« GEOFF SAWYER | トップページ | 研究開発と国益と法律の壁~ホンダ事件 »

2005.08.31

マンクス・グランプリのコネタ

マンクス・グランプリの話題です。

8月20日、プラクティス初日はバラエティに富む(?)トラブルに見舞われ、天気が良かったのに1時間開始が遅れました。

第一に、バラクレイでトレーラーから穀物がばらまかれてしまった、というトラブル。
第二に、今まさにスタートしようとしているとき、カークマイケルのコースのコーナー近くで火事があった。
第三に、300人のライダーがスタート地点で待っているとき、バラガリーのコース際でさらに火事があった。

プラクティス初日は散々でしたが、なんとプラクティス二日目の8月22日も散々でした。
ラムジーのパーラメントスクエアでコース上に違法駐車があって20分スタート時間のロス。

ちなみに、マン島では駐車違反は500ポンド(約10万円)の罰金、犬のうんこ放置は1000ポンドの罰金、運転中の携帯電話使用も1000ポンドの罰金ですが、レースのときコース上にクルマを駐車しっぱなしにしたり、動物を放したりすると5000ポンド(約100万円)の罰金となっております。

ところで、プラクティス二日目の最初は、トラベリングマーシャル(バイクで走りながらコースを見守る人)にニューカマー(初参加)が引っ張られて走ったのですが、プレスリリースでは

a nine-strong bad of newcomers set forth on a speed-controlled lap led by a travelling marshal.

ストロングバッド、なんて言われ様。

でも、月曜日にニューカマーレースといって初参戦の人だけのレースがあったのですが、ゴール地点ではオフィシャルもマーシャルも観客も、みな温かい拍手をニューカマーたちに送っていて、心があったまりました。

|

« GEOFF SAWYER | トップページ | 研究開発と国益と法律の壁~ホンダ事件 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「マン島TT」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/5609891

この記事へのトラックバック一覧です: マンクス・グランプリのコネタ:

« GEOFF SAWYER | トップページ | 研究開発と国益と法律の壁~ホンダ事件 »