« チャレンジ三宅島’07 モーターサイクルフェスティバルのステッカー/バナー | トップページ | GOツーリングリーダーは新たなマーケット開拓につながるか »

2007.09.14

国井律子さんを三宅島にラブコール

Simg_0306

今回の三宅島下見会で買ってきたお土産を紹介します。

今回寄ったのは、阿古地区にある沖倉商店

Simg_0293

いかにもベタな海沿いの土産物もありますが、中にこじゃれたグッズもたくさん。サイトをのぞくと実にかっこいいウェブサイトを展開してらっしゃいます。

とくに、明日葉などのナチュラルダイTシャツやトートバッグ、イルカや海ガメのシルバーアクセがかっこいい。(沖倉商店のブログ) (沖倉商店のウェブショップ)

これらは、オートバイに乗る旅人・エッセイストとして有名な国井律子さんがプロデュースされているそうです。国井さんのブログでも紹介されています。(コレとかコレとか)

三宅島の火山災害復興のために行うチャレンジ三宅島 '07 モーターサイクルフェスティバルですが、このように三宅島にも関連の深い国井律子さんも、ぜひイベントに参加されないかなあ、なんて個人的にはラブコールを送りたいなぁと思った次第。テレビやバイク専門誌ではない一般誌でもご活躍されているタレント性の高い国井さんのような方が参加されると、いっそう盛り上がるんではないかと。いやでもいいんです、コラボグッズという形ですでに協力されているのは素晴しい。


さて、わたしはカッチョいいナチュラルダイのトートバッグやシルバーアクセは次回への楽しみに取っておくとして、今回はベタな三宅島土産を買ってきました。

Simg_0315_2

沖倉商店のトレードマークのショッピングバッグ。

Simg_0317_2

Simg_0332_2

三宅島特産のあしたばを使った明日葉ようかんです。お抹茶の香りがほんのりします。

Simg_0321_2

同じく三宅島特産のあしたばを使った明日葉そばです。ほかに、明日葉うどんもありました。さわやかにほんのり緑色に色づいた麺です。

Simg_0326_2

Simg_0330_2

三宅島銘菓 牛乳せんべいです。神着地区の岡太楼本舗さんが作っています。牛乳・卵・バターが効いた素朴な焼き菓子です。

Simg_0320_2

最後に紹介するのは、実は今は売っていない二品です。
沖倉商店さんで最後の最後に棚に残っていたものを、無理を言って譲ってもらいました。

「コレ、譲っていただけないですか?」
「お父さん、これ売ってもいいの? これは食べられないよ」
「?? いや、髪の毛にいいかなと思って」
「ならいいかな」
「もしかして、全島避難前のものですか?」
「そうだよ、今は農協もまだ作れなくて、だから全島避難前から置いてあったやつ。島に残してきたやつですよ」

これはこれは貴重な椿油……。ありがたくも恐縮していると、さらにお父さんが、

「あ、その隣のもなんなら。避難前から置いてあるやつだけど、蜂蜜は100年持つって言うからな」

ひゃ、百年! マン島TTレースが今年100周年ですが、そんな伝説をこの蜂蜜も刻めるのでしょうか……。

Simg_0323


++++++日乗++++++

三宅島バナー、さっそく貼っていただいたサイトを発見。

|

« チャレンジ三宅島’07 モーターサイクルフェスティバルのステッカー/バナー | トップページ | GOツーリングリーダーは新たなマーケット開拓につながるか »

「イベント」カテゴリの記事

ツーリング 」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

三宅島」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「用品」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/16431376

この記事へのトラックバック一覧です: 国井律子さんを三宅島にラブコール:

« チャレンジ三宅島’07 モーターサイクルフェスティバルのステッカー/バナー | トップページ | GOツーリングリーダーは新たなマーケット開拓につながるか »