« 2016年マン島TTレースの公式ウエア・Tシャツなど一挙に紹介 | トップページ | マン島TT電動バイククラスTT Zeroの予選一回目速報 »

2016.05.30

マン島TT電動バイククラスTT Zeroのエントリー

Sse5d_2046

マン島TTレース、TT Zeroクラス。
日本のチーム無限が目下2連勝しているこのクラスのエントリーリストです。


ゼッケン 選手名 チーム名 チーム国名

1ジョン・マクギネス チーム無限 日本

2ディーン・ハリソン サロリア ベルギー

3リー・ジョンストン サロリア ベルギー

4ピーター・ヒックマン ノッティンガム大学 イギリス

5ブルース・アンスティ チーム無限 日本

6ウイリアム・ダンロップ ブランモ アメリカ

7ロバート・ウィルソン サロリア ベルギー

8デイリー・マシソン ノッティンガム大学 イギリス

9ジェイムズ・コートン ブルーネルレーシングTT Zero イギリス

10マシュー・リーズ バース大学 イギリス

11ティモシー・モノ TMR 

12アントニオ・マエソ (TBC)

14ショーン・アンダーソン キングストン大学 イギリス

15マーク・ミラー スプリットラス イギリス

ベルギーのサロリアが3台体制なのは驚きです。
プロモーションがとにかくかっこよくてしびれます。

引き続き、イギリスの大学チームが複数出場しているのはうれしいですね。

スプリットラスのボスと話をしましたが、出場は……うーん。

ゼッケン13番が欠番なのは、西洋ならではです。
リー選手の統一ゼッケンは乳がん撲滅キャンペーンとかけて13番なんですが、ここでは13番ではないんですね。

同様に、ブルース選手は今年2番が通しゼッケンなんですが、TT Zeroでは昨年までと同じ5番となります。

TTは1台ずつスタートのインターバルスタート、タイムトライアルレースなので、5番手スタートのほうが抜きつ抜かれつがみられるかもしれません。

【チーム無限やマン島TTレースの関係URL】
Team無限神電公式サイト

マン島TTレース公式サイト

Radio TT(Manx Radio公式サイト)

Radio TT(Manx Radio)Tunein

Radio TT(Manx Radio) Andoroido アプリ

TTラップタイミング

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

◎小林ゆきのfacebookページ


◎小林ゆきのツイッター アカウントのフォローもぜひよろしくお願いいたします!

「小林ゆき」の著書などはこちら

小林ゆきの出没予定はこちら

執筆・イベント出演などのご依頼はプロフィール欄をご参照くださいませ


人気ブログランキングへ

o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3   o孕o三3

|

« 2016年マン島TTレースの公式ウエア・Tシャツなど一挙に紹介 | トップページ | マン島TT電動バイククラスTT Zeroの予選一回目速報 »

「バイク」カテゴリの記事

「マン島TT」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/63707546

この記事へのトラックバック一覧です: マン島TT電動バイククラスTT Zeroのエントリー:

« 2016年マン島TTレースの公式ウエア・Tシャツなど一挙に紹介 | トップページ | マン島TT電動バイククラスTT Zeroの予選一回目速報 »