« 良い旅を! イタリア語で | トップページ | think pad拷問テスト »

2003.12.04

加藤大治郎選手の事故調査報告

加藤大治郎選手の事故調査委員会の報告が先日行われました。
報告にあたって注釈が付けられたコトバ……

我々は、検証に関する基本方針を、「責任追求型」ではなく「原因究明型」の結論を導くこととし、何が事故の引き金となったか、そしてなぜ重大事故に至ったかの二つの側面から検討を行いました。

ホンダのコメント

rsj.jpに記者会見の詳細テキストがアップされています。

motoracin-japanさんのコメントは、「日々の雑感」の11月バックナンバーから。
主宰の方は大事故の経験があり、実感が強くこめられたコメントです。

サーキット取材ン十年の方が書いているコラムにも。
バイクネットの「ひより日記

事故調査委員会はこの日で解散したが、事故の究明は終わりではなく、始まりなのだと思う。


2003年の今年、日本全国のロードレースサーキットで約8名(私が報道等で把握している人数のみ)が亡くなっている。残念ながら、加藤選手以外のライダーの死亡事故原因が一般に公開されるということは無さそうだ。そういう意味で、今回の報告の結果はどうあれ、報告が出された、という事実にのみ評価をしたい。
だがしかし。。


|

« 良い旅を! イタリア語で | トップページ | think pad拷問テスト »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

ゆっきーさん、こんにちは。

アクセスログを見ていたら、こちらから私のサイトに来られた方がいて、めでたく発見する事が出来ました。掲示板ともども拙文などを紹介していただき有難うございます。嬉しいやら恥ずかしいやら…ですが。(^_^;)

それにしても8名も亡くなられているんですか…。今年だけが多いのか、毎年コンスタントに10名くらいなのかは分かりませんが、MFJなり各サーキットなりが協力してデータを蓄積・分析できないものでしょうか。そうすれば統計的に「こういう行動は大事故につながる可能性が高い」と、具体的にライダーへ伝えられると思うのですが。単に教えられるマナーと違って説得力があるのでは、と。

何はともあれ、毎日の巡回が楽しみなサイトが増えて嬉しいです。(^_^) 情報公開の解禁日はいつですか?

投稿: うちだ | 2003.12.07 00:35

うちださん、さっそくの書き込み、ありがとございます。

>MFJなり各サーキットなりが協力してデータを蓄積・分析できないものでしょうか

そうなんです、大切なのは情報公開なのではないかと。
ライダー自身の啓蒙はもちろんなのですが、MFJや各サーキットや主催者側が、辛い哀しい事項も情報公開していかなければ、現実を直視することはできません。

というわけで、水面下ではじわじわ動き始めていますよ。

大島正さんのページ
http://www2.tomato.ne.jp/~mami/

や、

サーキットを安全な場所にするにはどうしたらいいだろう?
http://www9.ocn.ne.jp/%7Efz400r/

このあたりのサイトで活発に意見交換され、具体的に要望を上げていこう、という動きもあります。

投稿: YUKKY | 2003.12.07 21:52

YUKKYさんこんにちは。お久しぶりです。
加藤選手の件では思うことがあっても、方々を激論を黙って見ているだけでしたが、たまたま今日YUKKYさんの当サイトに巡りあったので、思うことを少々書いても宜しいでしょうか?

投稿: ぶりがえる | 2003.12.18 09:34

ぶりがえるさん、こんにちは。
ようこそ、よく探していらっしゃいました。
さきほどの日テレMOBIの番組中でも、事故調査報告会の様子が報道されていましたが、「詳しくはHPを」ってのが物足りなかったかな。
しかし、ないよりはあった方がいい。
ぶりがえるさん、遠慮なくご意見、ご感想、書き込んでくださいね。

投稿: YUKKY | 2003.12.19 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903/4986

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤大治郎選手の事故調査報告:

« 良い旅を! イタリア語で | トップページ | think pad拷問テスト »