« 好評発売中のモトナビの件 | トップページ | ドライブレコーダーその後 »

2005.05.10

レースイベントに参加して感じたMCの重要性。

趣味として、また仕事柄、いろいろなレースイベントに参加したり取材したりすることがたくさんあります。
どんなイベントでも結果的にはバイクを使ったモータースポーツは楽しい、と思うのですが、中には「段取り悪ぃな~」と思うこともあります。
どこがどう段取り悪いのか、傍観者として数を重ねてくると、一つのことが浮かび上がってきます。それは、MCの重要さ。

MCとは、Master of Ceremony(マスター・オブ・セレモニー)の省略形、なんだそうです。

マイクを使って進行を伝える役なわけですが、これがどうしてなかなか難しい。私自身はしゃべくりが苦手な方なので、先日も学会発表を控えて自分のしゃべりを録音して聞いたところ、やたらと「えー」「ええっと」「それ」「これ」など余計な接続詞やらが耳障りだったのでした。

翻って、レースイベントのMCさん。ミニバイクレースだったとしても、そこには死亡・重傷事故の可能性があるわけです。MCがシャキっとしないと、参加している人の雰囲気もシャキっとしない、という現象がままあります。
ぜひ、イベント前に台本を作って、それを元に時間を計りながらしゃべってみて、それを録音するなり、担当者の前で聞かせるなりしてトライ&エラーして、余計な言葉がないか、間合いは良いか、練習してからレースイベントに臨んでいただきたいと存じます。(もちろん、プロの方はやってますよね、問題はMCのプロじゃない方々です)
なんせ、イベント主催者は“死の誓約書”を参加者に書かせるとは言え、参加者の命を預かるわけですから。

全国のレースイベントや走行会の主催者さんに手本にしていただきたいのは、鈴鹿サーキットのライダーブリーフィングです。あれはすごい。一言一句、検討されたあとがうかがえます。パワーポイントの写真の撮り方、その写真の使い方・タイミングも練りに練ってあって、参加する側も集中できるし、安全意識が高まります。ライダー以外も見学できるはずですから、もし鈴鹿サーキットでレースイベントを観に行くことがあれば、ぜひ見学されることをおすすめします。

|

« 好評発売中のモトナビの件 | トップページ | ドライブレコーダーその後 »

「イベント」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/4065940

この記事へのトラックバック一覧です: レースイベントに参加して感じたMCの重要性。:

« 好評発売中のモトナビの件 | トップページ | ドライブレコーダーその後 »