« 2011年モトGP日本グランプリの思い出~中編 | トップページ | アスリートのセカンドキャリア »

2011.11.25

12月1日開始:東北地方の高速道路無料措置の詳細

東日本大震災に係る東北地方の高速道路無料措置が、2012年12月1日(木)から、対象区間、対象車両、利用方法が見直しされ再開されると発表になりました。(詳細は例えば東日本高速道会社のサイトなど)

今回の措置の大きな特徴は、避難者や被災地の復旧・復興のためだけでなく、観光振興の目的も含まれます。

毎日無料区間はどの車種でも無料で利用可能。ただし、土曜日休日に適用される拡大区間はETC搭載の普通車・軽・二輪車のみ、無料で通行可能です。

一般のライダーにも関係してくる「被災地支援・観光振興のための東北地方の高速道路の無料措置」について、適用区間や利用方法は以下の通りです。詳しくは、各高速道路会社などのサイトをご参照ください。


* * * * * *

被災地支援・観光振興の利用方法など

●開始日と終了予定日

平成23年12月1日開始、平成24年3月31日までの予定

●対象車種

全車種(ETC、ETC以外)

※ただし、土曜、休日等に対象区間を拡大する観光振興の対象はETC車の「普通車」「軽自動車等(二輪車)」に限る

●対象者

要件はなし。誰でも利用可能。

●必要書面

書面は不要。

●通行方法

特別な通行方法はなし。従来通りの方法と同じ。
なお、通行料金の支払がない(0円)の場合も、ETC走行時はETCカードを車載器に挿入して料金所を通行すること。
また、ETC以外では料金所で一旦停止し、入口では通行券を受取って、出口では係員の案内に従うこと。

土曜休日の無料適用はETC車(普通・軽・二輪)のみ。

●対象区間

【毎日無料区間】

・東北道 白河~安代
・常磐道 水戸~広野
・常磐道 山元~亘理
・磐越道 いわきJCT~西会津
・山形道 村田JCT~笹谷
・仙台東部道路 全区間
・三陸道 全区間(仙塩道路、仙台松島道路)
・仙台南部道路 全区間
・仙台北部道路 全区間
・秋田道 北上JCT~湯田
・釜石道 全区間
・八戸道 全区間
・百石道路 全区間

【土日に無料になる区間】

・磐越道 西会津~新潟中央
・日本海東北道 新潟中央JCT~荒川胎内
・山形道 笹谷~月山、湯殿山~酒田みなと
・米沢南陽道路 全区間
・東北中央道 全区間
・秋田道 湯田~秋田北、昭和男鹿半島~琴丘森岳
・秋田外環状道路 全区間
・琴丘能代道路 全区間
・湯沢横手道路 全区間
・日本海東北道 岩城~河辺JCT
・東北道 安代~青森
・青森道 全区間


※休日とは、土曜日、休日、平成24年1月3日、平成24年3月19日。

※休日無料適用させるには、出入り口通過のどちらかが休日にかかっていればOKです。
(例:金曜日の夜に高速道路に上がる→無料区間を通過→土曜日に高速道路を降りる→無料区間の分だけ無料適用)


|

« 2011年モトGP日本グランプリの思い出~中編 | トップページ | アスリートのセカンドキャリア »

「ETC」カテゴリの記事

ツーリング 」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

地震・災害」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/53329722

この記事へのトラックバック一覧です: 12月1日開始:東北地方の高速道路無料措置の詳細:

« 2011年モトGP日本グランプリの思い出~中編 | トップページ | アスリートのセカンドキャリア »