« 横横、明日午後3時全線開通 | トップページ | 日本スポーツ社会学会 »

2009.03.20

ETC助成期間延長と助成数追加、しかしETC機器本体台数が足りない

ETCの“取り付け騒ぎ”については、新聞やテレビでも盛んに報道されてますが、全て四輪関連のもの。二輪ETCの悲惨な取り付け騒ぎに関してはほとんど報道されてませんが、二輪ETC助成と取り付けにまつわる現状として、レスポンスで報道されてました。

二輪ETCを取り巻く現状は、いくつかのブログとかミクシやなんかで、

「本体がない」
「取り付け完了の予約が月内に取れない」

などの報告が見受けられます。


ここに来て、さすがに国もマズイと思ったのか複数のニュースソースによれば、

・国土交通省と高速道路交流推進財団は、四輪車と二輪車合計で10万台と見込んでいた助成台数を計100万台にすると発表

さらに。

・金子一義国土交通相は、19日の閣議後の記者会見で、ETC助成を「4月以降も継続したい」と述べ、100万台の助成枠に達した場合でも予算を追加し来月以降も続ける方針を明らかに

とのことなので、ひとまず、今月あわてて二輪ETC機器を探しまくらなくても何とか助成を受けられそうな気がしてきました。

いや、気がしてただけだった。

二輪ETCの助成台数は5万台。(※3月31日受付分までは5万台を超えても助成申し込みを受け付けるとのこと)

JRC日本無線のプレスリリースによれば、新型のアンテナ一体型JRM-12シリーズの出荷台数を

2008年度に約2万台の出荷を見込んでいます

としています。

あれっ、なんか計算おかしくないか。

助成台数は5万台。
出荷台数は2万台。

アンテナ別体型のJRM-11の在庫が3万台あったのでしょうか。
それとも大増産体制?

ともあれ、財団法人高速道路交流推進財団では、以下のように、助成期間延長と助成台数規制撤廃(ただし月内受付まで)のお知らせを正式にいつのまにか出してました。

【助成台数】

累計台数が5万台に達するまで実施します。
平成21年3月31日(火)の受付が終了した時点で上記台数に達していない場合、平成21年4月以降に、助成台数が累計台数に達するまで、本助成を実施します。
なお、平成21年3月31日(火)の受付が終了するまでは、上記台数を超えていても本助成を実施します。 ※ 累計台数とは、平成21年3月12日(木)からの助成台数の累計を指します。



というわけなので、二輪ETCを付けたい方は、助成を諦めないで、ひとまず申し込みだけはしておきましょう、ってことみたいです。

|

« 横横、明日午後3時全線開通 | トップページ | 日本スポーツ社会学会 »

「ETC」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「用品」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/44405645

この記事へのトラックバック一覧です: ETC助成期間延長と助成数追加、しかしETC機器本体台数が足りない:

» PS:二輪ETC助成金騒動てんまつ記 [ぴんぼけ日記]
ETC端末助成金延長の報道があった。 『ETC端末助成金を3月末までとしていたが、申込が殺到して現場が混乱している。期限を延長するのが適切だと判断した。』 内訳は四輪車が95万台、二輪車が5万台・・・。 わずか5万台。 累計台数が5万台に達するまで実施・・・つまりいつ助成が終わってしまうのかまったくわからない(^^;... [続きを読む]

受信: 2009.03.26 00:39

« 横横、明日午後3時全線開通 | トップページ | 日本スポーツ社会学会 »