« カワサキ、マン島TTレース参戦チームはフルサポート | トップページ | 【売ります】カワサキCS250 MS-2レーサー »

2009.01.09

撤退ではなく「休止」、カワサキモトGP技術者は環境関連の開発へ

さきほど午後4時58分のNHKニュースで「カワサキ、モトGP休止」が報道されました。

おや、と思って川崎重工業(KHI)のサイトを見てみますと。

公式発表が。

「撤退」ではなく「休止」なので、いつか復活する期待をしていいのだと思います。

川崎重工業(KHI)の公式ニュースリリースには、

なお、市販車ベースのレース、および一般ユーザーへのサポートについては、今後とも力を入れていきます。

とのことなので、マン島のマカドゥだけでなく、日本国内のプライベーターの皆さんはひとまず安心していいのかも。

NHKの報道によれば、1年間の参戦経費は40億円とのこと。ホンダのF1参戦の約100分の1でした。

また、NHKの報道によれば、

「(モトGPの)技術者は今後、環境関連の開発に携わっていく

とのことでした。

もし仮に、その技術がマン島TTと同時開催されるエミッションフリー・バイク対象のTTXGPに反映されたり、今後、モトGPが環境に対して低インパクトの燃料オープンなレギュレーションに変わっていくとしたら、この「休止」は案外、伏兵を育てるのかもしれません。

|

« カワサキ、マン島TTレース参戦チームはフルサポート | トップページ | 【売ります】カワサキCS250 MS-2レーサー »

「MFJ」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

テクノロジー」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/43687917

この記事へのトラックバック一覧です: 撤退ではなく「休止」、カワサキモトGP技術者は環境関連の開発へ:

« カワサキ、マン島TTレース参戦チームはフルサポート | トップページ | 【売ります】カワサキCS250 MS-2レーサー »