« 道の駅滝宮 | トップページ | 世界への道、サッカーとバイク »

2004.02.15

79年2月号モーターサイクリスト

ただいま、高知に来ています。知人宅にお世話になっているのですが、70年代にモトクロス・セニアで走っていた方で、私のために屋根裏部屋から昔の雑誌を掘り出してきてくれました。

モトクロス全盛の78年11月19日、セーフティーパーク埼玉で行われた、インターナショナル・オールスターMX大会の興味深い記事を見つけました。
『渡辺明、王者の貫禄2ヒートぶっちぎり優勝!』という記事です。

大関昌典、杉尾良文、伊田井佐夫、吉村太一、光安鉄美などなど懐かしい顔ぶれです。

中でも興味深かったのは、賞金です。

総合賞金(決勝レース) ★入場料収入の20%を1位から10位まで配分。入場券売上げ合計2,888,700円(3,577人分ー前売り含む) 〔売上高2,888,700円×20%=577,740円〕

1位(40%)  231,096円

2位(20%)  115,548円

3位(10%)   57,774円

4位(8%)   46,219円

5位(7%)   40,442円

6位(5%)   28,887円

7位(4%)   23,110円

8位(3%)   17,332円

9位(2%)   11,555円

10位(1%)   5,777円


なお、この他に予選1位(5万円)、2位(3万円)、3位(1万円)、EJ(1万円)。決勝1位(10万円)、2位(5万円)、3位(3万円)。ジャンプ賞各レース1万円の賞金。

 

79年当時でこの賞金金額。けっこういいとおもいません?
しかも、入場料売上げをちゃんときれいに割り切ってて気持ちがいいです。

今はどうなんですかね?

|

« 道の駅滝宮 | トップページ | 世界への道、サッカーとバイク »

コメント

教えてエライ人!
ウゴウゴルーガ?

http://www.dirnupo.org/">http://www.dirnupo.org/

投稿: YUKKY | 2004.02.16 11:33

確か佐合潔選手がMXのエライ人で出ていたような…

投稿: うちだ | 2004.02.16 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 79年2月号モーターサイクリスト:

« 道の駅滝宮 | トップページ | 世界への道、サッカーとバイク »