« 二輪ETCはど~なってしまうのか?! | トップページ | ETC搭載クルマに限って料金が安くなるのはおかしくないですか、中田さん »

2004.07.07

最初で最後?のマン島TT日本人ウイナー

忘備録。

マン島TTの記事を、なぜか
ほんとうにこわい嫁・姑 9月号増刊』
に書いていて、調べていたら、こんな言葉を見つけた。

1963年、日本人として日本車で初めてマン島TTで優勝した伊藤光夫氏の言葉である。

2002 FIA JWRC第3戦、第49回アクロポリス・ラリー レグ1レポートから。

「こうした事は、モータースポーツでは良くある事です。こういった経験を一つ一つ積んでいって初めてマシンもスタッフもドライバーも強くなっていくんです。まだわずか3戦目のJWRCですよ。大事なのはこれからです。」と語るのは現スズキスポーツ顧問の伊藤光夫氏だ。「我々が2輪でどれだけリタイヤして、そこから様々な事を学んで来たか、そして勝てるまで何年かかったか思い出せば、こうゆう経験がどれほど大事なものかよくわかるはずです。すべてはこれからですよ。」

|

« 二輪ETCはど~なってしまうのか?! | トップページ | ETC搭載クルマに限って料金が安くなるのはおかしくないですか、中田さん »

「スポーツ」カテゴリの記事

「マン島TT」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/912480

この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後?のマン島TT日本人ウイナー:

« 二輪ETCはど~なってしまうのか?! | トップページ | ETC搭載クルマに限って料金が安くなるのはおかしくないですか、中田さん »