« 夏が去り2匹湧いてきた | トップページ | 国交省ネガティブ情報検索 »

2007.10.01

凄まじい整備相談事例の内容

整備相談所というのがあって、整備相談事例を具体的に公開しています。

相談内容●イタズラで後部ドアガラスを割られてしまった。中古の部品を探したので、無償で取り付けてくれるところを紹介してもらえないか。自損であれば諦めもつくのが、いくらかでも出費を抑えたい。

無償で取り付けてくれるところって。高齢者のボランティアか何かを想像したんでしょうか、それとも慈善団体の活動とか。
それに対する対応は至極当然の答えであります。

対応●気持ちはわかるが技術を提供しその対価を頂くのも商売、ノウハウを得るための投資や作業に必要な消耗品等もあるので、無償でというのは少々難があるとお答えしたところ、よく考えてみると確かに、虫のいい話だとご理解いただいた。

太字は筆者(=わたし)による。
良く考えなくても虫のいい話ですってば。

他にも、

「泣き寝入りか」と声を荒げ電話をきった

とか、

工場側としては相手にしたくない客であり対応はしたくなかった

とか、凄まじい内容のオンパレード。勉強になります。ならないか。


++++++日乗++++++

あと12時間。やばい。マジやばい。

|

« 夏が去り2匹湧いてきた | トップページ | 国交省ネガティブ情報検索 »

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

「ショップ」カテゴリの記事

テクノロジー」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/16626505

この記事へのトラックバック一覧です: 凄まじい整備相談事例の内容:

« 夏が去り2匹湧いてきた | トップページ | 国交省ネガティブ情報検索 »