« 内閣府地域活性法による公道モータースポーツ第一号、新城ラリー | トップページ | メーター巻き戻しを知らずに中古車を購入してしまったら? »

2006.11.17

交通事故時の心のケアをカバーする自動車保険

自動車損害保険の大手外資系会社、チューリッヒ保険会社日本支店では、プロのカウンセリングサービスを提供する「パニックケア」を9月20日から開始している。

この特約は自動車の任意保険の特約で、契約者やその同居家族が対人事故を起こされたときのショックを軽減し不安を取り除くことを目的としたもの。「米国の例では交通事故の経験者の約9%が、PTSD (外傷性ストレス障害)を発症している」としている。

カウンセリングは提携先のグッドウィル・フォーサイトのプロのカウンセラーが、電話カウンセリングまたは面談カウンセリングにより、事故の直後、あるいは事故の後の心理的な悩みのご相談に応じるとしている。対応は、電話や面談によるカウンセリングの予約を24時間行い、最大5回までプロのカウンセラーによるカウンセリングを無料で受けられる

なお、このサービスは当初、関東1都6県への提供で、順次提供地域を拡大する予定だという。

・保険会社の対応が二次被害になんだよ!オマエがトラウマを生んでるんだよ!
とか
・プロのカウンセリングはいいけど、PTSDって精神科や心療内科など医療の範疇なんじゃなかったっけ?
とか
・5回でPTSDが軽減するのか?
とかツッコミどころ満載なのは置いておいて。

東京海上日動ではメディカル・アシストという自動車保険の特約商品がある。
こちらは、事故とは関係なくても緊急医療相談、予約制専門医相談、医療機関案内、転院・患者移送手配を行なうもの。

弁護士を使うほどじゃないけど、医療機関にかかるほどじゃないけど、ってときに、気軽に相談や愚痴を聞いてくれる窓口があると、事故後のストレスはかなり軽減されるかと思われます。

|

« 内閣府地域活性法による公道モータースポーツ第一号、新城ラリー | トップページ | メーター巻き戻しを知らずに中古車を購入してしまったら? »

「★交通問題・道交法」カテゴリの記事

ツーリング 」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/12704565

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故時の心のケアをカバーする自動車保険:

« 内閣府地域活性法による公道モータースポーツ第一号、新城ラリー | トップページ | メーター巻き戻しを知らずに中古車を購入してしまったら? »