« スーパーカブvsギア | トップページ | 公共交通とバイク、どちらがオトク? »

2008.02.18

250クラス創設の2008もて耐

知らなかったー、今年のもて耐は2気筒以下250メインのオープンもて耐と、250以上のもて耐マスターズの二本立てなんですってよ、奥さん。

マシン的に600とか1000じゃあ速すぎて不安だとか、コストがかかるとか、中排気量車で大排気量車に混じるのは不安だとか、そういうライダーさんたちが参加しやすくなりますね。

7月予選で8月決勝がアレだとか、鈴鹿ともてぎは会社が同じでライセンスは別なのはナニだとかいろいろ思うところは皆さんあるでしょうが、今年も楽しんでくださいね。って、あれ?ひとごとじゃないか。


++++++日乗++++++

セルモーターが。

|

« スーパーカブvsギア | トップページ | 公共交通とバイク、どちらがオトク? »

「イベント」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/40168048

この記事へのトラックバック一覧です: 250クラス創設の2008もて耐:

» 立位体前屈が必須のもて耐 [小林ゆきBIKE.blog]
250クラス創設の2008もて耐でも既報ですが、今年のもて耐から、115cc以上250以下の『オープンもて耐』と、250cc以上オープンの『もて耐マスターズ』の二つの耐久レースが開催されます。 わたしはオープンもて耐に出ることになりました。 こちらはフロントローから脱落→ 脱出したい。 で。問題はもて耐マスターズの参加資格なんですが。出るわけではないが、一応チェック。 第47条ライダーの資格 47... [続きを読む]

受信: 2008.03.24 07:46

« スーパーカブvsギア | トップページ | 公共交通とバイク、どちらがオトク? »