« カツラダモータース謝恩会に行ってきました&神戸散策 | トップページ | レース撤退のメタファーと参戦目的の複雑性 »

2008.12.16

気温と路面温度は別、なのでやっぱり凍結注意

このごろ早起きして、NHKニュースの交通情報→ラジオ体操→NHKの英語講座→ブルームバーグ→朝御飯、というのが朝の定番になりつつあるのですが。

昨日の朝の交通情報を見てびっくり。
赤い×印が東北道、中央道、首都高の埼玉線に、××××××××と、やたら付いているではありませんか。
各地で路面凍結による事故が多発したようです。


確かに、昨日はかなり冷え込みました。

いつものように夜、首都高速3号渋谷線を走ってても、路面がツルツル光っているのが見えて恐怖。
国道17号白山通りや、首都高都心環状線の霞が関トンネル内でもテカテカ光っているのを見て、なおさら恐怖でした。
先日雨が降って水分が地下に貯められていたのと、放射冷却と夜露が関係しているのでしょうか。

体験的に、気温が氷点下にならなくても路面が凍結することがあるなあと思っていたのですが、例えば岐阜国道事務所の凍結積雪情報のページを見てみますと、気温と路面温度に違いがあることがはっきりわかります。

例えば、以下のような感じ。


観測局 路面状態 路温 気温

■岐南高架橋 乾燥 3.8℃ 3.4℃
■関ヶ原バイパス 乾燥 1.3℃ 6.9℃

■新木曽川橋 乾燥 0.7℃ 3.6℃

■鷲原橋 乾燥 2.4℃ -1.3℃
■七宗橋 --- -1.3℃ -0.1℃
■中濃大橋 乾燥 5.5℃ 1.3℃


関ヶ原バイパスなんか、気温約7度に対して路面温度は約1度。その差は5度以上もあります。
中には、橋でも路面温度の方が高い場合もあって、一概に橋だから凍結するとは言い難く。

そのサイトには、以下のような注意喚起が。

※気温が2℃以下になると、凍結の恐れがあります。

※路面温度は、場所によっては気温より5℃~6℃低い場合があります。走行には十分にご注意ください。

関東南部に位置するここ横浜では一年中バイクに乗れるのが有り難いわけですが、今シーズンの冬も十分気をつけなければと改めて思いました。

|

« カツラダモータース謝恩会に行ってきました&神戸散策 | トップページ | レース撤退のメタファーと参戦目的の複雑性 »

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

ツーリング 」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

バイクライフハック」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/43435122

この記事へのトラックバック一覧です: 気温と路面温度は別、なのでやっぱり凍結注意:

« カツラダモータース謝恩会に行ってきました&神戸散策 | トップページ | レース撤退のメタファーと参戦目的の複雑性 »