« 2009年のバイク界 | トップページ | 2008年バイク関連本・DVDベストセラー~その1 »

2009.01.02

楽観的な2009年バイク界の観測

初夢的・楽観的な2009年バイク界の観測、というか妄想をしてみたいと思います。


・夏ごろまでガソリン価格が下がったままなので、少しバイク需要が戻る

・ガソリン価格が安いうちに、比較的安いレジャーとしてのバイクツーリングが見直される

・バイクツーリングが見直されるので、「ジパングツーリング」「BIKE-Jin」の部数が伸びる

・バイクツーリング人気で、ツーリンググッズの売上が伸びる

・アンテナ一体型のバイクETC機器の登場で、バイクETC機器の売上が伸びる

・ツーリングブームの到来で、タイヤ、チェーン、エンジンオイルなど消耗品の需要が伸びる

・バイクツーリングは、旅の中での不測の事態に対する予測力やバイクの修理技術などが問われるため、「婚活」の手段として見直される→うまいこと対応できる男性は頼もしく見えるため結婚に結び付く??

・ワークスやサテライトのレーシングチームは軒並み、メーカーからの支援が打ち切られるため、昨年から引き続き参戦するプライベーターに勝機あり

・プライベーターのレースでの活躍で、レース人気が若干盛り返す

・経済不況とはいえ円高の恩恵がある日本に比べて、為替高&不況のダブルパンチのアメリカ・ヨーロッパ勢が意気消沈する中、世界選手権で日本人や日本のチームが活躍できる隙ができる

・「巣ごもり」の安い娯楽として、テレビでのモータースポーツ観戦が人気に

・「巣ごもり」の安い楽しみとして、ネットにはない美しい写真や検索性の高い情報が乗っているバイク雑誌・バイク書籍が見直される

・「巣ごもり」の応用として、“バイク磨き”という新しい趣味が“発見”される

・新たに発見されたバイク磨き趣味から、洗車や磨き系ケミカルの需要が伸びる

・新たに発見された「バイク磨き趣味」の発表の場として、「バイクポリッシュコンテスト」や、展示会(盆栽や洋蘭、菊花みたいな)が新たな流行となる

・展示会だけでなく、バイク磨き趣味の発表の場として、自分で撮影して発表する人が増えるため、カメラ需要が高まり、ニッポン経済が復活の兆し

・バイク磨き趣味が面倒な人、プロフェッショナルに頼みたい人のために、「バイク洗車業」が各地で創業

・実用系バイク(カブとかメイトとかギアとか)の価格が軒並み上げられるものの、バイクリースを前提とする価格帯となり、メンテナンス込みのバイクリース業が当たり前の世の中に。新聞や郵便配達はバイクをリースすることが当たり前となり、新車需要が若干増える

・円高で、輸入車は軒並み2割~3割安くなり、販売台数が大幅に伸びる

・排ガスや騒音の規制改正を睨み、「環境カスタム」がブームに。カスタム系メーカーやショップが息を吹き返す

・電気スクーター、電気バイクがようやく実用化、一般市販にこぎ着け、バッテリーメーカーの株価が上昇。経済回復にバイク業界が貢献する

……こんなところでしょうか。楽観的すぎ?


|

« 2009年のバイク界 | トップページ | 2008年バイク関連本・DVDベストセラー~その1 »

「MFJ」カテゴリの記事

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

ツーリング 」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「用品」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/43610114

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観的な2009年バイク界の観測:

« 2009年のバイク界 | トップページ | 2008年バイク関連本・DVDベストセラー~その1 »