« 路肩走行の取り締まりに遭ったことありますか? 今だから告白しますけど、わたしはあります。 | トップページ | “嫁ブレーキ”を緩めるには、「接待ツーリング」を称すればいいのではないか? »

2014.09.19

【お知らせ】週刊新潮2014年9月25日号のバイク関連記事にコメントしました

バイク事故に関するニュースに関して、週刊新潮
さんから取材を受けました。

週刊新潮の記者の方はみな本当に熱心で、丁寧な取材をされます。

取材の中でお話したのは、

・年齢やブランドによる事故の類型化ができるかどうかは、きちんと統計を取らないとなんとも言えない

・とくに年齢と運転技量の関係は、経験や普段のトレーニングなど個人個人のバックグラウンドによるところが大きい

・事故の原因や死亡に至る原因は様々で、何かが飛び出した可能性、直近に起きた心臓や脳疾患の影響、居眠り、運転に適したヘルメットだったかどうか、ヘルメットの脱落などなど、いろいろな可能性を考えなければならない

などなどです。

新聞社や週刊誌などのコメント取材は往々にしてこちらの意図と違ったものを掲載される危険性がありますが、週刊新潮さんは今回もお話した意図をくまなく汲み取っていただけたので安心しました。


もちろん、今回のように悲しい事故の話題だけでなく、今回はバイクの明るい話題もぜひ取り上げてくださいと強くお願いしておきました!

あと、ぜんぜん関係ないけど、本号は本年度の通算36号なんですね。
「36」という数字は個人的にラッキーナンバーなので、ちょっと嬉しかったりも。

|

« 路肩走行の取り締まりに遭ったことありますか? 今だから告白しますけど、わたしはあります。 | トップページ | “嫁ブレーキ”を緩めるには、「接待ツーリング」を称すればいいのではないか? »

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/60340813

この記事へのトラックバック一覧です: 【お知らせ】週刊新潮2014年9月25日号のバイク関連記事にコメントしました:

« 路肩走行の取り締まりに遭ったことありますか? 今だから告白しますけど、わたしはあります。 | トップページ | “嫁ブレーキ”を緩めるには、「接待ツーリング」を称すればいいのではないか? »