« 「世界最速のインディアン」~これを観ずして何を見るのか | トップページ | 明石工場の植木 »

2007.02.11

当事者の経験は重みが違う~その3・父の軌跡を辿る「つわものどもの夢のあと」

今日紹介するのは、当事者そのもののブログではありませんが、日本のモータースポーツ黎明期を生きたお父様の軌跡を追った「つわものどもの夢のあと」というブログです。

書き手の福田さんのお父様は、「浅間、マン島、鈴鹿」という、そのキーワードを聞いただけでバイクマニアなら垂涎の時代に生きた方。
ブログでは当時の貴重な写真とともに、私小説として再現されています。


Img_847407_42149329_0

福田さんはお父様の軌跡を辿る旅もしていて、当時の写真と旅の写真を合成した奇跡的な一枚を発表されています。(「つわものどもの夢のあと」~浅間への小旅行(7)より)

浅間レースは確かにあった、日本の二輪車産業の幕開け、モータースポーツの幕開けが確かにあった、と実感させられる二枚の写真です。


++++++日乗++++++

「ナベゾの書いたものはみんな面白かった」by南伸坊さん。読み返して泣き笑い。すいません、まだ引きずってますけども。

|

« 「世界最速のインディアン」~これを観ずして何を見るのか | トップページ | 明石工場の植木 »

「バイク」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「マン島TT」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/13866122

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者の経験は重みが違う~その3・父の軌跡を辿る「つわものどもの夢のあと」:

« 「世界最速のインディアン」~これを観ずして何を見るのか | トップページ | 明石工場の植木 »