« バイク雑誌の表紙に出るだけで | トップページ | 小池百合子氏とバイク »

2008.01.18

バイク屋さんは人を幸せにできる仕事

バイク屋さんは、人を幸せにすることができる仕事。

バイクを売って、お客さんは新しい趣味を得て、新しい移動手段を得て、人生を豊かにすることができる仕事。

壊れたバイクを直して、お客さんは再びバイクを楽しく、便利に使うことができるようになる仕事。

バイクをチューニングして、改造して、今までと違ったバイクの性能を引き出すことで、お客さんがそれにニンマリできる仕事。レースで成績を残して喜びを分かち合える仕事。

バイクを引き取ったら、お客さんとのこれまでの思い出も引き受ける仕事。

チューニングは後戻りできない仕事。ノーマルからいじりはじめたら、その後の経過も含めたケアが必要になる仕事。


バイク屋さんは、人を幸せにすることができる仕事。


売りっぱなしでいいですか。
直しっぱなしでいいですか。
預かりっぱなしでいいですか。
いじりっぱなしでいいですか。

|

« バイク雑誌の表紙に出るだけで | トップページ | 小池百合子氏とバイク »

「ショップ」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

バイクライフハック」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/17737804

この記事へのトラックバック一覧です: バイク屋さんは人を幸せにできる仕事:

« バイク雑誌の表紙に出るだけで | トップページ | 小池百合子氏とバイク »