« バッテリー高騰 | トップページ | 地上波の影響力とモトクロス »

2008.05.15

軽自動車税は安すぎないか

5月末納付に向けて、軽自動車税納付書が送られてきました。

バイクの場合、軽自動車(2輪)は2400円、2輪の小型自動車(250ccを超えるもの)は4000円などとなっていますが、そういえばバイクに乗り始めてからずーっとこの年額だったような気がします。
ちょっと調べてみたら、どうやら20年以上前に引き上げられて以来、同じ金額らしいのですが。年額4万5000円も支払う(我が家の自家用車の場合)自動車税と比べてずいぶん安いなと感じます。
(軽自動車税は市町村税なので、市町村によって事情は異なるかもしれません)

税額をもっと上げて、都市部はバイク駐車場の整備に、都市部以外では中央分離帯の設置や衝突安全性の高いガードレール(2枚式)やガードロープ(多線式)など、ライダーをも含む交通安全施策に使ったらどうかな、と思ったものの。

どうやら軽自動車税は普通税であり目的税ではないため、そのような使い方はできないようで。

そう言えば、あらためて軽自動車税の税率(年額)を比較してみると、2輪(小型二輪、4000円)より軽自動車4輪貨物(3000円)の方が安かったりする事実も見えたりして、なんだかなあ、と思ったりする鈴鹿ミニモト耐久前日の今日この頃でした。

(参考)
軽自動車税の税率(年額)

原動機付自転車 50cc以下のミニカー 2500円
同50cc以下の上記以外 1000円
同50cc以上90cc以下(第二種) 1200円
同90cc以上125cc以下(第二種) 1600円

小型特殊自動車 農耕作業用 1600円
その他 横浜市4000円、練馬区4700円など

軽自動車 2輪(250cc以下) 2400円
同3輪 3100円

軽自動車 4輪乗用(自家用) 7200円
同 4輪乗用(営業用) 5500円
同 4輪貨物(自家用) 4000円
同 4輪貨物(営業用) 3,000円

2輪の小型自動車 250cc超 4000円


++++++日乗++++++

CTが3Dだとよく解ります。

★6月FunRunに向けてニンジャドナドナ。→

|

« バッテリー高騰 | トップページ | 地上波の影響力とモトクロス »

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/41214553

この記事へのトラックバック一覧です: 軽自動車税は安すぎないか:

« バッテリー高騰 | トップページ | 地上波の影響力とモトクロス »