« 本日現地時間10時45分、チーム無限・神電參のマクギネス&アンスティ選手が参戦するTT Zero決勝レーススタート! | トップページ | パイクスピークヒルクライムが俄然盛り上がってまいりました »

2014.06.04

マン島TT Zero、チーム無限の神電參がワンツーフィニッシュ!


2014年6月4日水曜日

TT Zero 決勝(1周・60.73 km)

天候:曇り
気温:16.5度
走行開始時刻:10時45分

 天候が心配された水曜日、朝から青空が広がり絶好のコンディションのもとTT Zero決勝が行われた。

 昨日火曜日は本来レースの日程がないため、ライダーたちは休息することができるが、月曜日に行われる予定だったスーパーストックTTレース決勝が火曜日に順延されたため、休むことなく水曜日を迎えた。
 TT Zero決勝は滞りなく予定が進み、神電參に乗るジョン・マクギネス選手とブルース・アンスティ選手は決勝直前までラジオやテレビのインタビューに応えていた。

 TT Zero決勝に出走したのは、#1 John McGuinness Shinden san/Team Mugen(日本)、#3 Russ Mountford ARC-EV3/ARC EV Engineering(イギリス)、# 4 George Spence ION Horse/Kingston University/Ecotricity(イギリス)、#5 Bruce Anstey Shinden san/Team Mugen(日本)、#6 Mark Miller R6e/Vercar Moto(イタリア)、#7 Robert Wilson Sarolea/Team Sarolea Racing(ベルギー)、#8 Robert Barber Buckeye Current RW-2.x The Ohio State University(アメリカ)、# 9 Paul Owen Brunel BX/Brunel University(イギリス)、#14 Timothee Monot TT02/MANTTX Racing(マン島)以上9台。
 他のカテゴリーは予選順に出走するが、TT Zeroはゼッケン順でのスタートとなった。
 TTレース決勝は1台ごと10秒のインターバルでスタートする。マクギネス選手とアンスティ選手とのインターバルは30秒である。

 TTレースはテレビの生中継はないため、レース中の状況はラジオの実況中継とセクターごとのラップタイミングでチェックするしかない。チームのメンバーはラジオやインターネット、スマートフォンのアプリなどで状況を確認しながら、20分後のフィニッシュを固唾を飲みながら待ちわびた。
 
 途中、コース前半ではアンスティ選手がマクギネス選手に約5秒のビハインドまで近づいたが、マウンテンのほぼ頂上「バンガロー」では18秒差まで離れ、マクギネス選手に大幅なアドバンテージがもたらされた。
 しかし、何が起こるかわからないのがTTレース。クレッグニバー、ガバナーズブリッジ通過のアナウンスを確認し、録画中継用のヘリコプターが飛んで来るのを待った。
 ヘリコプターがグランドスタンド上空でホバリングし始めると、ついに#1 神電參+マクギネス選手が姿を現わしチェッカーフラッグを受けた。
しかし、TT はタイムトライアルのレースゆえ、アンスティ選手がゴールしてみないことには順位が確定しない。
 2番目にチェッカーフラッグを受けたのは#5 ブルース選手。マクギネス選手との差は53秒325で、インターバルの30秒を引くとその差は23秒325となり、この結果、#1 マクギネス選手が優勝、#5 ブルース選手が準優勝のチーム無限ワンツーフィニッシュが確定した。

 なお、#1 マクギネス選手のラップタイム 19分17秒300(平均時速117.366マイル、187.79km)は、6月2日(月)に同選手が記録したラップレコードを更新した。また、この記録は1999年のライトウェイトTT(GP250マシン)の記録に匹敵するものである。


 TT Zeroは2009年から始まったエミッション・フリーの動力によるモーターサイクルのーカテゴリーで、実際には電動バイクのみがエントリーしている。チーム無限は2012年から参戦して初年度、昨年度ともに準優勝し、今回の優勝は日本のコンストラクターとして初めての快挙である。

順位 ゼッケン ライダー マシン チーム ラップタイム 平均時速(mph)賞典

1 1 John McGuinness Shinden San Team Mugen 19:17.300 117.366 Silver

2 5 Bruce Anstey Shinden San Team Mugen 19:40.625 115.048 Silver

3 8 Robert Barber Buckeye Current RW-2.x The Ohio State University 24:12.230 93.531

4 7 Robert Wilson Sarolea Sarolea Racing 24:12.600 93.507

5 6 Mark Miller Vercar Moto Vercar Moto 26:22.562 85.828

6 14 Timothee Monot TT02 MANTTX Racing 29:02.378 77.965

|

« 本日現地時間10時45分、チーム無限・神電參のマクギネス&アンスティ選手が参戦するTT Zero決勝レーススタート! | トップページ | パイクスピークヒルクライムが俄然盛り上がってまいりました »

「バイク」カテゴリの記事

「マン島TT」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/59760470

この記事へのトラックバック一覧です: マン島TT Zero、チーム無限の神電參がワンツーフィニッシュ!:

« 本日現地時間10時45分、チーム無限・神電參のマクギネス&アンスティ選手が参戦するTT Zero決勝レーススタート! | トップページ | パイクスピークヒルクライムが俄然盛り上がってまいりました »