« 携帯からテスト | トップページ | エビスゆっきーミーティング無事?終了。 »

2003.12.07

最近気になる記事から~「ゆっくり」の価値提案

2003年11月12日水曜日、朝日新聞 朝刊 経済面より。

しごと新話
バイク文化「ゆっくり」の価値 提案

東京モーターショーのヤマハ発動機ブースで展示された、電動二輪車ドルサウィンドにまつわるコラムから。

「ドルサ」は楽器のヤマハの協力を得て作った「音を奏でる二輪車」。受ける風を風速センサーと音源回路が音に変える。速度に応じて風鈴や草原を渡る風の音が体を包む。

 美術館に見立てたヤマハ発動機のブースの奥で、これまた特別展に見立てたブースの中でひときわ異彩を放っていたのがこの、ドルサウインドだった。
 私は都合4回も東京モーターショーを見に行って、その都度、このモデルに釘付けになったけれど、そこに書いてあった説明文は何度読んでも意味不明。
 いったい、これは“乗り物”なのか。“楽器”なのか。そう思わせただけで、ヤマ発的には成功なのだろうけど、何回見つめても、いったいコレが何を目的としたモノなのか、最後まで分からず仕舞いだった。
 どうやって進ませるのだろう? どうやって音が出るのだろう? それともオモチャなのか? はたまた置物なのか?
 朝日新聞のコラムには「音が体を包む」とかなんとか書いてあるけど、本当に音が出るのかどうかは、東京モーターショーに展示されている限りでは分からなかった。

 これを開発した木下さんは、

ヤマハ発が01年秋に作った情報拠点・エクスリムで働く。原宿の裏通りにあり~ 店に出入りする~若者と話しをするうちに~彼らの多くが金をかけて遊ぶより、日常生活を楽しむことに価値を見いだしている。~「ゆっくり移動する楽しさを持つ乗り物」を作れば受けると確信~

 なるほど、若者に意見を聞いて初めて、バイクは金をかけて遊ぶ遊びだと気づいたというわけか。
 しかも、アンテナショップでの動向によって「受けると確信」。まず、マーケティングありき、というわけである。

「楽しみは速さだけではない。『ゆっくり』がもたらす価値を商品で提案したい」。バイク文化の復権を願う。

 辛口で応酬するなら、そもそも「バイク文化」ってあったのか? 
 しかしながら、後ろ向きより前向きの方がいい。ナイより、あった方がいい。やらないより、やった方がいい。

|

« 携帯からテスト | トップページ | エビスゆっきーミーティング無事?終了。 »

「イベント」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/12632

この記事へのトラックバック一覧です: 最近気になる記事から~「ゆっくり」の価値提案:

« 携帯からテスト | トップページ | エビスゆっきーミーティング無事?終了。 »