« 子どもの人口減少はバイク業界のチャンス | トップページ | ビーチサイドGP、海老名に移転オープン »

2004.05.06

MFJ共済会総会

MFJライディング誌4月号のMFJインフォメーションから抜粋です。
ちなみに、5-6月号の表紙に登場しちゃってます。証拠写真はこちら。全日本ロードレース開幕だというのに差し置いてしまって、こっぱずかしいです。
-------------------------------------------
平成16年度  第1回MFJ共済会総会
●開催日:2004年2月19日
●開催場所:MFJ会議室

1「2003(平成15)年度収支決算報告(案)に関する件」
事務局より平成15年度収支決算報告(1月~12月)について説明され承認された。

2「2004(平成16)年度支援物品(案)について」
事務局資料に基き支援物品(案)説明がされ承認された。

1)LSOレスキュー講習会(オフィシャルのレスキュー技術の向上) 2,900,000円

2)全国支部救護用無線電波使用料・免許申請料 78,000円

3)コーステープ(全国の主催者に開催実績に応じて配布4,800本 4,000,000円

4)ロードレース参加者啓蒙用ハンドブック(MFJ公認サーキットに配布) 1,000,000円 合計7,978,000円

3「新種目共済会掛け金(案)について」
本年度より、新規カテゴリーとして「スーパーモタード」の承認競技会開催に伴い、従来から開催されている「ターミネーターズ」の違いと共済会掛け金が説明され承認された。

1) ターミネーターズ…
①全長2Km以上のロードレースコースにて開催される、オフロード車両における周回レース
共済掛け金3,500円
②全長2Km未満のロードレースコースにて開催される、オフロード車両における周回レース
共済掛け金 1,000円

2)スーパーモタード…
舖装路または一部未舗装路含む舗装路で構成され完全にクローズされだコースで行われる(ジャンプ・パイロン等凹凸設定を含む)オフロード車によるレース。
①SM-I・SM-2
共済掛け金2,000円
②SM-3・その他
共済推トけ金 1,000円

4事務局よりMFJライセンス講習会、走行会、試乗会等の為の、ライセンス非所持者向け保険を設定したことが説明され了承された。

勘定項目 当年度実績金額

収入の部

共済掛け金 85,486,900
再保険保険金収入 17,850,000
受取利息 18,460,749
その他 282,635
当期収入合計 122,080,284

支出の部

見舞金 16839000
見舞金(死亡・後遺症) 92200000
再保険料 28155470
安全対策支援物品費 11,149,165
業務委託費 12,823,035
弁護士顧問料 882000
電算機利用権費 1,735,781
その他 758850
当期支出合計 164,543,301

収支差額 △42463017

|

« 子どもの人口減少はバイク業界のチャンス | トップページ | ビーチサイドGP、海老名に移転オープン »

「MFJ」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/550118

この記事へのトラックバック一覧です: MFJ共済会総会:

« 子どもの人口減少はバイク業界のチャンス | トップページ | ビーチサイドGP、海老名に移転オープン »