« 7012、前日比+17円 (+11.49%) | トップページ | 社会的禁忌 »

2004.03.24

鈴鹿8耐レギュレーション規制等発表

3月16日消印の速達で、3月14日付けで鈴鹿サーキットから本年度鈴鹿8耐におけるレギュレーションについてのお知らせが届いた。以下、内容の抜粋。

FIM2004世界耐久選手権シリーズ第5戦
「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第27回大会」
「“Road to 8hours”鈴鹿300km耐久ロードレース」
におけるクイックホイールチェンジシステムについて

クイックホイールチェンジシステム規制規定

リア(ドリブン)スプロケット、ブレーキディスク(またはこれらと同等の機能を持つパーツ)の取付位置はベースマシン市販時と同じ位置に取り付けられていなくてはならない。
※「同じ位置」とは、ホイール交換時に上記パーツの取付位置がスイングアーム(車体)側か、ホイール側(タイヤ)側かを指す。
※XX-Formulaクラスはエンジン形式によりベースモデルを特定する。
※FIMロードレース世界耐久選手権でポイントを獲得しているチームは、この規制の適用から除外される。

注)今後、上記規定を満たすホイールチェンジシステムであっても、安全性あるいは経済性に欠け、入手・製造が困難であると大会主催者が判断したシステムについては規制を行う場合があります。


通称「ペンタゴン」ホイールチェンジシステムについて規制が決定された、というお知らせでした。

|

« 7012、前日比+17円 (+11.49%) | トップページ | 社会的禁忌 »

「鈴鹿8耐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/344397

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿8耐レギュレーション規制等発表:

« 7012、前日比+17円 (+11.49%) | トップページ | 社会的禁忌 »