« 明日はリンドバーグでトークショー | トップページ | 新宿サブナード駐車場 »

2005.03.21

空前のバイクブームをデイトナで実感してきた件について

 さて2月28日~3月14日までアメリカは東海岸の南端、フロリダ州の北側にあるボルシア郡デイトナビーチ市で行われたデイトナ・バイクウィークに行ってきたわけですが。
 今年の感想をひと言で表すと……。

 凄い!

 凄過ぎる。ありえない。アンビリーバボー。
 凄過ぎるので、ディティールを描写するのは追々書くとして。
 一応、公式発表は50万台だか100万人だかという数字になっているけれど、これは日本の正月の明治神宮とか川崎大師で10平方mに人の足が何本あるかって計算と同じく、1分間に何台のバイクが通り過ぎるかって程度の憶測なので、実際にはどんだけのバイカーやバイカーを観るための観光客が押し寄せてきてたことだろう。

 特に、メインストリート周辺を中心とする大渋滞は凄かった。いつもなら、200マイルレースが終わるころにはバイカーたちは帰路に付き、閑散とし始めるのだが、午前2時を廻ってもアトランティック通りは前後4~5㎞が常に渋滞しているありさま。

 とにもかくにも、デイトナバイクウィークがどんだけ凄かったかは、ひと言では形容できないわけですが、私が通い出した97年以降では空前の規模だったのは間違いない。
 サンデーバイカーが増えた、とか、日本車が増えた、とか、ハーレー系の真性バイカーには物足りないバイクウィークかもしれないけど、そういう何々系といった枠を越えて、アメリカ人たちのあのプロモーション力はかなり勉強になる部分があると思う。

 空前のバイクブームに沸くアメリカ。頂点があればブームが冷えることもある。あの物凄さはここ数年限りかもしれないので、業界関係者の皆様に置かれましてはぜひこの状況を来年こそは観に来て欲しいなあ、とおすすめする次第です。

|

« 明日はリンドバーグでトークショー | トップページ | 新宿サブナード駐車場 »

「イベント」カテゴリの記事

「デイトナバイクウィーク」カテゴリの記事

「バイク」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/3378382

この記事へのトラックバック一覧です: 空前のバイクブームをデイトナで実感してきた件について:

» デイトナに行ってきました [小林ゆき[バイク]BIKE.blog]
今年もまたデイトナバイクウィークに行ってきた。(ちなみに去年の様子はコチラ) 1 [続きを読む]

受信: 2006.03.15 05:46

« 明日はリンドバーグでトークショー | トップページ | 新宿サブナード駐車場 »