« もて耐顛末その2 | トップページ | もて耐顛末その4 »

2008.09.05

もて耐顛末その3

エンジンの調子がどうにもならなくなったのは130R。S字立ち上がりでバイクを停める。レッカーを呼んでくれると言うので待っていると、牽引してない普通の車からレスキューの人が。どうやら人間の救助と間違えた模様。再度確認するとレッカーはインターバルにしか来ないとのこと。まだ予選走行時間はあり自力でピットに戻る。戻るとメカ山ちゃんが8耐の勢いで「義務周回だけでもッ!」と叫んでいるが、わたしは今年こんなレースばかりだったので自分でもびっくりするほど冷静に「エンジン壊れてるし」と宣告。エンジン開けてみると…。続く

|

« もて耐顛末その2 | トップページ | もて耐顛末その4 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/42384262

この記事へのトラックバック一覧です: もて耐顛末その3:

« もて耐顛末その2 | トップページ | もて耐顛末その4 »