« 国産ナナハンは絶滅危惧機種 | トップページ | 高齢者マークとの葛藤 »

2009.02.12

追記あり★バイクに乗り続けることは、ライフスタイルを変えること

★追記★

記事中の賃料ですが、その後変更されまして、13万1,000円と、かなり現実的になりました。

バイク置き場の変遷

自分自身も経験があるのですが、バイクを所有するにはバイク置き場がもっともやっかいな問題でした。

大学生の頃は、(その頃、取り締まりが厳しくなかったので)住んでいたマンションの近くのタバコ屋さんに挨拶して、店の前に置かせてもらっていました。

横浜に戻ってきて、バイクが駐車できる月極め駐車場が当時まったくなかったため、たいへん物件探しに苦労しました。最初に住んだマンションは、目の前に置けるスペースがあるにも関わらず大家さんが(お金を払うと言っても)許可してくれず、100mくらい離れた目の届かない駐車場を借りて停めていました。案の定、隣のクルマにバイクを倒されたりなど問題続出でした。

次に引っ越した先は、同じ敷地内に駐車スペースがあって好都合だったのですが、バイクの駐車料金の設定がなく、少し揉めそうになりました。結局、クルマに貸し出しできない狭いスペースに、軽自動車料金でバイクを数台置かせてもらえることになりました。それでも、誰でも入れるし道路に面したスペースだったので、イタズラやパーツ盗難、バイク盗難にも遭いました。

そんなこともあって、バイクに乗り続けること、いや、保有するということは、ライフスタイルそのものを変えなければ楽しく暮らせないんだなあと痛感した次第で。

現在の住まいは駐車場付きですが、バイクは治安の問題も鑑みて、階段にラダーレールを渡していちいち庭に上げています。なので、大量に保有することができる、というわけで。

このように、バイクを取り巻く問題は、所用先の駐車場所がないことがもっとも問題なのはもちろん、バイクに対応する賃貸物件が少ないのもまた問題でした。

バイクとともに暮らす

最近、東京近辺では「バイクとともに暮らす」というコンセプトの賃貸住宅が増えてまいりました。

東京ではまだまだ平面月極め駐車場をバイク用に借りられる物件は少ないし、かといって、ボックス型は月2~3万円前後するなどお高い感も。

どうせ家賃+2~3万円ならば、その分、家賃が高くても自宅内に置ければ便利だし、治安的に安心だし、いつでもバイクをかまえるし。

というわけで、ここに紹介するのは、横浜の桜木町近くのバイクを自宅内に置ける賃貸物件、グラウンドⅣ桜木町です。

Pers
4層構造の居住スペースに1階からそのままバイク3台を停めることが可能だそうです。

広さは40.62㎡ + 20.31㎡=約60平米で、5戸のうち残り3戸だそうです。

気になる家賃は、17万円前後13万1,000円より。
オーナー直管理のため、直接申し込めば「仲介手数料更新料 無料」だそうです。

通常、関東地区の場合、仲介手数料1カ月+更新料は2年ごとに1カ月、他に敷金2カ月+礼金2カ月かかるので、最初の2年で家賃17万円の場合、17万円×24カ月+6カ月=17万円×30カ月分=510万円。
これを、24カ月の月割りに換算すると、実際には21万2500円/月かかることになります。

同マンションの場合は、仲介手数料と更新料が無料になる場合があるので、17万円×24カ月+4カ月=476万円、476万円÷24カ月=19万8333円となり、通常の場合に比べて約1万4000円/月負担が少ない計算となります。

同地区でコンテナボックス型や屋内共同型のバイク月極め駐車場の相場を調べてみると、だいたい2万円~3万円となっています。

仮に、2台分借りるとすれば、安い方2万円×2台=4万円の負担となります。

いっぽう、桜木町近辺の60平米の賃貸物件の相場は、場所によりますが、12~15万円前後となっているので、賃貸住宅の他にバイクの月極め駐車場を借りる負担を4万円と仮定すると、

家賃 12万円+4万円=16万円

家賃 15万円+4万円=19万円

となります。(実際には敷金・礼金・仲介手数料・更新料などがありますので、月割り負担額はもっと高くなるはず)

というわけで、自宅にバイクを停められる賃貸物件、デザイナーズマンションという付加価値を考えても、グラウンドⅣ桜木町の家賃設定はお得感があるのではないかと思いました。

フロアが仕切られているので、同棲だけでなく、ルームシェアもありかも、と思います。その場合、負担額は19万8333円÷2人=9万9166円となりますね。

|

« 国産ナナハンは絶滅危惧機種 | トップページ | 高齢者マークとの葛藤 »

「バイク」カテゴリの記事

バイクライフハック」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/44036155

この記事へのトラックバック一覧です: 追記あり★バイクに乗り続けることは、ライフスタイルを変えること:

» バイクが置ける不動産情報~内覧に行ってきた [小林ゆきBIKE.blog]
「バイクに乗り続けることは、ライフスタイルを変えること」のエントリーで紹介した、横浜の桜木町近くのバイクを自宅内に置ける賃貸物件、グラウンドⅣ桜木町。 オーナー様から「ほぼ完成、内覧できます♪」とのお誘いがあり、地元横浜ということもあり、さっそく内覧しにいってまいりました。 4階構造の不思議な作りですが、1階部分に直接バイクを入れられるというのがポイント。 バイクを安心して置ける賃貸物件はまだまだ... [続きを読む]

受信: 2009.03.16 12:01

« 国産ナナハンは絶滅危惧機種 | トップページ | 高齢者マークとの葛藤 »