« 身体論とバイク | トップページ | 「明日のバイクを考える会」に参加しました »

2006.12.08

二輪ETC、フェリーのITS社会実験でも除外

やっぱりな、な展開。

ジャンボフェリーで地球温暖化防止のお手伝いをしませんか! (社会実験) 

ドライブスルーで乗船!   なんと!同乗者無料!!   地球にやさしくCO2削減!!

■実験期間 : 平成18年11月28日(火)10:30発~平成19年1月31日(水)

というような、ETCシステムを使ったITSの社会実験の一つで、フェリーにドライブスルーで乗船しようという、ETCの高速道路料金支払い以外に使う社会実験なのだが。

今回も対象車は「乗用車(軽自動車含む)」のみ、とのこと。

問題は、ETC利用による割引だ。
軽自動車は運転手含む料金が5,490円が4,370円に。同乗者がいてもそれはタダ。なんと同乗者無料。

バイクの場合、126㏄以上の場合、片道運転手1名含む料金は3,860円だが、同乗者がいた場合、これに1,340円が追加され、5,180円となってしまう。
またもや、クルマより高い料金に!!(怒)

ETCシステムを高速道路料金支払い以外に転用しようというのなら、250㏄以下のバイクや原付自転車に取付させない、というのはシステムとして欠陥といえまいか。

駐車場でのETC利用社会実験も始まっているが、このままのシステムのままだと、未来永劫250㏄以下のバイクや原付はETCでの駐車場・駐輪場利用システムは実現できない、ということになる。

|

« 身体論とバイク | トップページ | 「明日のバイクを考える会」に参加しました »

「ETC」カテゴリの記事

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

ETC関連の特殊法人(ORSEやHIDO)の役員のトップが誰かを見れば二輪車への対応が等閑なのも合点が行くかと。
http://www.orse.or.jp/annai/pdf/yakin.pdf
http://www.hido.or.jp/01annai/annai/kou/yaku.pdf

投稿: nrpsk | 2006.12.09 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/12981574

この記事へのトラックバック一覧です: 二輪ETC、フェリーのITS社会実験でも除外:

« 身体論とバイク | トップページ | 「明日のバイクを考える会」に参加しました »