020 Preview Show
19:15 Ultimate TT Races presented by Bennetts: 2009 Supersport TT Race 2
19:55 Top 20 Greatest TT Racers
21:00 Close

|

2020.05.16

DUCATI松戸の熱情型スタッフ小川さん×小林ゆき=先輩後輩対談を生配信しました

 

そんなわけで、DUCATI松戸の熱情型スタッフ小川さんと小林ゆきが最近のバイク事情やドゥカティの話題などを対談、Youtubeで生配信しました!

 

小川さんは輸入バイク販売店業界ではかなり名を知られた存在で、カリスマバイクショップスタッフと言っていいと思うのですが、実はわたしとは同じ大学のサークルに所属していた先輩・後輩の間柄です。

 

節目節目で何かと連絡をくれたりしていたのですが、ここんところお互い忙しく、むしろ外野から噂を聞くことが多くなっていました。

 

そんな折り、わたしがYoutubeに出ていることからコラボできないかと突然連絡をくれたのが木曜日の夜遅く。
そして、たまたま翌日、仕事で松戸方面に行く予定があったので急遽、金曜日にYoutubeライブをやることになりました。

 

こうしてバイク談議をするのはかなーり久しぶりのことで楽しかったです!

 

いやそれにしても、当たり前なんですがバイクに詳しい。ドゥカティに詳しい。
そして誰よりもドゥカティ愛、バイク愛が濃ゆい。顔も濃いけど。
彼の大学生時代からバイク仲間として知っているので、その成長っぷりには嬉しいやら戸惑うやら。

 

話は尽きない2時間でしたので、次回もしコラボできるときがあったら、テーマと時間制限を決めてやりましょう、ということになりました。

 

しばらく、アーカイブを残しておきますので、よかったらぜひご覧ください。

 

DUCATI松戸のYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/user/GWOGAWA

 

DUCATI松戸ツイッター

 

 

|

2020.05.15

DUCATI松戸 小川さん×小林ゆき 緊急コラボ 生配信!!

 

急ではありますが、本日、19時ごろからDUCATI松戸の小川哲郎さんとコラボでYouTubeの生配信を行いたいと思います。

 

世界でもっともドカを売る男?! 小川さんは、実は小林ゆきの後輩にあたり、大学院在籍中は同じバイクサークルに所属していました。

 

というわけで、どんな話しがお聞きできるやら。
ぜひ、チャンネル登録をしてお待ちくださいませ!

 

小林ゆきYouTubeチャンネル=Kommonちゃんねる

 

 

▼DUCATI松戸

▼DUCATI松戸ツイッター

▼DUCATI松戸

 

 

|

2020.05.13

【動画】ひたすら「足つきインプレ」やってます【BBB】

ここんとこ、なかなかバイクを走らせる取材ができないということで、YouTubeのBBBバイク情報動画というチャンネルで、ひたすら「足つきインプレ」動画をやっております。

 

もともと、ニューモデルを中心に走行インプレをしていたんですが、あるとき、もっと日常の使い勝手もお伝えしたいなと考え、荷物積載やタンデムシートインプレなどを始め、行き着いたのが「足つきインプレ」でした。

 

最初は「足つきチェック」と言っていた気がしますが、足が着くか着かないかだけでは身長や体重、足の長さによって結論は簡単に出てしまうので物足りないかなとも思いました。また、他のバイクとの比較として足が着くか着かないをするのはあまり意味がないな、とも思いました。
というわけで、しっかりインプレッションをするという意味で「足つきインプレ」と呼んで

 

・またがったときのファーストインプレッション
・シートの形状や表皮の滑りやすさ/滑りにくさ
・ステップの位置
・ステップとハンドルのポジションのインプレ
・またがったままサイドスタンドから正立状態に起せるかどうか
・足の踏み替えインプレ
・またがったままサイドスタンドをしまえるか/出せるか

これらに着目して足つきインプレをしています。

 

BBBバイク情報動画は日本最大のバイクオークションの会社BDSが運営しているチャンネルなので、いまの社会情勢を鑑み、ニューモデルではなくBDSで取り扱っているさまざまな中古車を足つきインプレしていくことになりました。

 

というわけで、最近やった足つきインプレは例えばこちら↓。

 

 

あの巨大ツアラー、ホンダのゴールドウイングにまたがることができました。

 

また、カスタムマシンの足つきインプレが出来ちゃうのもBBBならでは。

 

 

ユニコーンさん制作のGSX1400Sカタナです。

 

 

まさかのサーキット専用モデル、現在は605万円(税込)のカワサキH2Rもまたがっちゃう。

 

 

さらには、バイクブーム世代垂涎、バイクブーム世代ホイホイのRG400Γ、しかもウォルターウルフ、通称ヨンガンダブダブだってまたがっちゃう!

 

そして、動画担当Mさんの陰謀により、足つきインプレする意味が果たしてあるのか?! というカンナムスパイダーという三輪自動車も足つきインプレしました。

 

 

そんな感じで、当面はさまざまなモデルの足つきインプレをしていく予定です。
お楽しみに。

 

あ、わたし自身のYouTubeチャンネル Kommonちゃんねる もどんどん動画をupしていますので、ぜひチャンネル登録をお願いいたします

|

2020.05.06

【YouTube】四輪『レーサー鹿島さん』バイクを語る!編をupしました

 

そんなわけで、レーサー鹿島さんのラジオ番組 FM DRIVER'S MEETING に出演させていただいたご縁で、わたしたちKommonのYouTubeチャンネル Kommonちゃんねる にてバイクのお話しを伺いました。

FMラジオの収録のときと違って(?!)ざっくばらんな感じが楽しかったです!

原付からミニバイクレース、そして 30代にしてもて耐でバイクレースにデビューしたら四輪のインディ・ライツで非公式ながらサーキットのコースレコードが出ちゃった話し、時速340キロの世界、でも最近買ったバイクは〇〇〇……、などなど、盛りだくさんの内容になっております。

ラジオがわりにぜひお聴きくださいませ!

 

鹿島さんのブログでは「ちょっとしゃべりすぎ」なんておっしゃってますが、いえいえあっと言う間でした!

 

なお、次回ラジオの登場は下記予定となっております。

5月10日(日) 18時~

radiko.jp  K-MIX FM山口

5月10日(日) 午前11時~(現地時間 9日(土) 19時~) 再放送 11日(月) 午前10時~ (現地時間 10日(日) 18時~)
TJS@LA (アメリカはロサンジェルスの日本語FMラジオ放送局)

 

|

2020.04.26

アフリカツインのスピンオフ動画をYoutubeちゃんねるに配信しました

 

いつもやっているBBBバイク情報動画の取材で昨年、ホンダのアフリカツインの試乗会に行ってきました。

 

もともとオフロードはあまり走っていないうえ、ビッグオフローダーでモトクロスコースでの試乗ということでどうなることやら、という感じでしたが、なんとかゆるゆると走りきり、また恒例の足つきインプレも敢行。

 

今回のスピンオフ動画は、その試乗会の雰囲気などをお伝えしています。

 

ちなみに、動画の最後の方でニヤけながら紹介している 虹色侍 ずまくん とのツーリングは、こちらのブログエントリーで紹介しています。

 

 

BBBバイク情報動画のインプレもご一緒にぜひどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2020.04.20

Youtubeにチャンネルを開設し、MotoVlogを公開しました

 


以前からチャンネルを持っていましたが、もう少し情報発信などしたいなと思い、Youtubeチャンネルを作りました。

Kommonちゃんねる

Kommonちゃんねるでは、バイクだけでなくビーズや音楽など、自由に動画を作って行こうと思っています。

今回は、昨年11月に行った原付・秩父路ツーリングの模様をまとめました。

よかったら、チャンネル登録をよろしくお願いいたします✋

|

より以前の記事一覧