« GPで罰金、降雨中止アピールに対し | トップページ | ETCマイレージ割引案にライダーマジ切れ »

2004.08.26

女性ばかりの環境の方が

 アテネオリンピックにおける日本人女性アスリートの活躍は、目覚ましいものがある。
 オリンピックの中には数少ない男女オープン種目があり、ヨットや馬術がそれである。

 さて、モータースポーツの世界も基本的には男女オープンとしているカテゴリーが多い。オートバイのロードレースなどで言えば、物理的に女性の競技人口が少な過ぎて、女性だけのクラスが成立しない、という理由の方が大きいのだけれど。

 朝日新聞8月23日付けのコラムでこんな記事があった。オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルドの社説から。

『スポーツで男女格差解消を』 (前略)女性のスポーツ進行団体によれば、10代の女性の場合、女性ばかりの環境の方がスポーツをやめる率は低い。女性と男性が一緒にスポーツをする場合、競技に打ち込むことよりも異性の目を意識しがちだ。(後略)

 私の周りにでロードレースにチャレンジしている、またはチャレンジしようとした女性は皆、異性関係に苦慮していた。例えば、

1)周りから、一緒に歩いていただけで“付き合っている”などと噂されてしまう
2)走りを教わりたいのに、その異性から恋愛感情を持たれてしまい純粋にスポーツしにくい
3)一度、恋愛感情を持たれてしまうと、付き合わないとわかったとき、突然関係が終わってしまい、手伝ってもらえなくなる
4)チヤホヤされたくないのにチヤホヤされてしまう
5)速くなりたいのに、「女の子なんだから怪我しない程度に」と言われてしまう
6)人前で着替えるとか、オイルまみれになったりと、女を捨ててまでレースを走りたくない(走行会程度で十分) 

 MFJではモトクロスの全日本女子の成功に気を良くして、近い将来、ロードレースの全日本女子選手権をやりたい意向があるという。しかし、上記のように、女性ライダーを巡る環境は決していいとは言えない。(一部の人には、チヤホヤされる、彼氏をゲットできる、スポンサーを獲得しやすい、などのメリットが出てくるのかもしれないが)
そのような裏舞台を知っているとなおさらである。

朝日新聞の記事にあったオーストラリアの例のように、女性ばかりの環境を作る……例えば、女性だけの地域クラブ設立……こともまた一案なのではないだろうか。

|

« GPで罰金、降雨中止アピールに対し | トップページ | ETCマイレージ割引案にライダーマジ切れ »

「MFJ」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

確かにロードレースは女性の比率は少ないですよね。
つい最近のMFJの雑誌で選手権にGP-MONO(だったかな?)クラスが出来て、
女性やロードレース初心者向けらしいですが、前途多難ですね。
この世界から「女性なのに…」という言葉が早く消える事を望みます。

投稿: Chokudai | 2004.08.28 00:37

そうなんだよねぇ...と思いながら、この記事を読ませていただきました。
女ばかりの方が楽ですね。

なんでそうなるかなぁ~~ってことが多々!
私もかなり苦しみましたもので(汗

泣きが入ることもあるのですが、やめようと思うのですが、
・・・やめられません(笑)
バイクに乗りたいですもん。

女性ばかりのクラブは都会ならいいのですが、
田舎ではかなり辛いですね。
でも、どうにかしてもっと楽しみやすい環境にしたいものです。

投稿: tuki | 2004.09.24 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/1282617

この記事へのトラックバック一覧です: 女性ばかりの環境の方が:

« GPで罰金、降雨中止アピールに対し | トップページ | ETCマイレージ割引案にライダーマジ切れ »