« ロードレース女性ライセンス取得者各位にアンケートが | トップページ | 二輪駐車違反・警告コレクション その1 »

2006.02.04

かっこいい品揃えのカタログのあるメーカー、KTM

じゅわい・よくちゅーるマキかと思ってたら、じゅわいよ・くちゅーるマキだった株式会社三貴のカメリアダイヤモンドの秋本奈緒美モトクロスバイク編のテレビCMはもうご覧になりましたか? オンデマンドはここ
モトクロスなのになんで革ツナギ? と疑問の皆さん、1970年代まではモトクロスも革ツナギでレースをしてたそうなので(by 高知の元シニアMXライダー松本父さん)何らおかしくはない? のだ。というか、かっこよければTV的にはその方がいい。

スタントライダーをしているのは、2004年に日本初の女性ファクトリーライダーとしてKTMと契約していたOOKingこと沖幸子さんではないでしょうか。女性ライダーにして公式ファンクラブamitie avec ookingまで発足し、ますます意気盛んです。ライダー自身があの手この手でレース活動資金を捻出する試みは、ロードレースよりモトクロスの方がトップアスリートっぽく進化している気がするのは気のせいでしょうか。

ところで、KTMジャパンよりジャーナリスト向けに2006年版カタログが送られてきた。本国版と日本語版が入っていたのだが、残念ながら一般には配布されないウエア用品カタログにヤられた。

20060203KTM1

全105ページのカタログには、どれもこれもが欲しくなるようなカッチョいいウエアや用品が満載。特に前半のストリート系ウエアといい、はたまた本格的モトクロス系・モタード系・アドベンチャー系のウエアや用品といい、小一時間、じっくり眺めてしまうようなものばかり。

20060203KTM2

バイクのカタログの出来もなかなかで、これをおかずにご飯が食べれるんじゃないか、と思うほどだった。
翻って、日本のメーカーのバイクカタログは最近はどうなんだろうか。カタログを矯めつ眇めつ(ためつすがめつ)しながら奥さんをどうやって口説き落とそうか、毎日カタログを眺めているだけでも欲しくなるようなカタログ作りをしているだろうか。していない、とは言わないが。コスト削減の波をもろ被っているカタログも車種によっては見受けられるので。

【AD】同姓同名つながり。お掃除の上手な沖幸子さん。当ブログの小林ゆきは料理やマンガは書きません。

|

« ロードレース女性ライセンス取得者各位にアンケートが | トップページ | 二輪駐車違反・警告コレクション その1 »

「ショップ」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「用品」カテゴリの記事

コメント

沖サチさんが某雑誌のDVDでKTMのジャケットを着ていたのは、そういう過去があったんですね。知らなかった...にしても、オレンジのKTMアパレル(当然マシンも)には、引かれちゃいます。金さえあれば、ほすぃ。

投稿: ぢゅんいち | 2006.02.05 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/8480906

この記事へのトラックバック一覧です: かっこいい品揃えのカタログのあるメーカー、KTM:

« ロードレース女性ライセンス取得者各位にアンケートが | トップページ | 二輪駐車違反・警告コレクション その1 »